スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日日本人の反日ビジネス(二)

反日日本人の反日ビジネス(二)

sb2


先日、ある反日左翼のブログで、面白い記事を見つけた。旧日本軍の「戦争犯罪」の証言を募集している。ブログの管理人は、有力な情報を出してくれたら、自ら賞金を出すそうだ。反日左翼は本当にお金持ちだね。さらに、ほかのもう一人の反日左翼のブログで、「旧日本兵の息子200人の証言」も募集していたようだ。なぜそれらの反日左翼はそんなに旧日本軍の残虐的な証言の募集が好きなのか。私は、これは反日日本人のもう一つのビジネスであると思う。

かつてシナのテレビ局が製作した反日プロパガンダの特集番組で、ある日本人の小学校女教師が出てきた。彼女はシナ人に良心的な日本人と言われ、シナの南京大虐殺の記念館では、彼女の像も作られたそうだ。そのおかけで、彼女は全く無名な小学校教師から南京大虐殺の研究家になって、何冊かの南京事件に関連する本も出版した。しかもその中の一冊「元兵士102人の証言」の本は、なんと4,200円の高価である。日本中の沢山の御馬鹿さんが、彼女の本を買ったら、本当に大もうけだよね。反日日本人は金儲けがうまいなあ。彼女と彼女のような反日左翼は収集した証言は、一体どんな証言なのか?換金目的の証言なのか?アカの人間の「正義」「平和」「戦争犯罪の糾弾」などの活動の裏は、実は金銭の為なのではないか。

実際に、私の親戚もそのようなアカの証言によって、酷い目にあった悲しい物語がある。20代の頃、外省に住んでいたおばさんから聞いた話だ。文化大革命の頃、おばさんの父は、資本家家庭出身で、また、親戚が台湾に渡った理由で、反革命分子として激しい批判を受けた。何度も人民公社の大礼堂(講堂のような場所)で、彼に対する200人位の批判大会が行われた。その批判大会のやり方は、彼は台の上に立ち、紅衛兵や人民公社の社員などが下に座って、彼が犯した様々な「罪」を証言し、大声を出して指摘することだ。私のおばさんは当時16歳の紅衛兵なので、自分の父の批判大会にも参加せざるを得なかった。批判大会中、参加者の中には彼の友達や知人なども何十人かはいたが、大勢の人は初対面だ。それにしても、皆、批判的な発言をしなければならない。

そして、一人一人が次々発言し、おばさんの父が犯した「罪」を証言し、批判した。ついに私のおばさんの番になった。おばさんは自分の父に対して、「彼は以前、公社食堂の食べ物を無駄にした」「家で真面目に「毛主席語録」を読んでなかった」という嘘の証言をした。批判大会が終わった一週間後、おばさんの父は自殺した。彼の葬式の時、批判大会に参加した昔の友達や知人も来た。彼らは、自殺したおばさんの父の妻に対して、「我々も仕方がない、批判大会で嘘の証言を言わないと、我々も反革命分子になる。許してください」と話をしたという。しかし、私のおばさんにとっては、その衝撃はあまりにも大きすぎたので、自分のことをどうしても許せなかった。

結局、おばさんは遠い外地での就職を選択し、現地で結婚し、自分の故郷に一度も戻って来なかった。今でも、おばさんは自分の父の事を話したら、涙まみれの状態になってしまう。

全体主義の独裁国家で、歴史の証言や政治的な証言は、いつも統治階層に操られている。政府が定めた標準解答と反する「証言」と言うのは、事実的に不可能。そのような「証言」は、信用の価値は全くない。なぜ反日日本人はその理屈を理解できないのか?シナの戦犯管理所で洗脳し、改造された、中帰連の元日本兵の証言は信じることができるのか?お金や有名になる目的で証言した人々の証言は信じられるのか?これらの嘘ばかりの証言を収集して、本を出版したり、講演会を行ったり、反日ビジネスで儲ける反日左翼は恥を知れ!お前らは最低な人間だ。


反日日本人は恥を知れと言いたい方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO      メガネの豚

テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

文化大革命により、支那人の心の傷はとてつもなく深い…支那人が個人主義で相手を信用しないのは、仕方の無い事なのでしょうね。

更新お疲れ様です。

支那豚さんが仰るように、反日左翼活動は一つのビジネスなんでしょうね。嘘をついて日本人の先祖の方々から将来の日本人まで貶めて、ほんとに卑しい行為だと思います。

No title

というよりも、人間が嘘を吐ける生物である時点で、証言なんぞに何の意味もありません。
当時に作られた公文書が序列第一の証拠、第二位が証拠物品、第三位が日記等の記述、そして証言が続きます。
そんな当たり前のことより、嘘を吐ける証言を優先して証拠扱いしている時点で、そんな史実は全く無意味。。。
サヨクがどうのこうのより、彼らは証拠・痕跡が何故重視すら理解していない、ただの知能不足って気がします。

No title

中国残留孤児で日本に移住してきた連中は嬉々として日本に居つく割には、中には中国に対する恩義を口にする者がいます。
それくらい肯定的になるのならば無理して日本に居つく必要もないでしょうに、こうした連中がいるのは残留孤児と言われているのがほとんどがいんちきか、たまにものほんだとしても、中帰連の連中みたいにむこうの主義主張に同心した連中のみの「特権」なのでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

金が儲かるんですかw

それならいくらでも反日の話を偽造して送ってやりましょうかのwwww

週刊新潮がチャイニーズ無料新聞を。m(_ _)m

拝啓、管理人さん
反日日本人の活動は凄まじいものがあります、その二大巨頭が菅
小沢両氏であります。

その一派に報道規制を得意技とする原口総務相がおります、

繰り返されるチャイナの尖閣侵略が殆ど報道されないのが、その動かぬ証拠であります。

チャイナの尖閣侵略に断固として反対します。
宣伝ご容赦下さい。

付記URLより
元警視庁通訳捜査官である坂東忠信氏サイト
「 外国人犯罪の増加から分かる事 」
にて
尖閣諸島侵略計画の解説記事がございます。

尖閣侵略は周囲の知人に警鐘を鳴らしておりますが「戦争にならなければ良い、平和が一番だ 」

と既に間接侵略と云う宣戦布告無き戦争が始まっている事に気付いている者は殆どおりません。


坂東忠信氏の新刊
日本が中国の自治区になる

産経新聞出版

更には、河添恵子氏ブログ。

河添恵子氏の著書
中国が世界を喰い潰す。
産経新聞出版

中国人とは愛を語れない。

僅か乍、希望の芽として
今週号の週刊新潮に
日本国内におけるチャイニーズの跳梁跋扈
、日本の生活保護及び日本での居座り方を詳細に解説したチャイニーズ向けの無料新聞=フリー・ペーパーについての特集がありました。
関連し、アグネス・チャン氏の日本ユニセフ霊感商法が取り上げられました。
ご高覧下さい。

私自身は、シナ語を読む事が出来ませんがその類いのフリー・ペーパーをよく見かけております。
m(_ _)m
僭越乍乱文にて 敬具

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

何度も人民公社の大礼堂(講堂のような場所)で、彼に対する200人位の批判大会が行われた。その批判大会のやり方は、彼は台の上に立ち、紅衛兵や人民公社の社員などが下に座って、彼が犯した様々な「罪」を証言し、大声を出して指摘することだ。

→なんて恐ろしい事でしょう。おじさんの心情を考えると胸がつぶれそうになります。このような場面は映画などでよく見てきましたが、実際のお話を聞くと改めてその残酷さに慄然とします。

全く管理人さんの言うとおりです。良心的日本人を自称する連中は、自分の行っていることがこうした中国人を利用して名誉と金を手に入れることに気がつかないのでしょうか?恥を知れと言いたいです。

管理人さんもご覧になったかもしれませんが、先日チャンネル桜に出演なさった古谷さんという若者が面白い指摘をされていました。曰く「左翼の人達は自分しか見ていない。強烈なナルシストである。彼らは善良なことをしている自分がとっても好きなのだ」と。その通りだと思います。宜しければ是非ご覧くださいませ。

「日韓併合の真実 その3」後半に該当の発言あり。

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#p/u/18/yFTweH9AvyQ

応援クリック

東照大権現家康公は郷土の英傑です。

いつもお疲れ様です。
 ご自分のお父様に衆人の前で嘘の批判をせねばならなかったおば様。ショックを受けて、亡くなられたおば様のお父様。親子が互いに受けた傷は、如何ばかりかと。このような非人間的な支那共産党を許すわけにはいきませんね。
 以前のブログでアメリカの工作員とおっしゃっておられますが、支那共産党と蜜月なのは、オバマオと揶揄されているオバマ民主党なのでしょうか?かねてから、米国民主党は中国寄りと言われておりますが、支那でも同じような認識ですか?
 米国民主党支持者(?)スピルバーグ監督が関わった「ザ・パシフィック」という大東亜戦争時の米兵の残忍な行為を描いたといわれる作品があります。この時期に何の利益があって、両国民の感情を悪化させるような作品を?と常々疑問を思っていたのですが、日米同盟を一番疎ましく思っている支那共産党と結託した力が働いていたりするのでしょうか?捕鯨問題でも、シーシェパードのスポンサーはハリウッド関係も多いとか。(日本を孤立させる意図?)
 手前勝手な正義を振りかざす米国も腹に据えかねる時はありますが、目下は対支那で何とか協調せねばなりません。
 ブログ主様ご指摘のとおり、日本の法曹には左巻きと言うより売国奴と言うのが相応しい人が多いです。(そして議員にも)これは、主権国家のものと思えない「脳みそお花畑憲法」のせいもあるかと。こんなものを後生大事に勉強していては…。
 目下日本の一番の課題は、この占領憲法の改正だと思います。それがはじめの一歩だと。
 いつも日本に最大のエールを送って下さり有難うございます。毎度長文で失礼を。今後もご活躍を期待しております。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。