スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業は国を支える基本

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

 農業は国を支える基本(TPP反対)

 昨日の記事で日本のTPP加入に反対の態度を示したが、尊敬している読者の方から違う意見のコメントを頂いた。日本のTPP加入に賛成するその方の理由は理解できるが、それでも私はTPPに反対する立場を変えるつもりがない。TPP加入によって、もっとも大きな打撃を受けるのは日本の農業である。農業は国の基本である、食料自給率が低い国は必ず未来の食糧戦争で負けてしまう。農業がない国は最終的に他の国の属国になる。

 香港、マカオ、台湾を例にして簡単に説明する。以前、日本人の友人から、「シナは凄いなあ、あんな裕福で、繁栄している香港、マカオをイギリス、ポルトガルから回収することができた。」と言っていた。なぜ自由、民主の香港、マカオが独裁共産党国家シナの物になり、台湾は今でも独立の状態を保つことができるのだろうか。まさか香港人やマカオ人が本当にシナ人になりたがっていたのか?いいえ、それは香港、マカオは台湾と違い、農業がなく、食料自給することができないからだ。

 香港の主要な産業は観光業、サービス業、海運業など。マカオはギャンブルと観光業。香港は飲用水の水源までシナ広東省内の水源に依頼している。だから、香港とマカオは、一旦対外貿易を切断されたら、自立することができない。台湾は日本統治と八田与一技師のダム建設のおかけで現代化農業の道を開いた。台湾は食料自給をすることによって、香港、マカオのようにシナ共産党に「無血開城」することを避けることができた。

 確かに、日本の農業人口は年々減少し続けている。それにしても安全保障の立場に基づいて、一定の農業自給率を維持することは必要だ。万が一、日本に有事がある時、現在大量の非農業人口を農業人口に移し、非常時期の食料を確保することもできる。もし農業が壊滅的な被害を受けた後、敵が日本の貿易線を切断すれば日本人は食べることができなくなる。

 日本の親米保守派の中でも、このような考えを持っている方は少なくない。TPPの推進者も、同じ傾向がある。それは何かあったらアメリカがなんとかしてくれる。何かあったらアメリカが助けてくれる。確かに日本は米国と同盟関係を持っている。しかし、いくら同盟や友達と言っても、アメリカは日本の為に、自国の利益を犠牲にすることはないだろう。

 TPPはアメリカが自国の利益に基づいて推進している政策で、日本の為の政策ではない。TPPの参加により利益を受けられるのは経団連に所属するグローバル化した大企業のみ。地元と深く繋がりを持つ中小企業や農民にとって、まったく利益がない。例えば、TPPに参加することによって、日本中で英語に対する需要がさらに増えると予想できる。ごく普通な米国人は日本に渡れば、日本人に英語を教えるだけで儲けられる。しかし、逆に日本は高度の英語を習得し、一定の専業知識を持つ人材のみ、米国で儲けられる。結局、TPPに参加したら、日本の人材はどんどん米国に流出し、日本に来るのは、米国や他の国から簡単な仕事を求める人ばかりである。結局、国内の雇用は外国人に奪われてしまう。

 TPPを推進している方々は殆ど自由貿易主義に賛成している。しかしアメリカが主導する自由貿易主義は、日本にとって大きな弊害がある。日本の国防、軍事力はすべてアメリカに依存している。アメリカが日本を自由貿易の相手にしたら、相互主義に基づく平等の貿易関係は実現できないと思う。米国の人口はおよそ日本の五倍、GDPもおよそ日本の3倍、日本のTPP参加によって、日本国内のほとんどの産業はアメリカに蚕食(さんしょく)されるのはまちがいない。アメリカが日本からほしい物を全て手に入れたら、利用価値がない日本はアメリカに捨てられるかもしれない。

 震災、デフレ、不況の中の現在の日本は、自由貿易主義より保護貿易主義のほうが正しい。私はFTAを締結している国を除き、輸入関税を100%にすることに賛成している。日本企業は外国市場を確保するため、現地生産している企業が多い。日本にとって有利である。相手国が報復関税の措置を取ることが心配なら、日本で販売している外国製品に対する消費税をアップさせることも一つの方法として考えることができる。

 とにかく、TPPは日本にとって利益より弊害のほうがはるかに大きい。もし日本が自主国防、強大な軍事力を持っていれば、別の話になるが、現在TTPに加入することはとても危険だと思う。



農業は国の安全保障であると思う方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO          new8.gif



原発事故をめぐる米国、支那の陰謀

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

 原発事故をめぐる米国、支那の陰謀

 偶然に、インターネットで保守系若者から下記のような声を聞いた。「左翼は馬鹿ではない。反原発や原発の停止を訴えていることによって、見事に世論が変わったではないか。愛国者の核武装を呼びかける声を抑えたではないか」という意見。もちろん全ての左翼は馬鹿というわけではないが、左翼の考えがいつも致命的な欠陥を持っているのは明らかである。その致命的な欠陥は前にも指摘したが、単純な直線思考で、目先の事しか見えない。彼らの反原発活動もそのとおりだ。

 最初から日本の原発事故を叩くのに一番熱心なのは米国、仏国、シナ等の核武器大国。いずれも日本にいる自国国民の退去勧告、渡航警告まで行った。これらの国がそのような姿勢を取っていたことにかなり意外と感じた。なぜならば米、仏、支はいずれも核試験を沢山行った国である。日本の左翼もマスコミも、これに対しては言及していなかった。殺傷性核武器を大量に持ち、核試験を百数十回以上も行った国は、今までに一回も核武器をもたず、核試験も行わず、史上最大の大地震と大津波に襲われたことによって起きた日本の原発事故を叩く資格があるのか?

 確かに米国は今回の震災で日本に沢山の援助をした。感謝するとはいっても、米軍の救援活動は同盟関係、日米安保に基づいた当たり前のことではないか。その為に、在日米軍は日本に基地を持ち、日本人は沢山の税金を投入しているのではないか。

 米国が狙っているのは日本のTPPの加入、しかし旧年日本中でTPPへの討論を始めてから、保守だけに関わらず、左翼でも反対の声が大きい。そのような状況下、菅政権がいくらTPPを推進しても、野党はもちろん党内でも反対され成立する公算は小さい。しかし今回の震災および原発事故で、米国は日本に強引にTPPを押し付ける機会を見つけた。そして米国政府やメディアは、原発事故による放射能が人体に与える被害を大きく取り上げて、極端に誇張し、日本人の恐慌を煽って、労組などの左翼団体の反原発運動を起こさせた。実際にインターネットで反原発の左翼は、殆ど米国からの一方的な原発事故の被害に関するデータを引用している。反米反米軍基地の左翼だが、反原発の時は米国の資料を信用しているようだ。

 TPPを狙っている米国と違い、シナは喉から手が出るほど日本の先進技術を欲しがっている。日本から在日シナ人を一時帰国させたことや、シナ人に日本の原発事故に対し強い恐怖心を持たせることは、全てそのための作戦である。日本左翼の反原発はやればやるほど、シナに対し有利になる。日本中で大規模で深刻な電力不足が起きれば、最終的に日本企業は海外移転をせざるを得ない。シナにとって日本企業の技術を奪う絶好のチャンスである。

 特亜の宣伝機関の役目を担う反日マスコミも原発事故を大いにバッシング、さらに原発事故によるシナ人、南朝鮮人などの外国人観光客の減少による日本経済への影響を大きく報じていた。観光客の日本経済への影響はまだまだ限定的だ。しかし電力不足に陥り、日本企業が海外に移転したら、日本経済への影響は致命的。

 米国が狙っている日本のTPP加盟、シナが狙っている日本技術企業のシナ移転、いずれも日本の雇用を奪われてしまう。元々左翼中心である労働組合は、日本の労働者の利益を守るための存在である。しかし米国やシナ等の国は各自の利益の為に、まんまと彼達の視線を反原発に向けさせた。これからの日本が米国、シナの計画通りに進んでいけば、多く日本の労働者は「放射線汚染」で死にはしないが、仕事を失って苦しんで餓死するかもしれない。

 左翼が自分達の反原発活動によって、日本列島は核武装をせず、軍事力の必要のない、平和国家になると信じ、自慢しているのが、日本左翼の平和ボケよりはるかに高い智能を持つ米国人、シナ人は、陰で笑っている。シナの諺を引用すれば、「螳螂(カマキリ)は蝉を窺い、黄雀(マヒワ)は後に在り」。螳螂は目先の利益にばかり気をとられて後ろから迫っている危険(マヒワ)に気がつかない。日本の反原発左翼はまさにこの諺の螳螂(カマキリ)とそっくりだろう。



左翼は反原発より先に日本人労働者の雇用を守れ!と思う方は、クリックよろしくお願いします。


戦争論2FC2 BLOG LOGO     メガネの豚     


日本企業のシナ移転を阻止せよ!

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 


日本企業のシナ移転を阻止せよ!

 最近、一番私を怒らせたニュースは、Sankeibizが報じた日本の中小自動車部品メーカーが、年内に集団でシナに進出する計画である。さらに、日本の自動車や家電製品メーカーに欠かせないレアアースの輸出価格は、旧年の3倍近くに高騰していると朝日新聞の報道で分かった。

 シナが狙っているのは、日本経済を支える自動車、家電メーカーをシナに移転し、日本の誇りである先進技術を盗んで、日本の製造大国の地位に取って代わることだ。震災が発生してから日本からの部品調達が滞っていたシナは、殆どのメディアでシナ国内の企業が日本からの輸入部品に依頼している実情を報じてなかった。代わりにシナメディアは震災後、日本の自動車部品等のメーカーが、シナへの進出を加速する見込みがあると報道していた。

 普通であれば、大きな震災を受けた被災地の人々の雇用を守る為に、企業は外国への移転を控え、日本本土とりわけ被災地で作らせることを考えなければいけないはず。なぜシナはそんな自信満々に震災後の日本企業がシナへの投資を増大させるという予想をしたのだろう。

 確かに円高が進んでいる中、日本企業は国内での経営状況が厳しくなっている。しかし、シナは人件費、土地開発などの費用がどんどん上がって、デモやストライキが頻発し、いつ革命や暴動が起こっても可笑しくない。どうしても海外移転の必要があったら、シナより、インドや東南アジアなどの親日国家のほうがいい。

 シナ政府は日本に対して全く善意がない。震災のどさくさの中でも、シナは日本の領海近くで戦闘機やヘリコプターを飛ばすという“挑発的な行動”をとっていた。レアアースの輸出価格の高騰や、シナ当局の江蘇省での日本自動車部品団地(JAPIC)の設立、あるいはシナメディアによる日本の原発事故への悪意に満ちた報道などは全て、日本の誇りである先進技術を狙っている作戦である。

 日本の中小自動車メーカーのシナ進出を画策しているのは、日本貿易振興機構というシナ政府と太いパイプを持つ超売国企業。個人的に絶対にこの機構は許せない。被災地の人々のため、自動車部品メーカーで働いている日本人の雇用を守るために、これらの企業自身の発展のため、日本の中小自動車メーカーのシナ進出を絶対に阻止しなければならない。しかし売国の民主党政権にはまったく期待ができない。こんな政府は、被災地の仮住宅までシナや韓国に発注し、シナに東京国会付近の一等地を献上、日本の企業のシナ進出を阻止することは到底期待できない。頼めるのは我々日本人自身である。

 我々の手で自動車メーカーのシナ進出企画を粉砕しなければならない!まずこれを画策している日本貿易振興機構へ電話でもいい、faxでもいい、沢山の抗議をし、圧力をかける。さらに自動車部品メーカーにも同様の抗議をする。必要がある場合は、労働組合と相談、雇用を守る為に企業に対する監視を強化させる。さらに信頼できる情報によると、在米シナ人民主活動家達も、シナ共産党を倒す大きな運動を画策している。

 これから、シナ当局も尖閣諸島付近海域の挑発を続けると思う。日本人の愛国者は、シナから日本の大切な領土や技術や雇用を守る為に、確実に有効な行動を取らなければならない。一番重要なポイントはシナ製製品の不買だ。最近在日本外国系企業中心にシナ製品が減ったが、日本企業はまだシナ製の商品を沢山販売している。本当に危機感を持ち、日本の未来や家族の幸せを考えている日本人なら、シナ製品を買わないでください。シナ製品を買えば買うほど、日本人の仕事はどんどんシナ人に奪われる。

  シナは一党独裁の侵略国家で、今まで自国国民を含む、沢山の無実な人を虐殺した。その独裁政権を延命させる反日売国企業のシナ進出は許せない。しかも一旦企業がシナに投資したら、莫大な投資や会社の財産、駐在員など全て共産党の人質となる。シナは未来がない国である。シナ共産党の上層部の子孫の多くが欧米国家の国籍を取得したという。

 日本の技術や資金などをシナに移転することは日本人に対しての犯罪だけではなく、自由を望んでいるシナ人に対しても犯罪となる!そんなことは絶対に止めなさい!



日本企業のシナ移転に断固反対と思う方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO    メガネの豚


シナの新たな「食文化」

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

シナの新たな「食文化」

 福島原発事故による放射能の風評被害が広がっている中で、シナから野菜、南朝鮮から水を次々輸入してきた。元々日本人は自国の食料品への信頼が高い。しかし、反日マスコミが過分に行った原発事故の報道や、放射線に対する誇張宣伝、さらに反日勢力がわざと蒔いた大量なデマで、日本人も一時的に国産品、特に福島とその近くで作られた食料品にかなり不安を持ったようだ。幸い、その後、多くの日本人は原発付近の人々を助けようとする気持ちを持ちながら、自主的に被災地の農産物を買い始め、日本人自身の手で風評被害の拡大を止めた。

 最近スーパーに買い物に行った時、目玉商品である南朝鮮産の水が山ほど売れ残っていた。その時の感想は、日本人は賢い、今回マスコミの宣伝にだまされていなかった。南朝鮮に行った事がないが、行った人から聞いた話では衛生管理が甘く、食中毒が多発している国という。そして食衛生面が一番酷いのは、やはりシナである。シナ市場で流通している有害物質を含まない国産の食品や日常生活用品はとても少ない。多種多様な毒製品はすでにシナの新たの食文化になってしまった。以下の写真は、最近シナ各地で発見された毒製品の一部である。これらは写真は、あくまでも氷山の一角でしかない。


膨張促進剤によるスイカの「爆発」
0c61e3589c719aa182098b8f38d3c8df.jpg

蛍光漂白剤を含む紙コップ
ac11935ab2ce4d11ce6177ac250bfd0d.jpg

屋台で販売しているシナ風おでんは、実は食品添加剤と下痢止め薬を合わせて作られた。
dab602ac9c06ffdb0628499c583f17f2.jpg

肥だめの水で作った油、残りかすから使い済みの生理用ナプキンが発見
d63bf845fc796d61ec2c5f4b76a8d4f9.jpg

シナ広州日報の報道、16トンの豚肉の中に染色剤を入れ、牛肉として販売。食べたら死に至る可能性も
470f2b90e79b153d63fb6bde42c96c95.jpg

豚肉などの値段が安い肉は羊肉,牛肉に偽装して販売するため必要な化学薬剤
b8c01a7d3bfc2431858835f6bec9565c.jpg

インクや染色剤を使って春雨に色をつける。
1c9c363239faa2dfe032066b27016890.jpg

化学硫黄染色剤で加工したショウガ
a99b649189a4c7c64f15d4d07a617ebf.jpg

もやしの産量を増やすために尿素を添加、大量食用なら癌に至る可能性がある
8a8c7e6599cf9932b69c78bb61c7842e.jpg

化学洗剤でダイズを洗い、ホルマリンで加工した大豆製品

063701381afce9f7778e7610b1a96a1c.jpg

沢山の食品添加剤や化学品を入れた食べ物を描いた絵

fb9bb72b9b223411aaea4fabb60c3003.jpg


以上の写真を見たら、絶対にシナ製不買と考える方は、応援のクリックよろしくお願いします。
戦争論2FC2 BLOG LOGO         豚の怒った顔












なぜ支那共産党は反日なのか?

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

なぜ支那共産党は反日なのか?

2010101812291520.jpg

 以前このブログで、シナ人の反日の原因を分析したが、引き続き今回、現在のシナ共産党の反日の原因について語る。実はシナ共産党も一貫して反日政策を掲げているというわけではない。少なくとも、毛沢東が政権をとってから27年の間、シナ共産党はそれ程反日ではなかった。

 もちろんシナ共産党が自らの権威を確立し、シナ共産党が政権を取る合法性をアピールし、シナ国民を洗脳するために必要であった反日教育は行っていた。しかし毛時代には、国内の主敵は、資本家や地主や反革命等の階級の敵で、人民に対する反日教育も「日本軍国主義は悪い、日本国民は悪くない」というのが一般的。さらに当時のシナ政府は、現在よりもっと厳しくメディアや人々の言論を統制していた。市場経済を全面否定、禁止していたため、大多数のシナ人は、海外からの真実情報をまったく入手できなかった。うちの両親も含め、その時多くのシナ人は資本主義国家の人々は、苦しんで劣悪な環境の中で暮らしていると本気で信じていた。

 小平時代に改革開放政策を始めた後、日本の資金、技術援助が欲しいため、一時的に親日政策に転換した時期もあった。しかしその後、天安門事件が起こり、シナ政府は国民を虐殺した事実を抹消するため、シナの全ての学校で反日教育を愛国主義教育の重点とした。特に小平の死後、江沢民が全ての権力を手に入れ、さらに、幼稚園から大学まで日本人に対するヘイト教育をますますエスカレートさせていった。その教育の結果、大量な糞青が育ち、胡錦涛が政権を取ってから二回も大きな反日デモが起こった。しかもシナの経済が発展すればするほど、シナ人の反日感情も強くなると見られる。

 シナは市場経済を導入することにより、元の共産主義価値観が崩壊し,拝金主義思想が横行してきた。さらにインターネットの出現によって、一部のシナ人は、今までシナ共産党が隠している一部の歴史真相を知る事ができた。日本等の資本主義国家は厳しい状況の中で暮らしているのではなく、自由に裕福な生活をしている。

 シナ共産党がいくらGDP数字を捏造しても、いくらオリンピック、世界博覧会を開催しても、普通の国民の生活は日本人の一般人と比べられない。シナ共産党の宣伝により日本はシナに「侵略」した国、しかし現在の日本を見たら、あるシナ人は思わず、もし当時日本がシナを「侵略」成功していたとしたら、我々は日本人と同じレベルの生活になっていたと考えるかもしれない。実際に戦前日本が成功した、台湾や満州や朝鮮の統治資料をちゃんと調べたら、そんな考えを持っても全然可笑しくない。

 シナ共産党はシナ大陸を六十年余り統治しており、沢山の国民を虐殺し、深刻な腐敗、汚職があり、今でも厳しい格差社会で、沢山の社会問題、民族問題を抱えている。少数の利益階層を除く、多数のシナ人はシナ政府に強い不満を持っている。いくらシナ経済の成功を唱えても、シナ国民にとってシナ共産党は悪い統治者であることはまちがいない。毎年各地で沢山の暴動があり、止まらない海外移住の動きは誰も否定できない事実である。ただし、シナ共産党は強大な軍事力を持ち、インターネットやあらゆるメディアをコントロールしているため、一般人の声が国際社会になかなか届きにくい。

 戦後、何もない瓦礫の中から世界の先進国家になっている日本の成功は、逆に大東亜戦争が本当にアジア人民を解放するための戦争であったことを見事に証明したのではないか。それはシナ共産党にとって絶対に許せないことである。だからシナ共産党はいつも国民に対し、捏造した日本軍の虐殺、残酷な話をでっち上げて洗脳している。特にこの半年、中東革命の影響で、シナの民主活動家もジャスミン革命を十数回以上計画しているが、結局、今まで百十人が当局により連行、逮捕された。ついに最近、胡錦涛政権は南京大虐殺だけではなく、百年前の日清戦争の旅順事件や1928年の済南事件も取り上げて反日宣伝を繰り返している。

 日本がシナの属国にならない限り、シナ共産党は反日を放棄することがないだろう。それでもシナ共産党政権との「友好」を希望している馬鹿な日本人は本当に救えない。


シナ共産党との友好はありえないと思う方は応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO        豚の怒った顔


プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。