スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撫順日本戦犯収容所の真実二

戦犯管理所で日本人が水餃子を作る姿

fu7

日本人捕虜の思想教育の為、戦犯管理所で製作した日本語演劇

fu5

     撫順日本戦犯収容所の真実二

(携帯で中国語表示できないため、原文の中国語省略)

おおむねの日本語訳

 一番最初に日本戦犯らに思想の教育を行ったのは呉浩然と張夢実で二人は管理所の職員だった。「撫順市誌」の記録によると1952年2月に周恩来総理は「これらの戦犯をしっかり教育し、罪を認めさせる」という指示の前に、呉浩然と張夢実はすでに管理所の中で戦犯学習組を開設していた。

 早稲田大学で卒業し、日本人の国民性を理解し、日本語堪能の元満州国国務総理大臣の息子張夢実さんは、レーニンが書いた日本語版の「帝国主義論」の本を「日本戦犯」達に勉強させる事をはじめて提案した。吴浩然さんは「戦犯学習組」を開設し、80人余りの勉強することを望む日本人を、六つの学習クラスに分け、資料を渡して、討論させた。日本の大學に入れなかった大河原孝一にとって、収容所はまるで大学のような存在だった。彼は学習組のリーダーを勤めるだけではなく、25人のメンバーを集めて学習討論会を行った。


シナ豚の結論
シナ人が日本人を改造する第一歩は、いわゆる思想教育、つまりシナ共産党の思想を日本人の頭の中に注入、共産主義等の書物を見させて、日本は帝国主義国家や侵略国家であることを認識させることです。


以上の文章は旧ヤフーブログから移した内容であります。



シナの戦犯収容所で見事に「改造」された日本人は非国民と思っている方は、クリックよろしくお願いします。


豚のダンスFC2 BLOG LOGO      メガネの豚


テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 大変興味深く拝見しています。

子供の頃からなぜか支那朝鮮に素朴な憧れと関心がありました。
しかし、20歳前ぐらいに南北朝鮮について新聞テレビの報道に嘘とごまかしを感じていました。
だが支那については長くだまされていました。
文革の頃の報道で、支那に偉大な指導者が現れて偉大な国を建設している。それを信じてしまった。支那には蝿が一匹もいなくなった。確かにそう報道されていた。
「中国の赤い星」を読んで理想の国、素晴しい軍隊と信じていた。

だけども夜中に仕事を終え、帰宅してテレビのスイッチを入れたとたん機関銃の音にびっくりした。
そう、天安門事件です。
人民解放軍は人民に銃を向けないと無根拠に信じていた自分が情けなかった。

南京大虐殺が大きく報道された時、ああプロパガンダのキャンペーンが始まったかと身震いした。

中共は大清帝国をも凌ぐ大帝国を夢見ているようですが、時代がそれを許さないと思います。欧米露の老大国も牙を向け、策謀をめぐらし陥穽に追い込もうとするでしょう。
中共帝国は大日本帝国の轍を踏むことになりそうです。
病弱日本はその戦域にあります。そのおののきを感じる日本人は極めて少ない。
支那豚氏の報告と意見を受けとめてくれる人が一人でも増えてくれることを願っています。

長文になってしまい申し訳ありません。


No title

旧ブログからの転載、始められたのですか^^有難うございます。

「支那の売国奴」 VS 「日本の売国奴」 hanpopoさんのコメを読んで、サヨクの鬼畜ぶりに腹が立って仕方がありません。
日本貶めがビジネスになっているのは知っていましたが、遺骨収集なんてデリケートな部分にまで及んでいる戸は!
ずっとほおっておかれ、やっと迎えに来たかと思えばそんな連中…英霊の方々に心から申し訳ない。
サヨクの偽善、無神経には反吐が出ますが、似非保守、似非愛国もいますからね。
「北方領土返還!」を叫んでも本当に戻って来たら食いぶちが無くなるから困る。
平和、人権、平等、愛国、憂国で食べてる連中は要注意ですね。


No title

ロボット三等兵様

拙ブログへの訪問、コメントありがとうございます。

子供の頃から、元紅衛兵の父親の影響を受けて、毛沢東のことをずっと尊敬していた。天安門事件の時、まだ中学生だったので、実際に何を起こしたも知らなかった。20代頃色んな事実を知りながら、シナ共産党に騙されたことを認識し始めた。同じ20代頃、日本語を勉強しながら、日中戦争の歴史真相をあきらかにした。この思想の歩みは今度ブログで書く予定です。
しばらくお待ちください。

No title

葉月 様

いつも拙ブログにご訪問並びにコメントを頂きまして、誠にありがとうございます。

旧ヤフーブログの全部の記事は、ここに移すのは難しいですので、これから一部の歴史関係の記事や資料のみここに移す予定です。全てのご期待に添えなくて申し訳ありません。

プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。