スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナ人の熊胆取りと日本人の捕鯨

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

シナ人の熊胆(ゆうたん)取りと日本人の捕鯨

11_20110217020250_JUQ1JUZDJUJFJUM4JUJBJURBJUQwJURDMg==.jpg

11_20110217020254_JUQwJURDJUMxJUZE.jpg

11_20110217020200_JUQ1JUZDJUJFJUM4JUJBJURBJUQwJURDKyVCNSVBOCVENiVBRCVCMyVFOQ==.jpg

11_20110217020240_JUNDJUZBJUMyJUVEJUJDJUQ3JUMwJUMzJUMxJUNC.jpg

11_20110217020230_JUI1JUE4JUQ2JUFEJUIzJUU5JUJDJUI4JUI0JUNF.jpg

11_20110216120233_JUQwJURD.jpg

China bearのことをもっと知りたい方は、以下の英語サイトをご利用ください
http://www.animalsasia.org/


漢方薬と言うと、日本人は知らない人は少ないと思う。日本中のあらゆる所に漢方薬を販売する薬局が存在。ある一種の有名な漢方薬は名前を「熊胆」と言う。「熊胆」、つまり熊の胆汁を原料にして作った漢方薬。しかし、シナ人が一体どのように熊の胆汁を取っているのか知っている日本人は殆どいない。

パンダと違い、シナ人が熊を付き合う目的は熊の胆汁を取り「熊胆」を作り、熊の掌を美しい高級料理として食べる。熊を捕まえるために、シナ人は野外で落とし穴を作り、熊は落とし穴に落ちて、掌あるいは四肢を引き裂き、そのままシナ人に捉えられた後、胆汁を取るため、二十五年くらいの間過酷な生活となり、肉体の巨大な苦痛に耐えられなく自殺しようとしたが、シナ人は鉄のベストを熊に着せて、熊は移動さえできない、自殺さえもできない。

シナ人は熊の胆汁を取るため生きたままの熊の腹に一つの穴を開け、熊の胆嚢にカテーテルを突き刺して、毎日数回胆汁を取る。激しい痛みとともに鮮血がしたたり落ち、熊は凄く苦しく雷のように叫ぶ。しかし鉄のベストを着ているため、動くこともできない(シナ人はコストを節約するために、熊に麻酔剤を使っていない)。

一匹の雌熊はどうしてもその苦痛に耐え難く、シナ人が彼女の子供の小熊の腹に穴を開けようとした時、鉄製のかごを破壊し、自分の子供の小熊をずたずたに引き裂いた。小熊に一生の地獄の苦しみを受けさせるより、彼女は自ら子供の命を絶つことを選んだ。その母親の熊は人類から子供を助けることができないが、自分と同じように長年死ぬ以上怖い、苦しい生活を過ごせたくなかったのだろう。母親の愛は熊も同じだと思う。

実は現代科学により熊胆の主要成分「ウルソデオキシコール酸 」は、すでに化学合成が可能となった。しかし、シナ人は天然の熊胆で漢方薬を作ることを好み、熊胆の現在の市場価格は一グラムおよそ300人民元そうだ。熊胆を取るために、生きたままの熊はシナ人に二十五年間毎日残酷な方法で胆汁を取られている。一旦熊の胆汁を取り終わったら、掌も切られてしまう。

  過去千年以来、シナ人はずっとそのように食用、薬用の目的で熊を乱獲したため、現在、シナ漢民族が居住する地域では、なかなか熊を発見することができなくなった。熊はすでにシナの土地で絶滅に瀕しているそうだ。しかし、パンダのように世界中の人々に関心を持たれていない。シナ街頭の乞食、ホームレス、知的障害者は、知らないうちに犯罪集団に捕まえられ、殺害され身体器官を香港、海外に売り出されることは珍しくない。そんな国で熊に同情心を持つ人はとても少ないだろう。シナ人に捕獲され巨大な苦痛を受けた熊が、もし生まれ変わることができるなら、パンダになれることを心から祈っている。

  シナ人の熊胆取りの話から、思わず日本の捕鯨問題を思いついた。しかし、日本の捕鯨はシナ人の熊胆取りと同じレベルであると思わない。日本の捕鯨は漁業資源、生物学的調査の目的で行っている。そして、IWCによる規制の対象外の鯨を取っている。もし、捕鯨をしないと、小さな魚が取れなくなり漁業の被害も大きいという。しかも日本人は鯨の苦痛を減少させるため、即死させる技術も使っているそうだ。シナ人は二十年以上生きたままの熊に毎日心臓と肺が裂けるほどの痛みを与えている。どちらのほうが残酷なのか、世界中の動物愛護団体は、もし本当に動物を愛する心を持っているならば、日本よりシナのほうを抗議すべきだと思う。そうでなければ、ただのお金目立ての偽善者である。

  パンダの来日を期待している日本の方々、あなた達が喜んでパンダを鑑賞している間に、シナ人に毎日傷害されている熊のこともよく考えてほしい。



熊の悲しいことに心を打たれた方は、応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO    豚3

ブログ休みのお知らせ 

 当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 


ブログ休みのお知らせ 

ちょっとだけブログ休みます。先日から体調が悪く、不覚にもインフルエンザになってしまいました。 去年も風邪を数回ひきましたが、今回はインフルエンザです。 治るまで、少しの間にお休みさせていただきます。毎日見て頂いている読者の方に申し訳ありません。

宜しければ、応援クリックお願いします!



戦争論2FC2 BLOG LOGO     豚3

テーマ : その他
ジャンル : その他

保守系ブログを狙っているネット工作員

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

保守系ブログを狙っているネット工作員

正月が過ぎてから、いつも保守系ブログで活動しているネット工作員はまた活発な状態になった。連日、瀬戸先生のブログ、正しい歴史認識のCOFFEEさんのブログ、ねずきちさんのブログは、ネット工作員から様々な言論妨害、攻撃を受けたようだ。拙ブログも「日本サル」と名乗った人物に「偽シナ人」「卑怯な日本野郎」「脳味噌は豚」等の言葉で罵倒された。十数年ネット経験がある私は、元々そのような子供っぽい手口を全く気にしていないが、ほかの保守ブログでも類似のブログ管理人への攻撃コメントがあったため、読者の皆様にネット工作員の活動に注意を喚起し、警戒するため、かつての自分の経験を元に、ネット工作員のやり方、目的について説明する。

 文を書くのは非常に時間、精力がいる仕事である。ネット工作員はもちろんこれを知っている。そこで、ネット工作員はブロガーの創作欲、創作の情熱を挫折させるため、あらゆる方法を使っている。以前のことだが、読者を偽ってわざと私のブログ文章へ悪評や、不満のコメントを書いた人がいた。

 さらに最近このようなコメントも増えた。「貴方のブログを見る気は無くなった」、わざわざ私に「二度とここに来ない」とのメッセージを送る人もいる。私のブログを貴方が見るかどうか、それは貴方自身の判断であり、コメントを書くのも個人の自由。わざわざ私に教える必要はない。貴方は来なくても、ほかの方が来る、貴方は見なくても、ほかの読者様は見たいだろう。私のブログは一人の為に書いているではない。わざどこのようなコメントを書く目的は、おそらく私の文章を書く意欲を失わせるとともに、ほかの読者に心理的な影響を与えるためではないかと考えている。

 ネット工作員は、ブロガーのメールアドレス、電話番号、住所、姓名などの個人情報を入手するため、いくつの方法を使っている。私は、以前何度も反日左翼、ネット工作員に偽シナ人と呼ばれたことがある。さらに私を怒らせるために、「直接シナ語で話しましょうか?検証の為に?」とコメントを書かれた。どうやって検証するのか?私はツイッターを利用している。何人ものシナ人友人とツイートしている。私が書いたシナ語はネイティブのシナ語であると本物のシナ人も認めた。検証?まさか電話や、メールで直接話し合うのか?それでは、私の個人情報を教えることになってしまう。

 なぜネット工作員は、保守系ブログのブロガーの個人情報に興味を持つのかは、大きな理由がある。真実の個人情報を手に入れたら、反日勢力は愛国者の仕事場、家庭に大きなプレッシャーをかけ、最終的にブログを書くのを止めさせ、愛国活動を中止に追い込もうと狙っている。その方法はシナのインターネットでシナ人工作員もよく使っている。何年か前に、四川航空のある職員はネットで親日的な発言をした、その後、シナのネット工作員に個人情報を調べられ、会社から解雇させられたそうだ。

 そのほか、もう一つの手口はハッカー手段を使い、ブロガーのパソコンに不正侵入し、個人情報、ブログのパスワードを盗み出すことだ。数年前に、私はまだ人気ブログの読者であった時、ブログ「博士の独り言」が突然消えた事件を今でも覚えている。

 保守系ブログのブロガーに特に注意したいことは、あまり知らないIDにメールを送らない。自分がよく使うメールアドレスはブログへのアクセスIDとして設定しないこと。コンピュータ技術者やハッカーは、一旦貴方のブログのアクセスIDを獲得したら、パスワードの解読は不可能ではない。さらに、彼らはウィルスをメールの中に隠し、知らないうちに貴方のパソコンを感染させることもできる。

 私は今まで何回も怪しい非公開コメントを貰った事がある。家の親戚と付き合っているシナ人工作員との解決方法を知りたいとか、募金のお願いとか、原則として私はメールのやりとりを一切断る。直接私本人とやりとりを希望する方は、ツイッターを利用してください。最後に、工作員の破壊工作は、私にブログを止めさせることはできない。このブログを支えている読者のために、日本の平和安全のために、いくら困難に遭っても、私は決して諦めない。愛国保守系ブログの一員として、皆様と一緒に頑張りたい。私達は、工作員の妨害に絶対に負けてはいけない。




人気ブログランキングの応援クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO      豚3

テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

親愛なる読者様への年末の挨拶

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 


親愛なる読者様への年末の挨拶

20101202_1522773.jpg20101202_1522774.jpg


今年の七月中旬から、このブログを書き始めました。読者様のおかげで、短期間で人気ブログランキングの上位になることができました。ここにあらためて皆様に感謝の意を申し上げます。この六ヶ月の間に、読者様から多くのコメントや、暖かい応援の声を頂きました、誠に有難うございます。体の調子が悪い時、疲れてしまった時には、読者様の熱い期待の気持ちが、再び書き続ける力を与えてくれました。

時間の関係で、読者様から頂いた一部の質問へお答えできませんでした。申し訳ありませんでした。ある読者様は当ブログの英語版、シナ語版も作ってほしい意見がありましたが、残念ですが、日本語のこのブログを書く時間で既に精一杯です。これ以上はできかねます。ブログの左に英語の自動翻訳を設置した。100%正確的な翻訳はできないかもしれませんが、英語でなんとなく意味が分かると思います。私は今でもインターネットを使って、真日本歴史観のシナ語発信を続けております。特にシナ語のブログを書く必要は少ないと思います。

これまでに、読者様から本、雑誌を出してほしいという意見を頂きました。申し訳ありませんが現時点で、まだそのような計画がありません。自由が大好きな私は今の生活に満足しております。束縛がない状態で、自分が書きたいことを、思い切り読者様に伝えることができます。さらに、ある方は私に、選挙に出ることを勧めました。ご厚意をいただきましたが、日本に居る時間が短く、政治経験などまったくありません。素人でありながら、政界に足を踏み入れることは考えられません。知名度がある石平氏や、日本、シナの政治、経済に熟知した学者のほうがもっと相応しいと思います。

この一年間、日本の政治、経済では大きな変化がありました。うれしく思えたことは、今年は日本保守派の躍進、発展する一年でした。在特会、主権会、排外社等の保守市民団体が主催する「行動する社会運動」はもちろん、頑張れ日本、桜チャンネルが主催する「尖閣諸島を守る」シリーズデモも、大きな成功を収めました。おめでとうございます。保守精神を持つ日本人の愛国者の方々は、新しい一年も引継ぎ頑張ってください。

以前、ある方は私に在日外国人の対応方法と対策を尋ねましたが、私の見解では、外国人犯罪、不法滞在の外国人の取り締まり強化。すでに合法的に居住している外国人、特に反日教育を受けている特亜人に対しては、出身国の言葉を使って、彼らに脱洗脳、脱反日教育を行うのが良いと思います。実は最近、私はブログランキングを通して、「よーめんさん」のブログを知る事ができました。「よーめんさん」は真日本人の歴史観の動画を作成し、英語、韓国語、シナ語で全世界に広めています。今後、日本の保守派は日中戦争が起こした真相、南京事件の真相などのシナ語の宣伝資料、動画をどんどん作っていくべきだと考えます。シナ共産党のプロパガンダに負けてはいけません。

シナ北京、上海、広州などの大都市の国際空港の全ての本屋で、あのシナ系アメリカ人アイリス・チャンが書いた「The rape of Nanking」の本が最も目立つ位置で販売されています。日本はシナのプロパガンダに対抗する有効な措置を取らなければなりません。私は日本の愛国者が、南京事件の真相を明示する本のシナ語版を作ることを強く望んでいます。これは、在日シナ人、日本に来るシナ人観光客に向けた宣伝戦の有効な武器としてどんどん利用できると思います。

 12月30日から1月3日の間、個人的な予定がありますので、ブログの更新を休ませて頂きます。来年、また読者様と一緒に、このブログを頑張って更新して行きたいと思っています。読者様、及び、ご家族、友人、皆様方元気で良い年を迎えてください。日本国の明るい未来と全ての日本人の幸せを心からお祈りします。では、また来年よろしくお願いいたします。




拙ブログを応援していただいている方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO          JAPAN

テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

シナの特色ある社会主義

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

特色あるシナの社会主義

 シナにいる時、シナのメディアでよく聞く言葉は「特色あるシナの社会主義を建設しよう」。しかし、シナは本当に社会主義国家であるのか?私の日本人友人はシナを似非社会主義国家と評論しているが、私の観点ではシナは似非社会主義国家と呼ばれる資格すらもない。まさに特権統治階層の奴隷主が一切の権力を持つ、人民を奴隷と扱う奴隷主義国家。

 ここ数年以来、シナ各地で不動産価格が上昇し、シナ各地の政府機関とつながりがある不動産業者が短期間で大量な土地を手に入れるため、今まで住んでいる人々の家屋を強制的に取り壊す行為が各地で頻発している。そして、人々は自分の住居や家屋を守るために、退去拒否、集会、ガソリンでの焼身自殺などの方式で抗議活動を取っている。政府当局は軍隊、警察を出動して鎮圧し、多くの死傷者が出たという。以下の写真は、土地が強制徴用され、家が強制的に取り壊された人々の実態である。


車体の下に入り、住居の取り壊しを阻止しようとする人達
201009192149china1.jpg

武装警察と対峙している村の住民達
201009192149china3.jpg

農地の強制徴用に抗議する農民達
201009292243china1.jpg

ブルドーザーの前に立ち土地徴用を阻止する人達
201009292243china2.jpg

ガスボンベを抱え、家屋の取り壊しを阻止する女
201009270916china1.jpg

立退き要求と共に送られた銃弾
201009270812china2.jpg

取り壊す前の一戸建て住宅
201002062256yuanqing6.jpg

取り壊された一戸建て住宅
201002062256yuanqing5.jpg

取り壊された集合住宅
200806162216yuanqing1.jpg

家を取り壊された人達の仮住まい
201009200004china1.jpg

「誰が私達の権益を守ってくれるのか」と書かれた横断幕
201009221748china3.jpg

違法な立退き要求への抗議が書かれた横断幕
201009221748china1.jpg

工場の人達を強制的に立ち退かせる警官隊
201009222116china4.jpg

取り壊された家屋の上に座る老婆
200908230029yuanqing1.jpg

家の取り壊しに反抗し、重傷した家の持ち主
200806162216yuanqing3.jpg

家の取り壊しに反抗し、一人が死亡し、2人が負傷した一家の写真

201009200829china1.jpg

ブログランキング参加中、クリックよろしく
お願いします。


戦争論2FC2 BLOG LOGO           メガネの豚




プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。