スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は防衛戦争の準備ができているのか?

日本は防衛戦争の準備ができているのか?

尖閣諸島の領有権問題をめぐり、あるシナ新聞による世論調査では、この論争を終わらせるために戦争をするのが良いと答えた人々が96%にも上ったそうだ。新聞の調査対象ははっきりしてないが、私はこの世論調査の内容の真実性を少しも疑わない。以前にも再三指摘したが、北朝鮮と比べて、シナこそ日本の最大の敵である。シナと友好関係を発展させるのはまったく不可能である。私の前の文の中で、シナ人の99%は反日と書いたが、私のブログでコメントした方はその数字の正確性を疑っていたようだ。もちろん私は一人、一人調べることができないのが、三十年近くシナで暮らし、小学校から大学までシナの教育を受け、親戚、友達、先生、知人はシナ人が多数、さらに国営会社から外資系会社の就職経験、昔会社の業務や旅行でシナ各地を訪ねた経歴もある。自ら色々な生の経験から責任を持って言うと、今現在、シナ大陸の漢民族の99%は反日であることは決して大袈裟ではあるまい。

 シナ人民共和国を成立した後、軍事の面は、ずっと台湾への侵攻、「台湾回収」を作戦目標として定めている。しかし、近年、シナの経済発展や、台湾で親シナ統一派の馬英九が総統に就任し、シナと台湾との関係は確実に改善していった。シナ軍の内部では、昔の目標の台湾への軍事侵攻から、資源を確保するための世界への覇権を目指す路線に転換し始めた。シナ共産党は、今台湾にいるシナ国民党に対して、昔の敵視、高圧の態度から、籠絡、懐柔の政策に変えた。五年前のシナでは、シナ共産党と国民党の内戦を表現する映画やドラマなどがしばしば見られた。しかし、最近数年、これらの内容のものは殆ど放送していない。今は、抗日の映画やドラマなど一色となった。さらに、シナ当局は台湾のシナ国民党に善意を見せるために、共産党内の反国民党の勢力である毛沢東派の言論や活動を制限し、昔、国民党の独裁者である蒋介石を抗日英雄として宣伝する動きもあった。因みに、シナでの現在のプロパガンダは「第三次国共合作」で、日本を仮想敵にすることだ。

先日、シナの反日デモで、一部のシナ人の若者は「日本軍国主義打倒」のスローガンを挙げていた。その馬鹿げたスローガンを見たが、笑いたいが笑えない。軍隊も持っていないし、平和憲法を抱えている日本はどうやって軍国主義国家になるのか?本音を言うと、私は、日本がアメリカのような軍事強国になるのを強く望んでいる。しかし現実では、失望しかない。シナは長年の反日教育によって戦争の動員が十分出来ている。すでに尖閣諸島、沖縄への武力侵攻の条件が揃っている、一旦、アメリカ軍が沖縄から出たら、すぐに攻めてくるのはまちがいない。日本は何か準備しているのか?

まったく自国の領土、国益、国民の生命、財産の安全を無視している反日マスコミは、今でも必死に尖閣諸島の事件でシナとの「友好関係」を壊さないように、経済への影響にしないような宣伝をしている。厳格に言うと、利敵、売国の行為としか言えない。一部の商人の短期的な商売、経済利益のために、国を敵に売ろうとするやり方は愚か極まりない。喜んでマナーもない、常識もない、汚いシナの観光客を招致しようとする人々、お前らはシナ人のお金を貰った時、そのシナ人はいったい何か考えているのか知っているのか?今、私はお前にお金を儲けさせるが、いつか日本を攻め、日本人のすべての財産を私の物にするだろう。

シナのバブル経済が終わったら、社会の混乱や国民の不満を抑える唯一の方法は戦争だと思う。時間は一日一日と迫ってきている、すでに油断、甘えた考えをする時間はない。20万人未満の日本の自衛隊は、どのように220万人のシナ解放軍に対抗するのかは大問題だ。尖閣諸島の事件をきっかけに、日本はこれから核武装や武力強化を真剣に考えないといけない。徴兵制の導入や防衛戦争の動員法も急いで制定しなければならない。シナのような軍事独裁国家との付き合うのは一切止めなさい。親シナ売国奴を国会から排除せよ、日本人よ、立ち上がろう。

日本は危ない、しっかり国防力を強化するべきだと思っている方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO             gunkanki01.gif

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本を心配してくれて有難う

中国って、意外と気が弱くないですか?
相手が弱いと思ったら強いけど。
一応、民主党の前原はアメリカとの連携を考えてるし、尖閣諸島は渡さない姿勢で。
戦争したら、ただでさえ嫌われ者の中国は完全孤立することは政府も考えてるんじゃないかな?と思います。
全然怖くないですね。
中国にある日本の起業は違う国に移ったみたいだし。

中国は

11月のAPECでトップ同士の会談で尖閣問題は決着つけたいようだな(笑)たぶん尖閣周辺の海底資源を共同開発‥

そんなもの日本が認める分けないじゃないか?日本の島や領海で共同開発なんて!

シナ人はそんな事も知らないのか
門前払いなのに(笑)

尖閣侵略 外国人犯罪の増加からわかること。m(_ _)m

拝啓、管理人さん更新お疲れ様です。
チャイナの尖閣侵略は言語道断です。
宣伝ご容赦下さい
元警視庁通訳捜査官である坂東忠信氏サイト「 外国人犯罪の増加から分かる事 」
チャイナの尖閣侵略と日本への入国居座りの脅威を掲載し更新中であります。

坂東忠信氏の新刊 日本が中国の自治区になる
産経新聞出版

「 尖閣、板東 」で検索しますと板東氏を初めとする識者が解説する動画が出て来ます。

更には、河添恵子氏のブログ

河添恵子氏の新刊
中国人の世界乗っ取り計画
産経新聞出版

中国人とは愛を語れない
並木書房
ご高覧頂けると幸いであります。
m(_ _)m
乱文にて 敬具

No title

>>河添恵子氏の新刊
読みました---http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=922
一読して驚いた。中国人の世界進出のすさまじさはかねて聞いていたし、先週号の『週刊新潮』でもどこかの公団住宅で起こったルール無視の生活態度、ゴミ出し・掃除の仕方で日本人社会に迷惑をかけっぱなしの中国人の暮らし方はすでに読んでもいたが、河添さんの筆は世界中に及んでいて、その比ではない。じつに驚嘆すべき実態レポートである。----。

中国人が過去の日本の侵略戦争が原因で反日に走るのは当然の亊でしょう。多少の歪曲.捏造は有りますが国民の大多数が中華思想をもつ自称漢族です。
屈辱に感じない訳がない。中国は更に軍拡を続け中華思想に見合う国へと向かおうとするでしょうね。
中国経済も無理が祟って
限界も近い。国民の不満もかわしきれなくなる。
あとどれだけもつ?
尖閣問題でかなり強硬な態度にでている亊.温主席まで後戻り出来ないような発言をしている亊.行き着く先は…そういう亊になるのか?

歴史は繰り返す?

シナ人の反応を見てると、日中戦争は日本が引きずり込まれたんだと確信しました。

まずは憲法改正です。

いつもお疲れ様です。現在の尖閣情勢を見て焦りを感じている周囲の日本人の少なさにイライラしているのは、ブログ主様同様です。
 でも、確実にこの件で、支那はヤクザ国家であるという認識は日本人の中に目覚め始めていると思います。支那人が騒ぎ立てれば、騒ぎ立てるほど、日本国民の嫌悪感を増します。(どんなお花畑脳の日本人であっても、異様な支那人のデモ行動には嫌悪感を抱きます。日本人のメンタリティでは、理解できない人種だと感じています。)新外相は、米国の信頼がある数少ない民主党員だと聞きます。そして、現在の対応も、米国のアドバイス等があるようです。 米国にはこれでそれなりの代償を求められるでしょうけど、この支那人の異様さや底知れぬ恐ろしさが憲法改正や防衛問題に発展していくように、周囲にも働きかけなくては。支那のご家族も心配でしょうに、いつも日本を応援してくださり有難うございます。

No title

一部の商人の短期的な商売、経済利益のために、国を敵に売ろうとするやり方は愚か極まりない。喜んでマナーもない、常識もない、汚いシナの観光客を招致しようとする人々、お前らはシナ人のお金を貰った時、そのシナ人はいったい何か考えているのか知っているのか?

→私が心から思っていた事をズバリ代弁してくださって本当に有難うございます。

まさにその通りです!!!!一番どうしようもなく危険なのは、目の前の金欲しさに平気でシナに媚びろと政治家に圧力をかける財界人たちです。

もっと言ってください!

応援クリック

No title

連投失礼します。

私もマトリックスさんと同意見で、この状況はシナ事変の頃と似ているのでは…と感じていました。

シナに駐在していた日本人が警護を頼んでいたシナ人達に虐殺され、邦人保護のために進駐していた日本軍が国民党軍に煽られてとうとう戦争に発展してしまいました。

これからシナの邦人に何か起こるのではないかと心配です。

-おれんじさん-
-マトリックスさん-
現実の世界の現象は連続して起こってるのですよ。
その一部分だけを切り取って考えても真実は見えてきません。何を言ってもあれは紛れもない侵略戦争だったのですから。事実で無い亊で敵対心を煽っても反発が起こるだけです。

ですが…中国は日本にとって敵である亊に変わりありません。友好などと寝ぼけた考えは間違いである亊に気付いてくれる人が増える亊を願う毎日です。

No title

>>支那が  何を言ってもこれらは 紛れもない侵略戦争だったのですヨ 日本がどうのの騒ぎじゃ無いヨ バイト君

>中国がいかに脅威であるかは、中国の過去の行動を振り返れば歴然としている。
1950年:朝鮮戦争参戦
1951年:チベット侵略
1959年:インド侵略(中印戦争)
1969年:珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突(中ソ紛争)
1974年:西沙諸島を侵略、占領
1979年:ベトナム侵略(中越戦争)
1988年:南沙諸島領有権問題でベトナムと武力衝突(赤瓜礁海戦)
1988年:ベトナムが領有権を主張する赤瓜環礁を占拠、軍事施設を構築
1992年:南沙諸島の石油探査権を米国のクレストン・エナジー社に認めると発表
1992年:独自に領海法を制定し、東シナ海を「自国の海」と主張
1993年:陽明環礁など6ヶ所を占拠、建造物を構築
1995年:フィリピンが領有権を主張するミスチーフ環礁を占拠、軍事施設を構築
2005年:日本のEEZ内のガス資源盗掘を開始
2010年:尖閣諸島や沖縄近海の大陸棚までを自国領土とする島嶼保護法を施行
中国という国は、1949年の毛沢東による建国宣言以降、今に至るまで常に好戦的かつ侵略的であり続けているのだ。

バイト君って俺の亊か?

中国(支那)が交戦的で侵略国家やというのは二千年前も千年前も現代もずっと変わらず世界の常識や。

でも日本が侵略したのも真実や

…でバイト君て俺の亊か?
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。