スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島を守れ!沖縄を守れ!日本を守れ!

尖閣諸島を守れ!沖縄を守れ!日本を守れ!

1953年1月8日付け人民日報の「琉球群島の人民の米国占領に反対する闘争」の記事、その記事の中では、尖閣諸島は琉球群島に含まれている。さらに、その資料は、沖縄の反米運動はシナ共産党が昔から一貫して支持する立場であることを示している。


renminribao.png


北京日本人学校が運動会延期 尖閣諸島の衝突事件受け

 【北京共同】沖縄県・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件で反日機運が出ていることを受け、北京の日本人学校は15日、今月18日に開催を予定していた運動会を延期することを明らかにした。

 開催を予定していた18日は満州事変の発端となった柳条湖事件から79年に当たり、反日ムードが高まることが予想され、中国の公安当局から運動会を延期するよう指示があった。来月に実施する予定という。

 中国国内の日本人学校をめぐっては、天津市の天津日本人学校で12日、何者かがパチンコ玉のような金属球を投げ込み逃走。各地の学校で警備を強化している。

天津日本人学校に金属球=「侵犯許さない」落書きも-中国

 【北京時事】中国天津市津南区の天津日本人学校(横田貞純校長、児童・生徒193人)で12日夜、正門脇の警備員室に金属球が2発撃ち込まれ、窓ガラスが割れた。車の中から撃った容疑者は逃走し、中国人警備員2人にけがはなかった。
 13日朝、学校の外の塀に中国語で「中国人民は侵犯を許さない」と書かれたペンキの落書きが見つかった。学校からの通報を受けた警察が捜査を始めた。(2010/09/13-21:09)

http://www.youtube.com/watch?v=VBzaPvdQNFY


今回尖閣諸島で起こった事件で、普通の日本人だけではなく、一貫して親シナの民主党政府もシナ人の横暴な一面を認識することができたはず。シナの漁船は明らかに日本の領海を侵犯し、しかも停船命令に従わず、海上保安庁の巡視船と接触し、海保の船を損傷させた。その事件が発生した後、シナ政府に全く反省はなく、自国領有権を主張し続ける上、一方的に日本を非難し、深夜を含め、何回も日本大使を呼び出して、無礼極まりない。

さらにシナ政府は国内の民族主義を煽って、「抗日」のムードを作り、シナ糞青はその調子に乗って、在シナ日本人小学校を脅かす行為を行った。シナ当局は、尖閣諸島は台湾国民党への「統戦工具」のカードとして使っている。シナ軍方も尖閣諸島を奪回する両岸統一の軍事行動を行う意を台湾国民党軍方へ伝えたそうだ。シナ当局の意思を察して、シナの「保釣団体」は、「全球シナ人保釣行動」も呼びかけているらしい。

尖閣諸島で行った事件をきっかけに、日本人はもっとシナ人の凶悪、危険、脅威を認識すべきだ。日本政府は、今までの対シナ政策を直さないといけない。シナ当局に弱腰な外交姿勢はとても危ない。このまま放置すると、尖閣諸島だけではなく、沖縄、さらに日本本土が、シナに侵略されるのはまちがいない。

特に沖縄は、左翼の牙城と言われて、長年左翼の毒に侵され、沖縄人の反米感情は高まっているそうだ。しかし、アメリカはいくらいっても、現代民主主義の文明国家であり、野蛮、独裁の国家シナと比べられない。自国国民も沢山虐殺し、人権無視、横暴のシナに統治されたら、沖縄人はどんな運命になるのか?

昔シナ大陸から独立した国、モンゴル、台湾、ベトナム等、一つの国も再びシナの属国になる気はない。ベトナムはシナの軍事脅威を感じ、かつての宿敵であるアメリカとすら協力関係を築こうとしている。モンゴル人の反シナ感情はとても高まり、シナの侵略を警戒し、シナ人に対抗するために極端な民族主義思想がどんどん広がっている。台湾人は長年、シナ国民党の洗脳を受けていても、80パーセント以上の台湾人が、シナとの統一を拒否する態度を取っている。シナ周辺の諸国にとって、シナは世界最大の恐怖の独裁国家であることは間違いない。沖縄がシナの属国になったら、その運命はどうなるのか。恐らく、チベットやウィグル人のように虐殺されるだろう。シナによる侵略の脅威から大事な家族、恋人、友達、親戚を守れ!

沖縄人よ!目を覚ませ!日本人よ!目を覚ませ!



br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO             gunkanki01.gif

テーマ : 尖閣諸島問題
ジャンル : 政治・経済

支那人生活保護問題

中国人ら生活保護費目的で入国か 雇用予定先を入管に提出

 中国人46人が残留邦人の親族として入国後、大阪市に生活保護を申請した問題で、在留資格を取得する際、来日後の雇用予定先を記載した陳述書を大阪入国管理局に提出していたことが16日、入国手続きにかかわった弁護士の話で分かった。

 入管難民法は「国または地方公共団体の負担となる恐れのある者は入国できない」と規定。入国後すぐに中国人が「仕事がない」と生活保護を申請していることから、在留資格の申請に問題がなかったか入管が再調査している。

 市は当初から保護費目的で入国した可能性を指摘。身元引受人に扶養する意思があるかどうかや資産状況について独自に聞き取り調査を進めている。

 弁護士によると、在留資格は2009年1~2月に申請し、ことし3月に認定された。雇用予定の企業は大阪府内の5社で、外国人の受け入れ実績がある。弁護士は「審査に時間がかかるうち、不況で業績が悪くなり雇用できなくなった」と説明。現在も、雇用するよう求めているという。

 生活保護を受けている中国人男性の1人は取材に「不景気で仕事が見つからない」と受給目的での来日を否定している。


生活保護大量申請の中国人、12人が取り下げ「就職決まった」

2010.7.17 10:25

 中国・福建省出身の日本人姉妹の親族とされる中国人48人が入国直後、大阪市に生活保護の受給を申請した問題で、うち12人が申請の取り下げを市に申し出たことが16日、分かった。世帯主らの就職が決まったことを理由に挙げたという。

 市は15日、申請の審査期限を16日に迎える東淀川区の2世帯6人について、判断を1週間先送りする方針を発表している。

 この方針を16日、区役所で申請者に伝えたところ、2世帯とも口頭で取り下げの意思を伝えた。一方、市が支給決定したものの支払いを保留していた港区の3世帯6人も同日、書面で取り下げを申し出たという。

 市は、今回申請を取り下げた5世帯12人が生計を維持できるか確認したうえで、20日以降、正式に取り下げを受理する方針。

 東淀川区の中国人の男性(42)は産経新聞の取材に対し、「仕事が決まったら生活保護申請は取り下げたい」と話していた。


シナ人生活保護の問題は、決してマスコミが言った貧困ビジネスだけではなく、組織的な密入国犯罪だと思う。裏にはシナ系マフィアや日本の悪徳弁護士が糸を引いている。シナ人はいくら仕事を見つけたと言っても信用できない。それらの行動は強制送還を防ぐために一時的な措置しかみえない。しばらくしてから、再び生活保護を申請することが私は断言できる。実際に密入国犯罪によって稼いたお金が蛇頭の最も大きい資金源になる。

  
豚のダンスFC2 BLOG LOGO豚3




   

支那人生活保護問題

中国人大量申請、生活保護決定を先送り…大阪市

 日本人の親族として来日した中国人48人が入国直後に大阪市に生活保護を申請した問題で、平松邦夫市長は15日、16日に保護決定期限を迎える6人について、期限内の判断を見送る考えを明らかにした。在留資格を巡る大阪入国管理局の再調査が続いており、「検討材料がそろわない」のが理由。毎月1日の保護費の支給手続きに影響せぬよう、23日までの最終回答を大阪入管に求めている。

 生活保護法は、申請を受けた自治体が、30日以内に保護の要否を決めなければならないと規定。市が保護決定を保留している14人のうち、6人が16日に期限を迎えるが、入管側は「まだ調査結果を示せる段階ではない」としている。また、48人の身元引受人は、福建省出身の在日中国人2人であることが判明。市は2人の資産状況や扶養の意思などについて、入管とは別に調査を進め、扶養能力の有無を独自に判断する。

 中国残留邦人の親族48人が来日直後に生活保護を申請していた問題で、大阪市の平松邦夫市長は15日の記者会見で「(親族の在留資格を再調査している)大阪入国管理局の回答がなく、検討材料がそろわない段階では軽々に判断できない」と述べ、保護決定を出していない14人に関し、引き続き保留扱いとする意向を明らかにした。大阪入管の回答を23日まで待ち、保護費支給の是非を判断する。

 生活保護法は、申請から30日以内に保護の是非を決めるよう規定する。市によると、親族のうち6人はその期限が16日、8人は21日に迫っていた。30日を超える場合、申請者は却下されたとみて異議申し立てできるが、市は親族に事情説明し、理解を求めるという。

 また市は、親族が入国する際にたてた身元保証人が中国籍の2人で、扶養の意思や資産状況について調査することを明らかにした。他方、こうした要保護状態にある残留邦人の親族への経済的支援が生活保護以外にないとして、国に対し、人道上の観点から別制度の確立を求める方針。【平川哲也】
 
豚のダンスFC2 BLOG LOGO豚の怒った顔
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。