スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日中友好」は日本を滅ぼす

「日中友好」は日本を滅ぼす

元々この言葉はシナ出身の評論家の石平さんの一冊の本の書名である。私もここで同じような話をしたいため、あえて借りてきた。ヤフーブログ時代、一人のシナ人は私のブログにいくつかコメントを残し、私がブログに書いた内容に対し批判した。しかし、私が二言三言のコメントにて返事をした後、この人は何の反論もできなかった。最後、この人は「お前は日中友好関係を破壊しようとする」とのコメントを残して、ブログから消えた。その後、その人のブログを見つけたが、在日シナ人の留学生であったようだ。

実は、今のシナのインターネットでも、五年、六年前から露骨な反日的な書き込みは段々と減ってきた。代わりに「日中友好」「日本人の中に侵略戦争を反対する良い人がいる」等の書き込み一色となった。まさかシナは今までの反日路線を転換したのか?いいえ、シナは言論の自由がない国、インターネットの書き込みは、シナ共産党各級党機関の宣伝部門が操っている。共産党に都合が良い、あるいは害がない書き込みだけを残している。さらに沢山のネット評論員を雇って、政府の意向に沿うように世論を誘導している。シナ共産党にとって、2005年のような反日デモが、再度起こるのはかえって不利である。「日中友好」を唱えて、日本の左翼や親シナ派を籠絡し、日本から金銭、技術を獲得し続けることは一番シナの利益と合っている。

そもそもシナ人の間での、友達関係は「利益」と「メリット」とほぼ同じ意味である。友達になったら、お互いに秘密の交換や金銭の借貸等がしょっちゅうある。もし、この友情が本当のものならば悪いとは言い切れない。しかし、シナ人自身も「一番怖い敵は友達」、シナ人同士の友達の間に本物の信頼関係を築くことはとても難しく、一旦お互いの利用価値がなくなったら、昔の友達は、一番怖い敵になるかもしれない。「日中友好」など、あくまでもシナ共産党が日本人から利益を取るための手段である。シナ共産党は常にその「友好」の主導権を握っている。シナ共産党は日本人から欲しいものを全て手に入れたら、すぐに悪魔の正体を現すのは間違いない。

 現在、シナ共産党の海外プロパガンダ機関は、必死にシナ経済の繁栄、国家の進歩などを世界中にアピールしている。その目的は二つあり、一つは、友好の旗を掲げて、媚シナ派の外国人を培い、シナ共産党に有利な世論を作らせて、外国人から最大限の利益を獲得することを狙っている。もう一つは、虚偽の経済繁栄を製造し、次々と世界中の投資家のお金を騙し取り、独裁政権を維持させる。シナ政府が公表した経済数字など、私は全く重視する気はない。外国人を騙すだけのものだ。小さい頃から二、三十年の間に私が知っていたシナの新聞やニュースは、殆ど経済増長の数字や人民生活水準の向上や国力の増強等の内容ばかりだ。もしそのプロパガンダが信じることできるものならば、シナはすでに世界一裕福な国になっている。

たまに、私は日本のネット掲示板でシナ人工作員と出会う、彼らのプロパガンダに対して、私はいつもこのように返事する。「そうだね、シナはすでに世界一の経済大国だね。強大になったね。しかし、なぜお前はまだ日本にいるの?早くシナに戻って、国の為に力を尽くしなさい」すると、殆どのシナ人が返事せず、彼らの嘘も簡単にばれた。

私は「日中友好」に断固反対。子供の頃から腹黒くなる学問や陰謀を運用する方法等を習っているシナ人と比べ、日本人は善良すぎる。シナ人に簡単に騙されないように、シナ人と付き合わないほうがが一番いい。小さなブログだか、もし本当にあの在日シナ人留学生が言った「日中友好関係」を破壊することができれば、個人にとって一番の嬉しいことだ。

「日中友好」はシナ共産党の対日プロパガンダと思っている方は、クリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO メガネの豚





テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

連日の更新お疲れさまです

シナは言論の自由がない国、インターネットの書き込みは、シナ共産党各級党機関の宣伝部門が操っている。

→ええええー!そうなんですか?!!

最近、ネット上で何やら親日的な書き込み(日本ではなく中国のサイトなのですが)が増えて、「あれ、中国人とは仲良くやっていけるのかしら?」などと思い始めてしまっておりました。

やっぱり共産党政府は侮れませんね!気をつけます。

猛暑の中、次々と胸のすくようなエントリー有難うございます。応援クリック!

No title

結局、欧米の友好も「友好=利益」ですからその感覚は間違っていないとは思いますけれど。
ただし、欧米の発想では「友好=相互利益」なんですよね。。。

長い目で見れば、短期利益をただ追求するよりは、少し損をしてでも相互利益を追求した方が自分にとっての利益を最大化することが出来るという簡単な話なんですけれど。

自己利益のみという発想の中国人が一刻も早く「相互利益=自分にとっても最大の利益」ということに気付くことを願っております。
その時こそ、本当の意味での日中友好が築けることでしょう。

そして日本人も友好の意味を履き違えることを改めれば、もっと上手く世界中と付き合える筈なんですけれども。。。

お知らせ

×滅ばす---バ
○滅ぼす---ボ

結局日本と支那は似て非なる民族

支那豚さん、おはようございます。猛暑の中、精力的な更新ご苦労さまです。
欧州と日本に有って、日本以外のアジアに無い物。それは、中世という封建社会の経験です。この時代を経験した国は法を順守し、相互信頼を築く社会を目指しますが、力が全ての時代しか経験が無ければ、法の遵守等屁の役にも立たず、寧ろ力の有る者がより力を発揮するように変えられるのが法だ。との思いしか無ければ、特亜の動きは理解し易いでしょう。
所詮支那、朝鮮と同じ感覚を共有できる、と思うのが間違いなんです。その勘違いの原因が、日本がアジアの中に有る。という事ですね。特亜がこちらの意をくんでくれる等というのは、只の幻想でしかありません。

暖かな視線

初めてコメントいたします。HNからお分かりかと思いますが、団塊の世代よりかなり前の年代になります。
支那豚さんのブログを拝読するようになって未だ間がありませんので、出来る限りさかのぼって読ませていただきました。
支那豚さんのブログ意外にも、博士の独り言、中韓を知りすぎた男(現在休養中)、依存症の独り言、アジアの真実、新世紀のビッグブラザーへ、経済ブログ(沖縄産)などなど
色々と読ませていただいております。それらの中で支那出身の支那人である貴方のブログは、とても新鮮に感じられ、日本人に対する暖かな視線を感じております。
応援しております、これからも続けてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

共産党の友好は本当の友好じゃない

心底では世界で仲良くやりたいと思ってます。
しかし、利益を得るための友人付き合いは、友人ではないですよね。
共産党の口車には乗りません。
四川省で大地震があったときも、日本が助けた時は中国人が喜んでくれてたけど、その日本を現在、侵略しようとしてるわけだから。
そういう国だということが分かってるので、しばらくの間は、日中友好は無理だと思います。

No title

日本人は日本を大切にしなければならないと思います。今まで水も空気もただの感覚でしたが、環境汚染してはじめて水の大切さ、空気の重要なことがわかってきます。日本は変な政府や在日などの異種人が増え、社会が環境汚染されてきました。だんだん日本の大切さがわかってきました。環境汚染対策しっかり考えねばならないことになりましたね。絶対に汚染人を野放ししてはならないと思います。日本人は強くならねばなりません。中には超汚染人も沢山います。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。