スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナの特色ある乞食者

シナの特色ある乞食者

人口の90%は社会福利等の保障がないシナは、どこの町でもよくこれらの風景がみられる。彼らは乞食者だ。世界各国でも乞食者がいるものの、シナの乞食者の数は一番多く、乞食者の中でもっとも多いのは、老人、子供、障害者等の社会の弱者。正常な文明国では、元々保護されるはずの人々だ。

日本は、シナ人の観光ビザ発行を緩和し、そのまま移民政策を推進し続ければ、このような風景が未来の日本の町でも出現するのは間違いない。


チベットの聖地であるポタラ宮の門外、乞食している小さな女の子

tibet1.jpg

シナの大都市である広州で乞食している二人の兄弟(2010年6月)
W020070608364605789664.jpg

シナ湖南省長沙市の商業歩行街で乞食している障害者
130.jpg

記者の取材を受けているプロの乞食者
xinsrc_47211032414552182874720.jpg

浙江省杭州市の歩行道の乞食者
11453717736162015850.jpg

北京の街道で二胡を弾いている盲目の乞食者
48a7bf4a01055gpj.jpg


以下の記事はZhenyan部落格http://zhenyan.cocolog-nifty.com/twlog/2007/07/post_4234.htmlから転載したものです。

商務ビザで、中国から乞食が遠征

中国籍の梁と同僚のは「商務訪問」の名目で台湾を訪問した。しかし実態は昼間は台北県のMRT駅で乞食を行い、そして一日に一万台湾ドル以上、稼いでいた。

警察がMRT駅で彼が乞食をしているのを見つけ、職務質問をしたところ、耳が聞こえない振りをしてやり過ごそうとした。しかし警察は人民元を持っていたため、中国からやってきた事が判明した。さらにかれらは「廣東深圳市迪深實業發展有限公司副理」という会社名義の「商務ビザ」で台湾に訪問していたことが判った。

 五十三歲のは、右腕がなく、さらに左指も欠けている身体障害者で、警察の調べに対して、双方の一日の乞食の収入は1万元で、手元の3万元は台湾での乞食の成果だった。

 梁は警察の取調べに対し、もともと乞食を生業とする彼は、今年6月1300人民元で、広東省の旅行社に申請し、來台し、二日日間様子を見ていて、乞食業を開業したところ、今回、警察に捕まった。警察に対し、台湾に来た目的は金稼ぎで、乞食で金銭が貯まれば、すぐに立ち去る予定だったと答えている。

台湾だけでなく、東南アジアでも活動?

 警察の調べによれば、両名のパスポートには、マレーシアに4回、シンガポールに1回などアジア各国にも入国した記録があり、。毎回、ビザの期限内に出国していた。

 警察は逮捕された両名の背後に、丐幫組織があることを疑っている。

 両名が中国の丐幫組織によって派遣され宿、人脈、滞在先などの情報を開拓に来た事を疑い、同様の丐幫グループによる來台があるかどうか、警察は再捜査中との事。

 警察は両者が申請した「商務ビザ」とは目的が異なるため、出国および移民法違反で、移民署の収容所に移された後、強制出国の措置をとるとの事。




日本でそのような風景を見たくない方は、クリックよろしくお願いします。

豚のダンスFC2 BLOG LOGO                  豚3

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ブログランキング上がってますね。おめでとうございます。
為政者の器量で一般の人間は不幸にも幸せにもなります。
現在の日本は、また住みやすい日本を取り戻す為の過渡期と信じたいです。そして、チャイナも昔の日本のような、人情を重んじる国になって、最大多数の最大幸福を追求する国になって欲しいです。今日の「ねずきちのひとりごと」ブログ、素晴らしいです。江戸時代のお話ですが、読んでいて涙が出てきました。もしまだでしたら、シナ豚さんも読んでみて下さい。
チャイナも近い将来、このお話しに出てくるような人たちが治める国になりますように。

シナは泥棒詐欺の国です。

No title

これだけ中国の実像が知れ渡った今も中国に憧れを抱く人が多いのにはあきれます。

そういう人たちの集まった民主党が遂に、政権を握り社会主義国家に向け試運転を始めました。

社会主義も、移民推進も他国では、とっくに失敗策と結論が出ている。

しかし民主党側は、一度は社会主義の夢を実現などと馬鹿な策を進めています。

素朴な手ですが、私達がポスティングしたり、自分の周囲に現状を知らせる事が、まだ何も知らない国民に危機を知らせる良い手段です。

出来る事からはじめましょう。「ポスティングに関してのサイト」があります。

No title

広州で乞食している二人の兄弟も同じだけど
アグネスチャンは自分の生活だけしか考えないのかな

チベットの女の子はとってもかわいい
可愛がられて大切に育てられるべきで
そうしなきゃいけない年齢なのに

過酷な生活していて可哀想だ

No title

まだ人助けをする人間が居るだけマシ……なのでしょうか?
物乞いの存在は、中国だろうと日本だろうと確実に善意を持つ人間が存在する証だと思います。
問題はその人の善意を食い物にする連中が多数存在することなのでしょうけれども。。。

正直、この話は他人事ではありません。
日本にも生活保護にたかる暴力団とかおりますから。
それが日本人でないことも多々あるんですけれども。。。

支那の避難民は皇軍を信じた

支那では乞食は伝統的商売でいつからか知れないほど古い組織が有って、さらった子供をわざとカタワにして稼がせるとか、まあ日常的なので、日本人には刺激ありすぎ。支那の本音は今度こそ大日本が支那を開放してバカ儒教だか中共だか、兎に角朱子学的ばかイデオロギーを排除して、満州国を再建して帝国臣民になりたいのがほんとのとこ。支那人の絶対的信仰、大和民族は世界最優秀民族なり。これ本音だよね。
日本気印左翼奴隷はいい加減無駄な事しないで自殺しろや。ギブミーチョコレート乞食に脱脂粉乳で育てられた教育労務者日教組の嘘、真に受ける程度のコジキジャップは死に腐れや。
ああ、満州国時代はよかった、税金しかとられなかった。満州医科大学、今の中国医科大学は今でも全部日本語で医者作ってんだぜ。わかるか馬鹿左翼。

尖閣諸島(釣魚島)で
中国また熱くなってますね

何を考えてるんだシナ人らは

No title

>>何を考えてるんだシナ人らは

支那人には言論無用、問答無効、断行、断絶であります。世界中から水爆投下で蒸発させるのみ。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。