スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那人生活保護問題

中国人大量申請、生活保護決定を先送り…大阪市

 日本人の親族として来日した中国人48人が入国直後に大阪市に生活保護を申請した問題で、平松邦夫市長は15日、16日に保護決定期限を迎える6人について、期限内の判断を見送る考えを明らかにした。在留資格を巡る大阪入国管理局の再調査が続いており、「検討材料がそろわない」のが理由。毎月1日の保護費の支給手続きに影響せぬよう、23日までの最終回答を大阪入管に求めている。

 生活保護法は、申請を受けた自治体が、30日以内に保護の要否を決めなければならないと規定。市が保護決定を保留している14人のうち、6人が16日に期限を迎えるが、入管側は「まだ調査結果を示せる段階ではない」としている。また、48人の身元引受人は、福建省出身の在日中国人2人であることが判明。市は2人の資産状況や扶養の意思などについて、入管とは別に調査を進め、扶養能力の有無を独自に判断する。

 中国残留邦人の親族48人が来日直後に生活保護を申請していた問題で、大阪市の平松邦夫市長は15日の記者会見で「(親族の在留資格を再調査している)大阪入国管理局の回答がなく、検討材料がそろわない段階では軽々に判断できない」と述べ、保護決定を出していない14人に関し、引き続き保留扱いとする意向を明らかにした。大阪入管の回答を23日まで待ち、保護費支給の是非を判断する。

 生活保護法は、申請から30日以内に保護の是非を決めるよう規定する。市によると、親族のうち6人はその期限が16日、8人は21日に迫っていた。30日を超える場合、申請者は却下されたとみて異議申し立てできるが、市は親族に事情説明し、理解を求めるという。

 また市は、親族が入国する際にたてた身元保証人が中国籍の2人で、扶養の意思や資産状況について調査することを明らかにした。他方、こうした要保護状態にある残留邦人の親族への経済的支援が生活保護以外にないとして、国に対し、人道上の観点から別制度の確立を求める方針。【平川哲也】
 
豚のダンスFC2 BLOG LOGO豚の怒った顔

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。