スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    撫順日本戦犯収容所の真実一

撫順日本戦犯収容所の景色
fu1
この収容所は、元々旧日本軍が建設した監獄であったそうだ。だからきれいだ。その収容所は当時シナで一番施設が良い収容所だと思う。
fu3

撫順日本戦犯収容所の真実一

シナでは犯罪者に対し、ある言葉をよく使います。それは「改造」です。監獄や刑務所等は、「思想改造所」「労働改造所」と呼ばれています。シナで殆どの監獄、刑務所の壁の上に「好好改造,重新做人 」という標語があります。日本語訳ならば、しっかり改造し、生まれ変わることです。「改造」は「洗脳」と比べて、どこが違いますか?洗脳は、つまり貴方の頭の中に支那共産党の思想を注入することです。改造とは、貴方を生まれ変わらせることです。簡単に例えて、「洗脳」は水ボトルの中に油を入れることです。「改造」は水ボトルを破壊、分解し、新たなものを作りだすことです。ある日本人は支那の洗脳教育について、恐怖と言う言葉を語りました。しかし改造の恐さは、その怖さと比べてはるかに怖いです。一度シナの刑務所に入った経験がある人は、一度死の淵から戻ったような感覚を持ちます。

今回のテーマは、シナ人より「改造日本戦犯」の事です。いわゆる「日本戦犯」は、つまり第二次世界大戦後、ソ連やシナ軍に捕虜となり撫順戰犯収容所で収容された旧日本軍人です。以下の私が引用した内容は、全てシナ人が書いた本の中に記載し、元管理所長や職員たちの証言です 彼らは、どのように「日本戦犯」を「改造」させることに成功したか語っています。

最初に説明しなければならないひとつのことは、シナの監獄や刑務所で犯人に体罰、精神的な虐待は日常茶飯事です。しかし、私が引用している撫順戰犯収容所のシナ人の話は、日本人捕虜に対して肉体的な虐待はしてないようです。それは、私は信じます。シナ共産党はそれぞれの犯人に対し、それぞれの方法を使っています。外国籍の犯人に対しては国際的な配慮がある一方、さらに大きな目的があります。つまりシナ共産党の目的は、収容された日本人捕虜を彼らの代理人や代弁者に変わらせることです。周恩来や毛沢東等、日本人捕虜に対して、何回もそのような言葉を言いました。戦後、中帰連などの団体は、日本各地で興した様々な活動から見ると、彼達はその目的を遂げたことを実感しております。

撫順戰犯管理所に関して、私が集めた資料はかなり多いので、日本人が一番関心することをここに記載します。シナ人はどのように日本人捕虜に洗脳し、「罪」を認めさせたかということです。


(携帯で中国語表示できないため、原文の中国語省略)

おおむねの日本語訳

満洲事変から日本投降まで、抗日戦争は14年かかりました。1950年に日本戦犯を収容し始めてから1964年に最後の戦犯達が帰国するまでさらに14年かかりました。侯桂花さん(元管理所職員)の話によって、我々は日本人との戦いは思想戦場に移り変わりました。初めて撫順戰犯管理所に入った日本人の共通点は「罪」を認めない事。
これら日本人はシベリアからソ連政府によって、中国に送られてきました。
彼らは天皇陛下万歳を叫んだり、食べ物を無駄にしたり、管理所で大騒ぎしました。ある人は管理所の教育を聞きたくないため、箸で自分の耳を破りました。



シナ豚の結論:やってない「罪」を認める人はまずいないでしょう。可哀相な日本人は洗脳教育に対して、最初の抵抗は自分を傷つけることしかできないのです。(続く)
 

以上の文章は旧ヤフーブログから移した内容であります。



シナの戦犯収容所で見事に「改造」された日本人は非国民と思っている方は、クリックよろしくお願いします。


豚のダンスFC2 BLOG LOGO      メガネの豚


テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

支那豚さん

いつも貴重なお話し楽しみにしています。
でも、少し心配です。
中国にいるご家族に迷惑がかかったりしないのでしょうか。
詳しいことはよくわからないですが、
中国共産党は恐ろしいというのだけはわかるので。
無理なさらずに更新してください。毎日お邪魔してます。

日本の先人

箸で自分の耳を破る・・
想像を絶っします。



ふむふむ…
興味深いお話しですね。
豚さん、これで終わっちゃ~や~よ。モチョッと詳しく宜しく。

昔、どこぞのテレビ番組で放送された記憶が在るのだが、忘れていた。放送された当時の私は、無関心層の人間でそんな事も有ったんだ…ぐらいの気持ちで視ていた記憶がある。

Re: No title

> 支那豚さん
>
> いつも貴重なお話し楽しみにしています。
> でも、少し心配です。
> 中国にいるご家族に迷惑がかかったりしないのでしょうか。
> 詳しいことはよくわからないですが、
> 中国共産党は恐ろしいというのだけはわかるので。
> 無理なさらずに更新してください。毎日お邪魔してます。

景様

拙ブログへの訪問、コメントありがとうございます。
さらにシナにいるうちの家族のこと、ご心配してくれてありがとうございます。
ここ数年、インターネット中心に活動しておりますから、家族への影響は少ないと考えております。
でも、おっしゃったとおりに、共産党からシナでいる家族への迫害を防げなければなりません。これからも十分注意して、きちんと個人情報を守っていきたです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リンク先は南京大虐殺の写真を集めた中国政府のサイトであります。三ページの下の写真を御覧下さい。銃殺を執行する兵士のヘルメットは明らかにドイツ軍のタイプであります。恐らくナチスドイツが蒋介石軍に輸出したものでしょう。この兵士は日本兵ではありません!
http://news.xinhuanet.com/2010-12/12/c_13645833_3.htm
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。