スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撫順日本戦犯収容所の真実三

撫順日本戦犯収容所の真実三


講演会を聞いている様子
fu2

管理所の職員が日本人兵士と話している様子
fu6

(携帯で中国語表示できないため、原文の中国語省略)


おおむねの日本語訳

 我々は、下級日本兵の中の90%が、貧しい労働者の家庭で生まれたことを知ったので、一つのアイデアを思いついた。それは、「悲惨な我が家の歴史を述べる講演会」を行うことだ。我々は、これらの日本兵の中から、一番貧しい家庭出身の日本兵を選んで、彼らに実家の悲しい物語や、どのように資本家より迫害されたのか、皆の前で演説させた。

 これに対して他の貧乏な家庭出身の日本兵も共感を持ち、物凄く効果があった。講演会を終えた後、殆どの日本兵は涙をこぼした。すると、同じ貧乏な家庭出身の日本兵はだんだん我々の味方になった。呉浩然は「下級日本兵自身やその家族の貧乏や悲惨な生活は、運命によるものではなく資産階層の搾取によるもの、天皇は慈善の神様ではなく、日本搾取階層の総代表であり、天皇に従うのは、つまり資産階層に命を渡すことだ。だから、日本兵は自身が罪を犯した、恥ずべきであると感じなければならない。」と回想した。

 二年の思想教育をかけて、下級日本兵の中、80%の人は自ら「罪」を認めた。さらに彼らは自分たちの犯した2980罪状を作成、637件の他人告発文を提出した。


シナ豚の結論:当時管理所にいた日本兵は皆、早く日本に帰りたい気持ち、家族に対する思いは非常に強かった。しかしながら、シナ人は、そのような気持ちに乗じ、家族物語の講演を利用し、貧しい家庭出身の下級日本人兵士の、裕福な家庭で育った日本人上級軍官や上層の日本人に対する不満を煽った。そして管理所内の日本人を分化させて、自覚のないうちに80%の日本人兵士は、シナ人の味方になった。つまり「我々は中国人だけど、日本人兵士と同じ貧しい家庭出身です。世界中の貧乏な人こそ、本当の仲間だ」という思想を下級日本人兵士は注ぎ込まれた。そして、これらの日本人兵士は、シナ人に「恩」を返すために、管理所職員の意思に沿えて、自ら犯していないはずの罪を認めた。

これはシナ共産党のお家芸、地主を粛清したとき、資本家と闘争したとき、よく使う常套手段。同じ五十年代、シナ各地の農村で行った「地主粛清運動」の中でシナ共産党幹部は、農民たちの地主に対する憎みを煽るために、ある方法を使った。実は昔のシナ農村では義理人情を重視する、素朴な農民がかなり多く、何の仇もない地主とその家族に、冤罪をつけて死に至らせるのは、普通の農民達はどうしてもできなかった。そこで共産党幹部は、農民の中の素行が悪く、人間性欠如のごろつきを選んで、彼らに地主の罪状をでっちあげさせて糾弾させて、さらに貧しい農民の悲惨な家族物語を演じる「白毛女」などの映画や演劇を農民たちに見させて、人々の共感を得て、その直後に公判大会を行って、地主を即座に銃殺した。シナ共産党の言葉で「発動群衆」とはそういうものだ。しかし、仇討ちを重視するシナ人と違い、日本人は報恩の気持ちが非常に強い。もちろん共産党も知っていた。そこでそれらの日本人に虚偽な恩恵を与えて、デタラメな罪を認めさせることに成功した。

 本文最後の数字に注目して下さい。700人余りのうち80パーセント、つまり560人の日本人の犯行は2980条あり、一人平均は6条もあります。信じ難い奇妙な話だ。
                                    
 (つづく)

シナの戦犯収容所で見事に「改造」された日本人は非国民と思っている方は、クリックよろしくお願いします。


豚のダンスFC2 BLOG LOGO      メガネの豚

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

とても 有意義に読ませてもらいました。

知らない歴史にふれさせてもらいありがとうございます
これからも がんばってください

アカの手口そのものですね。
人の嫉妬を掘り起こし、猜疑心を植え付け、煽り、怒りに火を付ける。
後は暴力を正義に偽装する。
その後、出現するのが恐怖政治。
嫉妬と猜疑心の囚われ人となった人々の信じられるものは「金」のみ。
支那人・朝鮮人は商いでの信用を勝ち取るより、手っ取り早く儲ける事に執着する。
支那人・朝鮮人は資本主義も共産主義も理解していない、どちらも実現させる事は不可能。
嫉妬と猜疑心の塊である彼らに出来る事は「詐欺」・「横領」・「買収」でしょう。
支那人・朝鮮人は国際社会さえも欺こうと躍起になっつ居ますね。

テレビ

私の叔父は、安東の東洋紡で働いていた工員でした。大東亜戦争には全く参加していません。
終戦と共に進駐した八路軍に捕まって、昭和28年まで抑留されました。
毎日のように思想教育が有り大変だったそうです。しかし全く洗脳されずに帰って来ました。しかし数年間はそのトラウマに苦しめられたそうです。

中帰連の気違いを除けば、洗脳されたままの日本人なんてほとんど居ないと思います。
昔のことを知ってる人が居なくなったことを良いことに、毎日の様にテレビで嘘話を流し、戦後生まれの人達が騙されているというのが、今の日本なのでは無いでしょうか。

Re: No title

> とても 有意義に読ませてもらいました。
>
> 知らない歴史にふれさせてもらいありがとうございます
> これからも がんばってください


なりと様

ご訪問頂き、ありがとうございます。

これからも皆様のご期待を添えるように頑張ります。

今後ともご指導の程、よろしくお願い致します。

Re: タイトルなし

> アカの手口そのものですね。
> 人の嫉妬を掘り起こし、猜疑心を植え付け、煽り、怒りに火を付ける。
> 後は暴力を正義に偽装する。
> その後、出現するのが恐怖政治。
> 嫉妬と猜疑心の囚われ人となった人々の信じられるものは「金」のみ。
> 支那人・朝鮮人は商いでの信用を勝ち取るより、手っ取り早く儲ける事に執着する。
> 支那人・朝鮮人は資本主義も共産主義も理解していない、どちらも実現させる事は不可能。
> 嫉妬と猜疑心の塊である彼らに出来る事は「詐欺」・「横領」・「買収」でしょう。
> 支那人・朝鮮人は国際社会さえも欺こうと躍起になっつ居ますね。


ハタラキアリ 様

いつも拙ブログにコメント下さり、真にありがとうございます。

まったくおっしゃったとおりでございます。シナや朝鮮は人類の敵だと思います。自国民や他国民に対して、
様々な残虐な事件を起こしたにもかかわらず平和国家を唱えて、自らの悪逆非道行為は一切に認めずに、一方的に日本を非難し、日本に強引的な土下座外交を迫っているのであります。

しかし、マスコミや戦後GHQに洗脳された一部の日本人は、シナの虚偽な経済繁栄を騙されて、悪魔のシナ共産党に迎合し、 嘘まで捏造して日本人を支那共産党に売り渡そうとします。そのまますると日本は危ないです。
日本を救うために、一緒に頑張ります。

Re: テレビ

> 私の叔父は、安東の東洋紡で働いていた工員でした。大東亜戦争には全く参加していません。
> 終戦と共に進駐した八路軍に捕まって、昭和28年まで抑留されました。
> 毎日のように思想教育が有り大変だったそうです。しかし全く洗脳されずに帰って来ました。しかし数年間はそのトラウマに苦しめられたそうです。
>
> 中帰連の気違いを除けば、洗脳されたままの日本人なんてほとんど居ないと思います。
> 昔のことを知ってる人が居なくなったことを良いことに、毎日の様にテレビで嘘話を流し、戦後生まれの人達が騙されているというのが、今の日本なのでは無いでしょうか。

八目山人 様

拙ブログへのご訪問および貴重な情報を頂きまして、誠にありがとうございます。

シナで育った私は小さい頃から、ずっとシナ共産党の教育を受けていました。シナ憤青ほど反日ではなかったですが、決して親日とは言えませんでした。日本が嫌いだった最大の原因は、やっぱりシナ人が捏造した旧日本軍の残虐な話のせいでした。1990年代から、シナのテレビでも中帰連の人のような旧日本軍の兵士が
よく出ていました。それらの日本人は、「昔シナ人を食った」「昔シナ人の妊婦と赤ん坊を惨殺した」など残酷な話ばかりテレビで喋っていました。その後、日本語の勉強をしながら、段々彼らが言った内容に疑問を持ち始めました。そこで自らの調査を加えて、日中戦争の真相を解明すめために、色んな努力をしました。
最後、南京大虐殺や731部隊等のことを全て嘘偽りのものであることがはっきりわかりました。2001年からシナから離れた後、色んな資料を入手できて、インターネット中心に南京の大嘘などをシナ語で世界中に発信していました。

 

最投失礼

先程は書きませんでしたが、叔父から聞いた話です。
八路軍に捕まった民間人が千人ほどころされたそうです。
ころされた人達はどう言う人かというと、
①長の付く人(部長とか課長)
②日本で大地主だった人
③人事部に所属していた人 達だそうです。

叔父の家も日本では地主だったので危なかったのですが、染色という技術を持っていた為、ころされるのを免れたそうです。しかしその為、何時までも帰してくれなかったそうです。(その技術を使って働かすのと、中国人に技術を伝授するため)

聞いても、このころす人達の人選は理由が今ひとつわかりませんでした。管理人さんはわかりますか。 

No title

こんばんは、またお邪魔します。
私は人種差別主義者ではありませんが、朝鮮人はやっぱり異質な連中だなと思います。
日本でヌクヌク60年暮らしてても

>その後、日本語の勉強をしながら、段々彼らが言った内容に疑問を持ち始めました。そこで自らの調査を加えて、日中戦争の真相を解明すめために、色んな努力をしました。

こんな支那豚さんみたいな方はゼロに近いでしょう。
密航して来たくせに強制連行と言い張る永遠の被害者。
だから誇るべき歴史も文化もないんですよね。

旧ブログからの移設、ぼちぼちで無理なさらずに^^
更新楽しみに待っています。

No title

八目山人 様

八目山人 様の質問内容は、当時、シナ共産党が行った「鎮反運動」、つまり「鎮圧反革命分子運動」を関連していると思います。

終戦当時、旧満州国(東北)の共産党リーダは、支那共産党八路軍の根拠地(国民党政府以外の独立王国)である陜北出身の高崗。支那共産党八路軍はソ連の助けのもとに,終戦の頃、国民党政府がコントロールした東北都市部の周辺地域に根拠地を作りました。御叔父様はそのとき、八路軍に捕虜されたではないかと考えています。八路軍は、根拠地の民心を取るために、二つの運動を展開しました。一つは土地改革、二つは鎮反運動(シナ共産党は政権を取った後、根拠地で起こった二つの運動をシナ全国に推進)。土地改革、つまり地主を殺して、彼らが持っている財産や家屋や土地など、農民に配分することです。鎮反運動、つまり悪い奴、反革命分子を殺すことです。シナ共産党は告発制度を奨励し、捕まえた地主、反革命分子、捕虜などに公判大会、いわゆる人民裁判を行いました。そして、平時沢山のシナ人の不満を買った日本人会社の課長、部長、人事の仕事を担当した日本人捕虜が選ばれたと思います。前の文でも書きましたが、シナ人は非常に報復を重視している民族で、小さな恨みがあっても、必ず報復する。

簡単の回答を失礼しました。

シナ人の噂

八目山人 様 へ

 八目山人 様のご質問について、海外に在住の旧満州国出身のシナ人友達に尋ねました。

 彼の話によると、旧満州国のシナ人の間に、そのような噂があった。昔満州国の日本人工場で働いたシナ人工員らは、もっとも部長や課長及び人事部の人を憎んでいた。なぜならば、彼らはいつもシナ人工員らをいじめるそうだ。八路軍が来てから、自ら正義の味方や貧乏人の救世主と言い、日本人の民間人を捕虜したら、必ずシナ人工員に「悪い奴」と言われた部長や課長及び人事部の人を殺す。

 
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。