スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日日本人の反日ビジネス(一)

反日日本人の反日ビジネス(一)

ビジネス大国の日本では、ある特殊なビジネスがある。それは反日ビジネスである。反日ビジネスを営む人々は、通常、民族主義者から「左翼」と呼ばれる場合が多い。しかし、日本左翼がやっている偉大な事業は、諸外国の左翼と比べて、あまりにもおかしすぎる。世界中の「左翼」の人々の顔に泥を塗らないために、反日日本人の名前がもっとも相応しいと思う。

反日日本人の中で、代表的な職業は弁護士。特に自ら人権弁護士の名を名乗って、外国人の自称慰安婦や自称強制連行やほかの戦争被害者の代理人を勤め、日本の裁判所で損害賠償訴訟起こす人々だ。彼らはよく特定外国人に「正義の味方」「日本の良心」と呼ばれ、日本の弁護士の中で珍しくない存在だ。しかし、彼らは本当に「正義の味方」なのか?それともただ弁護料を稼ぐために、必死に働いているのか?私は後者だと思う。

なぜ日本の弁護士の中に、外国人の自称戦争被害者に代わって、自国政府への損害賠償を行うというビジネスで稼ぐ弁護士が多いのか?それは多分日本人の国民性が決めた事だ。他の先進国家と比べて、日本人は何かトラブルがあったら、裁判所で訴訟を行うより、お互いに話し合って解決することを好むようだ。そこで、日本の弁護士の数はアメリカなど主要先進諸国に比べても低い値である。しかし、日本の司法試験の難度は、資格試験の中でもっとも難しい試験である。難関大学に入って、難しい司法試験に合格したが、結局訴訟のケースは少なく、稼げない。これらの人々にとって、この状況は大きな損失ではないのか。

日本は第二次世界大戦中に敗戦したが、国民は力を合わせ、豊かな国になった。しかし戦後の日本国民全体は日教組に洗脳されて、自虐の意識が高まり、司法機関にも左翼思想の持ち主が多くいる。そして、特定アジアから来た自称慰安婦が起こした裁判で、賠償金を払うことにした。そのような裁判と判決から、日本でなかなか稼げない弁護士達は、新たなビジネスチャンスを見つけた。それは、アジア諸国を訪ねて、「旧日本軍の戦争被害者」を募集し、そしてそれらの「戦争被害者」の弁護士として、日本政府に損害賠償を行うことだ。お金をもらえるチャンスがあれば、もちろん皆お金を欲しがる。かつてある弁護士はインドネシアを訪れ、地元紙に「元慰安婦は、名乗り出れば200万円を貰える」という内容の広告を出した。 そして短期間で2万人を超える自称慰安婦が集まった。しかし戦時中、インドネシアにいた日本兵は約2万人だった。なんと一人の日本兵に対し、一人の慰安婦がいるという馬鹿なことになった。

なぜそれらの弁護士はそのような「戦争賠償ビジネス」を営むのが好きなのか?私はこのように考えている。元々、旧日本軍が行った所は、貧乏な国、発展途上国が多かった。しかも自称慰安婦は元々売春婦であり、特に豊かではない国出身の彼女らにとって、物価水準の差があるため、少しのお金を貰えばすぐ満足したと思う。そのため、弁護士は最大限の報酬を手に入れることができる。さらに、社会大衆に自分が弱者を助けたイメージをつけ、まさに名誉と利益の両方を手に入れることができる。国家の名誉?それは構わない。どうせ戦敗国だから。彼らはそのような心理であると私は考えている。 (つづく)



反日日本人が大嫌いだと言いたい方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO      豚の微笑み

テーマ : サヨク・在日・プロ市民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大刀行曲なる歌がある様だが、今でも歌われるの?
酷いよね…日本人の頭を大刀で叩き割れ…ですか?

No title

 プロフィールを読んで、泣けた。
かって、日本は支那に対して、
「眠れる獅子よ、とく醒めよ。醒めて亜細亜の為に鳴け」と謳った。

 ここに、本ブログの管理人を見た。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

弁護士に多い反日日本人

支那豚さん、毎日更新ご苦労様です。
ご指摘のように反日の弁護士っておおいですねー。
反日で弁護士活動をしている輩もいますが、国会議員の中にもかなり反日弁護士がいるようです。この前の参議院選挙で落選しましたが千葉恵子なんかもそうですし、特に民主に多いようですね。







No title

弁護士にも成り済ましの朝鮮系多いと思います。
私立医大生は☆ほとんど朝鮮人ですhttp://desktop2ch.net/doctor/1276518642/

はじめまして

昨今と言うべきか、元日本兵だと言う人が戦場で虐殺したとか、強姦したとか、自身の犯した過去の「悪事」を暴露して、勇気ある行動として賞賛されるケースがあるようですが、胡散臭いと思います。
いまさら暴露したところで、別段、彼らを糾弾しようなんて話はどこからもてでくるわけではありません。要するに自国の敗戦に便乗した奇麗事でしかありません。これらの連中の中でどれだけその「悪事」が自国の面汚しだと言う自覚があるのか興味深いです。
大方、彼らは本音では自分はそれほど悪人だとは思っておらず、むしろ「軍国主義」の犠牲者だと言う立場を強調したいのであって、それを強調するためならば、そうした過去の「悪事」すらもフィクションをでっち上げていると思います。何しろ、本音では自分が悪いとは思っていないのですからね。

No title

>>百度(Baidu)や新浪、Googleチャイナ等の掲示板サイトには、こんな内容の文章が数十件上がっている。中国侵略に加担した日本軍250万人のうち韓国国籍者は160万人だった。 裁判の結果、韓国出身の戦犯148人が有罪を宣告され、23人が死刑になった。----「中国人が忘れてはならぬ歴史、南京虐殺の韓国人」

南▽虐殺は、どうも日本人でなく韓国人がやったらしいのだよ。「南京虐殺をやらかした日本軍のうち40%が韓国人だった。」「髷頭の朝鮮人らは、子供たちさえも見逃してはやらなかったそうだ。」 「韓国人は日本人よりも残酷に民間人を虐殺・強姦したという現地人らの証言がある。」「韓国人は日本に積極的抵抗もせず、猟犬の役割をするばかりだった。」---これらの文章は、 当時、松井石根が率いる第15師団所属の「朝鮮人部隊」が虐殺の先頭に立ち、日王の表彰まで受けた。 松井は後日、東京の極東国際軍事裁判でこの事実を証言した。 中国侵略に加担した日本軍250万人のうち韓国国籍者は160万人だった。 裁判の結果、韓国出身の戦犯148人が有罪を宣告され、23人が死刑になった、としている。「中国人が忘れてはならぬ歴史、南京大虐殺の韓国人」(百度・2006年10月17日)「歴史事実: 南京大虐殺で日本軍より残忍だった韓国人」(Googleチャイナ・2008年10月3日)
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。