スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那の一番の武器=人

支那の一番の武器=人

生まれ育ちがシナ人の私は、実際にシナが大嫌いだ。自分の祖国だったのに、なぜ愛する事できないのか。私も時々自分自身に聞きたい。シナという国、厳格に言うと、現代意義上の国ではなく、巨大なヤクザ集団のようなものだ。シナ人は極端な個人主義者、利己主義者、差別主義者が非常に多い、シナ人の権力欲、他人への支配欲は、ほかの民族と比べても、ずっと強い。シナ人は道徳がないとはいえない。古代から伝わった道徳の本に、人と行為、節操に関する内容は山ほどを記載されている。しかし、シナ人の道徳は、他人を教育するために書いた物である。自分はその道徳に従う気はまったくない。他人に厳しい、自分に甘い。そのような唯我独尊(ゆいがどくそん)の性格と自己中心の思想は、独裁者が育ちやすい温床である。シナでは永遠に独裁者が消えることはない。

それぞれのシナ人の頭の中では、自分が独裁者、自分が皇帝。そこで、シナ人はいつもに他人に配慮をしない行動する。日本の自主国防や核武装を主張している方は、シナ人は国際社会からの批判と非難を配慮し、日米安保条約を解消しても、すぐに日本の核施設を攻撃することができないように述べている。その方がおっしゃった通り、私は日本の歴史や日本の技術の素晴らしさについて詳しくない所が沢山あることは認めるのが、シナ人のことは、普通の日本人よりよく知っているはずだ。シナ人は国際社会からの批判と非難を配慮する民族なのか?

もし そうだったら、なぜ全世界の目の前で、平気で自国の国民を殺し、しかも全く反省はなく、今でも鎮圧の正当性を強調し、嘘を付き続けているのか?世界中の沢山の人々が、集中して批判している「シナ軍のチベット大虐殺」、「チベットへの侵略」等、シナ人は完全に無視しているではないのか。なぜシナ人はいつも旧日本軍の様々な「戦争犯罪」をでっちあげて、国民に被害者意識を付けて、世界中に南京大虐殺のプロパガンダを行っているのか?それはいつでも対日戦争を発動できるように世論を作っているため。シナ人民共和国は建国してから、反日教育、仇日教育は一度も中断したことがなかった。ただ反日の程度がそれぞれの時期で違っているだけだ。シナ人自身も「政府による対日戦争の戦争動員の必要はない、我々は必ず命をかけて前線にいく」と言っているのに、なぜ日本人はそれ程油断した発言をするのか?普通のシナ人の若者もそのような発言をしているならば、シナ軍の軍人はさらに言うまでもない。現任のシナ国防大学の政委 劉亜州は、対日戦争を強く主張している張本人。この人はシナ軍官を培う最高学府の思想指導者であり、しかも親米派。もし、日米安保条約を破壊したら、シナ軍はそのチャンスを逃すわけはないと思う。さらに、シナ人は日本の原発を核武器製造施設に転換することを気にしているらしい。まして本当の核武器の製造施設だったら?

シナ人は、アメリカのように、他国を攻撃したい時、すぐ攻撃できる覇権国家になるのを強く望んでいる。シナはアメリカのような抜群の軍事力と日本の先進の技術力を持っていないが、世界中の人々を一番怖がらせる武器を持っている。それは人だ。核武器の時代、日本の技術力はいくらシナより優れていても、シナ人の「人海戦略」には勝ちにくいと考えている。なぜならば、シナ政府はシナ人の命を惜しまないためだ。毛沢東は昔「我々は、核戦争は全然恐くない、核戦争でたとえ半分のシナ人が死んでも、まだ半分が残るから、人口はすぐに回復する」と豪語した。また、かつてのシナ軍の朱成虎少将も「人口問題を解決するには、核戦争が最も有効にして手っ取り早い方法だ」、「我々は他の民族より人が多く、だから中華民族は必ず核大戦のなかで、最後の勝利を得られる」のような毛沢東と同じ趣旨の発言をした。シナのインターネットで毛沢東と朱成虎のように、核戦争を望んでいるシナ人はかなり存在している。本当に怖い民族と言える。個人的にどうしてもそのような民族を愛する事できない、いかにも自分の母国でも。


ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO メガネの豚


テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

政府高官だけは、シェルターに入れるんでしたっけ?(笑)

尖閣諸島への上陸、占領計画。m(_ _)m

拝啓、管理人様別スレッドご容赦下さい。

人海戦術と
それと連動する移民その他の間接侵略
更には前記を支えている反日教育は危険極まりないものです。

知人に警鐘を鳴らしても中々実感が湧かぬ様であります。


チャイナの尖閣諸島上陸、占領計画の動画が

ユウチューブで、
「 尖閣 」で検索しますと動画が御覧になれます。

乱文にてm(_ _)m敬具

No title

逆を言えば、中国政府がその一番の武器を最大限に利用する術を覚えた時点で、中国に勝てる国家など一つもなくなるのですけれど。。。

即ち、人的資源を最大限に利用するための、法の平等、表現の自由、信賞必罰、差別の撤廃、環境への配慮、治水災害への防備と灌漑設備や治山・砂漠化防止等。
中国共産党がその強権を背景にこういう政策を打ち出し始めると、もはや中華人民共和国にどの国家も勝てないでしょう。

……そして、そんな中国・中国人だったとしたら端っから脅威でもなければ、問題でもないんですけどね。。。

シナ豚さま

シナ人は日本が居なかったら永久に世界(世界観)など分からなかったでしょうね!

素朴な疑問でした‥
(笑)

池袋のシナ人が占領して地元民と対決姿勢をマスコミが放送しない。日本のシナ人はシナに送還しろ。シナ人が山林を買い水資源を買い占めしている。日本政府に警告します。世界の癌のシナです。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。