スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特亜向けの日本のマスコミ

特亜向けの日本のマスコミ

朝起きて、天気予報を見るために、久しぶりにテレビをつけた。するとNHKが製作した、シナ人観光客が日本の買い物ツアーを紹介する番組を目にした。ちらっと見たら、生理的に拒否反応がでたので、チャンネルを変えた。ほぼ同時に、TBSは、SMAPのコンサートツアーの様子を放送していた。その番組ではSMAPは来月から上海公演を予定することも発表した。ところが、番組の最後、なんと在日シナ大使館の大使程永華の映像が出てきた。あいつの顔をテレビで写した瞬間、本当にうちのテレビを投げ出す気となった。

最近の尖閣諸島でシナ人漁船船長が逮捕されたことを、こいつは日本側に何度も強烈な抗議した。ただ数日後、日本のテレビ局は彼が喜んでSMAPのコンサートツアーを観賞した姿を放送していた。NHKといい、TBSといい、シナによる尖閣諸島への侵略を無視している代わりに、「日支友好」のムードを作る一色だ。尖閣諸島で行った事件は、これらの反日放送局にとって、都合が悪いニュースであり、日本人の反シナ感情をどうしても抑えないといけない。だから、シナ人の買い物ツアーや大使の笑顔を放送し、日本人視聴者のシナ人に対する好感を買うために必死に働いていた。その時、私はようやく、なぜ一部の日本人はNHKの事を犬HKと呼んでいるか分かった。確かに彼らの言ったとおりに、NHKやTBS等のメディアはシナ共産党が飼っている犬のようだ。

ここ数年、日本のテレビ局は、しばしばシナ人観光客の日本での買い物ツアー等の番組を放送している。なんとなくシナは豊かになった、シナ人はすでにお金持ちになったというイメージを日本の視聴者に与えるように作戦している。そのような番組を見たら、普通の日本人がどうやって考えるかは、私は知らないが、シナ人の私にとって、まったく新鮮ではないものだ。私は小さ頃からシナのテレビ局や新聞等のメディアでよくみていた内容と、同じような感じだと思う。

初めて来日した時、私は一度、日本のマスメディアに強く期待していたが、番組やニュースを見れば見る程、どんどん情熱が冷え込んでしまった。今、殆どテレビや新聞を見ず、インターネットでのニュースや情報しか見ていない。自由の世界に来たのに、まだシナ共産党が慣用する宣伝方式で洗脳されるのは馬鹿ではないのか?シナは本当に豊かになったのか?シナ人の私は一番よくわかっている。

確かに、最近の三十年、シナの経済は著しい進歩を遂げました。しかし、その経済発展の結果、激しい環境破壊と極端の格差を生じた。金持ちは更に多くのお金を手に入れて、一般人の生活は益々厳しくなり、貧乏人は更に貧しくなった。シナの金持ちの中で、シナ共産党各級幹部および家族、親戚は膨大の数量を占めている。シナ当局の統計数字によると、150万のシナ家庭(人口百分比0.4%)がシナ全国の富の70%を占めている。シナでビジネスを成功した殆どの企業経営者は、シナ共産党幹部と深い関係を持っている。日本に観光に来ていたシナ人で、公費を使ってショッピングしている共産党幹部および家族はかなり多く。

なぜ日本のテレビ局はシナ観光客の裏の、シナの真実の一面を何も紹介しないのか、なぜ日本のマスコミは貧しいシナ人の生活をあまり放送しないのか。泥棒はお金持ちになっても泥棒だ、強盗はお金を持っても本質は変わらない。特定アジアの都合ばかり偏向報道している日本のマスコミは客観、真実な放送原則に反する。恥を知れ、日本のマスコミはシナのマスコミではないはずだと思う。




反日放送局を潰すべきと思っている方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO      メガネの豚

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

日本のマスコミについては全くその通りで恥ずかしいばかりです。

私は日本の財界が中国に多大な投資をしていること(国益より金儲け)、マスコミの自虐史観(共産主義への共感もまだまだ根強い)、中国ロビイストにやられた政治家、そして広告代理店の存在などが大きいと思っています。

多くの日本人がネットを使いながら、依然として中国の真実に気づいていないのは恐るべきことだと思います。ただ、前にも述べたように、毒餃子問題やアジアカップでの反日ぶりで、一般の日本人も「あの国は信頼できない、何をするか分からない国だ」という印象がおぼろげながらも浸透してきているとは思います。

応援クリック!

No title

主様、こんにちは。
日々のブログ更新、誠にお疲れ様です。
日本のマスコミは本当に腐れてますね。
そしてその悪臭に気づかない日本人の多さには
暗澹たる気持ちになります。

グチってるだけじゃ何にも始まらないので
少しずつでも拡散しようと日々頑張っているところです。

情けない日本のマスコミ

友人から聞いていたことでしたが、日本のマスコミがお先棒を担ぐ癖は日本人の癖ではないらしい。
何らかの力が圧力をかけているらしい。そのことに気付いている若者が多くなってきている。
中国共産党のしぐさに目を覆う日本人が多いが、中国内で異議を唱える人は生きていけないと言う。
自由のない社会、日本の社会と比較して理解に苦しむが現実なのだと聞かされ、更に苦しむ。
早く民意が届く社会になって国際社会に出て欲しい気がする。
竹心
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。