スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「支那の売国奴」 VS 「日本の売国奴」

「支那の売国奴」 VS 「日本の売国奴」

SATさんという人物は、ヤフーブログ時代に私とネットで知り合ったおじさんで、苗字はたぶん佐藤さんだと思う。SATさん自身のブログによると、その方は日本基督教団東京にある教会に所属しているクリスチャン。基督教のほか、SATさんは仏教と共産主義にも相当に興味を持っているようだ。しかし、反異教のクリスチャンであるはずのSATさんは、一体どのように異教である仏教や反宗教の共産主義の三者の中で上手くバランスを取ったか、私は非常に好奇心を持っていた。SATさんのもう一つの特徴は、支那や朝鮮が大好きで日本が大嫌いなところだ。特に第2次世界大戦期の日本に対し、いつも厳しく批判している。南京事件や慰安婦など、常にシナ人、朝鮮人、日本左翼学者、中帰連の歴史資料や証言などを引用し、いつも日本軍の「戦争犯罪」を追及し、また、右翼の「歴史改竄」なども糾弾している。そのようなSATさんは、私のニックネーム「支那豚」に対して「シナブタ」ではなく、ずっと「シナトン」と呼んでいる。私が自分のニックネームの言い方を何回説明しても、SATさんはどうしても変える気がなく、決してシナ人に侮辱的な「シナブタ」を使わなかった。頑固な左翼人物と言っても、過言ではないだろう。

 SATさんの話によると、彼の思想の原点はなんと若い頃に読んだ一冊の本から始まったそうだ。その本は、確か中国からの帰還者が書いた「戦争―加害者の証言」というような名前の本だった。それからSATさんは、類似した本を沢山読んだり、中帰連や自称戦争被害者の人と面会したり、基督教団やほかの左翼様が主催した、様々な戦争体験や戦争反対の集会に頻繁に出席したり、自分のブログで旧日本軍や右翼を批判することを頻繁に行っている。SATさんのような日本人は、もちろんシナ共産党は大歓迎だ。数年前に、SATさんの念願であった南京訪問はついに実現した。(本人のブログより)

シナ共産党は自分達が見せたいものを、SATさんのような日本人一行に見せたが、見せたくないものは全部隠したと私は考えている。南京から帰った後、SATさんのシナ人に対する贖罪意識は以前より強くなったようだ。ある日、私はSATさんと、シナ人の「人食」の話題について弁論した時に、シナ人が赤ん坊を食う一枚の写真を見せてあげた。しかしSATさんは「どうやってその人がシナ人であることを証明するの?日本人である可能性も十分あるのではないか」と返事をし、私を驚かせた。

そしてついに、私とSATさんの対決の日を迎えた。私達は南京事件や中帰連の証言の真偽を巡って、激しい弁論をした。SATさんは、幕府山事件や夏淑琴一家殺害事件を例にして、南京大虐殺は真実であることを強調した。特に、SATさんの話では、南京で発生した幕府山事件は、右翼のだれもが反論できなかったという。その理由は、その事件は日本軍兵士の従軍日記にきちんと記載していたという。

私の反論は、事件の被害者が世の中に存在した証明がない限り、どのような日記でも証拠として認められない。これは国際通用の法律が決めた事である。一万人以上のシナ兵士が虐殺されて、一人の名前や生年月日も一切記録されてなかったことは不思議である。どの国の軍隊でも兵士の身分記録書や証明書があるはず。東京裁判の時、国民党政府は幕府山事件に関する、それらの証拠を提出することができなかった。さらに栗原氏の日記を発見してから、シナ共産党政府は一人の被害者の身元さえ確認できず、幕府山事件の真実性を証明できる決定的な証拠は一切なかった。

さらに夏淑琴一家殺害事件は、夏淑琴は当時7歳の子供、犯人の顔や服装や身体特徴など一切言えなかったため、目撃者として認められず、彼女の一家を殺した犯人らは日本軍であることはどのように見ても、証拠ではなかった。私の以上の発言は、日本人の資料などを一切引用せず、シナの大学で勉強した法律知識に基づいて反論した。SATさんは私の発言に対して、なかなか返事ができなかった。そして話を逸らして、私が日本の軍隊制度や日本人の本質を理解していないと指摘した。

シナ人の私は日本人の立場に立って、日本人の兵士の名誉を守るために反論した。日本人のSATさんはシナ人の立場に立って、シナ共産党の肩を持っていた。この光景はとても面白い場面だと思う。そのような発言をした私は、間違いなくシナ人に売国奴と言われるだろう。また、SATさん本人は、自分が日本の売国奴であることを絶対に認めないが、彼は、ほかの日本人にシナの工作員だと言われた事が実際にあった。シナの売国奴 VS 日本の売国奴だ、勝ったのはどっち?ご覧の皆様が判断してください。


左翼の頭が硬いと思っている方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO      豚の微笑み


テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かっこいー!!

がんばれ!

大丈夫ですか?

はじめまして。たまたまこのブログに行きあたりましたが、中共の国民でありながら、こんな事を書いていて無事でいられるんでしょうか?
疑問は尽きませんが、また寄らせて貰います。

日本が嫌いなのに日本から出て行かない、ブサヨ。

売国奴でも安全に暮らせる国は他にありますかね?

ブサヨは永遠の第一次反抗期。三歳位の知性のチンパンジーに過ぎないよね。
ザバニーズ民主党の閣僚達の国会答弁を聞いていると、ぜーぶヒトの所為。幼稚園児丸出しの特亜人そのものです。

Re: 大丈夫ですか?

> はじめまして。たまたまこのブログに行きあたりましたが、中共の国民でありながら、こんな事を書いていて無事でいられるんでしょうか?
> 疑問は尽きませんが、また寄らせて貰います。

gtea 様

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

私は2006年から海外のシナ語サイト中心に、南京事件の大嘘等を一部のシナ人に発信し続けている。生活の中に、在日シナ人の友達はあまりいないので、たぶん問題はないと思います。自分の政治観は、普段、人に表明していません。でも、おっしゃったとおりに、これからもちゃんと個人情報を守っていきたいです。ご心配を掛けてすいませんでした。

Re: タイトルなし

> 日本が嫌いなのに日本から出て行かない、ブサヨ。
>
> 売国奴でも安全に暮らせる国は他にありますかね?
>
> ブサヨは永遠の第一次反抗期。三歳位の知性のチンパンジーに過ぎないよね。
> ザバニーズ民主党の閣僚達の国会答弁を聞いていると、ぜーぶヒトの所為。幼稚園児丸出しの特亜人そのものです。


ハタラキアリ 様

いつもコメント頂きまして、ありがとうございます。

反日日本人は、日本が嫌いなくせに、決して彼らの理想な国であるシナや朝鮮に行きません。反戦や平和等を唱えるくせに、決してシナや朝鮮の侵略、虐殺などを批判しません。彼らの偽善は一目瞭然です。

No title

主様、こんにちは。
今日のエントリーはなかなか面白かった。
日本人のくせに日本を貶めるアカい人達って一体なんなのでしょうね?

今年の春に、個人で戦没者の遺骨収集事業をしている人が
近くにいるのを知って、こりゃ是非とも支援しなければ!と思い、
夫婦揃って出かけて行った時の話です。

着いた所は…立派な家、広い庭、ピカピカの外車…
んんっ?何かちょっぴり違和感…。
まぁ、でもせっかく来たんだから…と思い、
展示室に入って遺品や収集品を見せてもらいながら、
遺骨収集の話を聞かせて頂いて小一時間。
そろそろ帰ろうかな…と思っていたら、
「では、もっと詳しい説明をします…」との言葉で別室に案内されました。
そこには、中国大陸を中心にして日本を上部に配置した大きな地図が貼ってありました。
すごい!こういう地図もあるんだ!…初めて目にしました。
他には神社の写真とか、アジア…多分朝鮮人…の子供の写真とか、
隊列を組んだ兵隊の写真とか、軍服を着て軍馬に乗った昭和天皇の写真とか…。
そして、かって日本がしてきた悪行(?)を延々と話し始めたのです。

「日本がしてきた事は侵略そのものであり、大いに反省しなければいかん」
「日本の神社をあちことに作って、強制的に参拝させ思想教育した」
「こういう年端の行かない子供まで徴兵した」
「天皇が戦争を主導した」
「靖国神社は無くしないといけない」

わけ分からん!
さすがに聴いていられなくて、少しだけ反論したら
だいぶ大人しい口調に変わってきて、
そろそろお開き…みたいな雰囲気になりました。
多分、何も知らないお花畑日本人だと思って、
思想の押しつけをしようと思っていたのでしょう。
小学生や、時には大学に出向いて講義もしているそうです。
恐ろしい…と言うか、スゴイ迷惑。

遺骨収集と左翼主義者…
何だか変な組み合わせだと思いません?
てっきり愛国者だとばかり思っていたのに…驚きました。
帰りの車の中では、夫婦で「なにあれ?」「信じられん!」「騙された!」
と微妙に盛り上がってました。

よくよく考えてみると、
個人レベルでボランティア同然の遺骨収集をやってると言うのに、
立派な家とか外車とか普通あり得ないですよね。
到着した時に感じた違和感は勘違いではなかったって事です。
左翼活動は儲かる…という仕組みを知りたいですなぁ。

長くなってしまいました。
すいません。

No title

へぇ~~っ!あのSATさんと、大議論を又やったんですね。

まえは、シナブタさんが本当にシナ人か疑っていましたね。

誤解は解けましたか?

hanpopo様へ

hanpopo様

長文を頂きまして、誠にありがとうございます。

ある左翼弁護士は、「戦争被害者ビジネス」を手段として、沢山のお金を儲けていたことを聞いたことがあります。日本は敗戦国といっても、豊かな国になりました。そして、左翼弁護士は自らお金を儲けるために、自称戦争被害者と手を組んで、所謂日本の戦争犯罪をでっちあげました。日本は一日でも早く正常な国家にならないと、それらの戦争ビジネスを絶やすことができません。

のおちゃ様へ

いつもありがとうございます。

今回の記事で書いた内容は一年前にSATさんと弁論した時の様子です。シナから戻ってから、私は一度もSATさんのブログに訪問したことがありません。

本文の中でちゃんと説明せず、すいませんでした。

はじめまして

はじめまして偶然別のことを調べていたらこのブログに行き着きました。
今僕は高校生なんですがこれまでの学校生活で共産党とは何か日本赤軍とはなんなのかなどは何もおしえてはくれませんでした。
SATさんの初めて読んだ本、恐いですね左翼に引きこまれるとは・・・・・・
えっとまたちょくちょく訪問させていただきますがよろしくお願いします。

Re: はじめまして

> はじめまして偶然別のことを調べていたらこのブログに行き着きました。
> 今僕は高校生なんですがこれまでの学校生活で共産党とは何か日本赤軍とはなんなのかなどは何もおしえてはくれませんでした。
> SATさんの初めて読んだ本、恐いですね左翼に引きこまれるとは・・・・・・
> えっとまたちょくちょく訪問させていただきますがよろしくお願いします。

たまご様

拙ブログへの訪問、コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

No title

SATさん本人は、自分が日本の売国奴であることを絶対に認めないが、

→アホですね(呆)。このような日本人が日本を滅ぼすのですね。今日もNHKで特高警察を悪の機関として報じていましたが皇室を廃絶し、日本を内乱に陥れる計画を持っていた共産主義者を逮捕したことは全くスルーしていました。

管理人さまの反論に感動しました!応援クリック。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。