スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那当局、四面楚歌?

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

支那当局、四面楚歌?
 「ホワイトシャツを着るなと警告された」―5月23日、北京大学副教授の夏業良氏はツイッターでこう呟いた。22年前に北京で民主化を求めた学生らを当局が虐殺した「六四天安門事件」の名誉回復を求める同氏は、最近中国国家安全局から、6月4日当たりに記念活動を行ったり取材を受けてはいけない、追悼の意を表すと見られるホワイトシャツの着用も禁止と警告されたという。
 夏氏と同じような話を受けた人たちは、ほかにも中国各地に多くいる。ほとんどが異見者や人権活動家だ。この人たちを黙らせれば、6月4日までなんとか無事に過ごし、国家の「安定を維持」することができるのだ。この22年間、当局が毎年必ず行う慣例だ。
 しかし、5月下旬、六四事件記念日前のこの最も「敏感な時期」に、中国各地で当局が予測しなかった火が起こっている。
 
 爆発月?10日間で6件の爆発事故

 5月28日、土曜日夜。山東省シ博市のある化学工場で爆発事故が起きた。原因は不明だが、翌朝報道された時点で、3人が死亡、8人が負傷したことが確認された。
 「今日2件目だね。毎日爆発事故ばっかり…今月は爆発月?」と、このニュースに
対するネットユーザーのコメント。同日朝、四川省の省都・成都市の中心地にあるバス修理工場でも爆発事故が発生した。政府系のメディアによると、爆発は事務室内で起き、複数の従業員が負傷し、管理者一人が死亡したという。事故原因は不明だが、工場側は事故による可能性を否定している。
 人為的な事件の可能性もあることや、爆発が起きた場所が省政府と市政府から非常に近いことから、注目が集まった。同事件について、各ポータルサイトがすぐにトップ扱いで報道したが、同日午後、政府系以外の関連記事やネットユーザーのコメントに対して削除作業が行われていた。
 5月下旬以来、政府が報道しただけでも6件の爆発事故が発生した。ネットユーザーのコメントや書き込みサイトからの情報によると、ほかにも浙江省などで爆発事故が起きているが、報道されていないようだ。

 土地強制立ち退きによる政府への不満 江西省連続爆発事件 

 爆発事故への世論の関心や政府の緊張を引き起こしたのは、26日に中南部の江西省のある中小都市・撫州市で起きた連続爆発事件。地元政府の3つの部門で連続して起きたこの事件は人為的なもので、2人の死者、6人の負傷者を出した。事件を起こした容疑者・銭明奇(52)も死亡した。原因は、強制立ち退きなどで当局の対応に怨恨を持っていたという。
 中国内陸部のこの小さな都市で起きた事件は、中国メディアのみならず、海外各国のメディアの注目の的となった。ジャスミン革命の影響や最近の一連のストライキに、中国当局は神経を尖かせている。そして相次いで摘発されている有毒食品問題により、民衆の当局への不満はすでに我慢の限界に来ているようだ。そうした中で起きたこの当局への復讐事件は、対立感情が高まっている中国の官民関係に大きな影響を与える事件として国際的に注目される事件となったのだ。
 世界第2の経済体に躍進した中国では、そのGDPを押し上げている主要な要素の一つは、各地で行われている大規模な土地開発。そして土地収用に当たって、土地の私有権が保証されていないため使用権や保障金問題を巡って深刻なトラブルが起きており、それによって毎年数万件の群衆事件も発生している。権力者と開発者が結束して土地の使用者や居住者に強制立ち退きを求める事件もしばしば起きている。それに反発した住民が政府に対して陳情したり、焼身自殺を図るなど対立は激化する一方である。これまでのそうした住民の抗争とは違って、銭明奇は今回、暴力手段を用いて政府に復讐した。
 銭は撫州市の地元住民で、店を経営していた。インターネットをよく使っており、ミニブログ(中国のツイッター)も持っている。爆発事件を起こす前、ミニブログで自身が当局から強制立ち退きと不当な保障金差し押さえを受け、そのため、10年間も陳情し続けたことを明らかにした。
 また、ミニブログで、強制立ち退きにおける政府幹部の腐敗を長年訴えたことで昨年末に殺害されたとみられる浙江省の農村幹部・銭雲会さんのことに言及して、「銭雲会になりたくない」、「董存瑞になる」(董存瑞とは中国当局が建国の英雄として宣伝する人物。1948年5月25日、共産党軍の兵士として国民党軍と河北省隆化県での戦闘中、自分を犠牲にしてトーチカを爆破)と漏らし、自分を犠牲にして腐敗の当局と闘う決意を暗示した。
 そして5月8日のミニブログで、2年前に遼寧省瀋陽市で、無許可露店の乱暴な取り締まりのため、「城管」と呼ばれる都市管理の保安要員を殺した店主・夏俊峰の行為に賛同し、「行動こそ問題解決につながり、闘いこそ救いを迎える」という最後のメッセージを残した。
 このような「テロ」行為を取った彼に、中国の大衆メディアや、ネットユーザーらは意外にも同情を送っている。その中で、「銭明奇は新時代を開いた。歴史に彼(の偉大さ)が永遠に刻まれている」など、彼を英雄視している人も多くいる。そして一般民衆を暴力的な手段で当局に反発するようになるまで追い詰めた中国の現実に、憂慮や憤慨する声も多く見受けられる。
 そんな中、28日夜、遼寧省瀋陽市蘇家屯区公安局のある警察責任者が襲撃されて死亡した情報も、29日に伝えられている。

 当局、四面楚歌の危機

 北京市在住の人権弁護士・劉?原氏は撫州市の連続爆発事件について、ネット上で「合理的な暴力」との観点を示している。VOA中国語サイトの取材で、「彼と爆発事件で被害を受けた人たちはみな、強制立ち退きと司法の不公正の犠牲者である」とコメントした。劉氏によると、近年、焼身自殺で強制立ち退きに抗議する事件が多く見られるが、今回の爆発事件のように、住民の抗議行為は自殺から当局に対する「テロ攻撃」にまで発展した。「当局にとって極めて危険な信号だ。安定維持のために民衆の権利を奪い、圧制すればするほど、当局は四面楚歌の危機に陥ってしまう」という。
当局の四面楚歌の局面は、連続爆発事件だけに止まらない。

5月27日、江蘇省無錫市のある町で、ゴミ焼却発電所による環境汚染に反対する住民と警察との間で大規模な衝突が起きた。事件は一部の村民が負傷し、連行されて抑えられたが、住民らはこの発電工場を支持する政府に対して「最後まで戦っていく」意向を示している。

 そして、5月24日、中国内モンゴル自治区シリンホト(?林浩特 )市の庁舎前で、2000人以上のモンゴル族学生による抗議事件が起きた。これは、最近20年間で内モンゴルで起きた最大の抗議事件で、石炭採掘による環境破壊に反対していた遊牧民がトラックにはねられ死亡したことに対する抗議行動であった。


以上の文章は、日本大紀元からの転載、原文のurlはhttp://www.epochtimes.jp/jp/2011/05/html/d80213.html

深刻な環境汚染
2716666.jpg

2716667.jpg

染色剤につけられた支那饅頭
2716668.jpg

田舎の小学校
2716669.jpg

言論、思想の自由を求めるシナ人達
2716672.jpg

極悪の環境で働いているシナ人
2716673.jpg

政府による家屋の強制取り壊しに反抗し、役人に殴り殺され,さらに火をつけて焼き払われたシナ人
2716676.jpg

強制収容されたシナ人
jinken1.jpg

焼身自殺で家屋の強制取り壊しに抗議するシナ人
2716677.jpg

ゴミ焼却発電所の環境汚染に反対する住民

m60600.jpg

 以上の写真は、シナの厳しい社会現実を表した写真の一部である。最近、支那各地でデモ、暴動、爆発事件が頻発している。シナ人民が、シナ政権に抱えている不満が益々強くなっている。一部のシナ人が政府へ反抗することを始めたのは事実である。シナ共産党政権が存在する限り、今後も続くと思う。しかし、日本のマスコミはそんな事実を殆ど報じない。

 日経新聞などシナ工作員によってシナ政府に操られた日本メディアは、シナ政府系の報道機関の報道を引用し、シナの情勢は悪くないと強調し、日本企業を騙し続けている。そんなことを知りながら日本人を捨てて、シナに進出する日本企業は、まさに最低と最悪と言えるだろう。もちろん彼達の心は、シナ人の厳しい生活状況、人権状況を気にせず、目の前の利益しか見ていないのだろう。


ブログランキング参加中、応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO     new6.gif





テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

日経新聞は人民日報と提携している国辱新聞だと知らない人が多すぎる。1年ほど前に電話で日経新聞の勧誘を受けたことがあったが、すっぱり断った。その断る理由を聞くので、こう答えた。
『西側諸国で共産党新聞と提携している新聞はおそらく日本経済新聞だけではないのか。NYタイムズもワシントンポストも英国の新聞も一党独裁共産党機関紙・人民日報と提携することなど、自殺行為だと思っている筈だ。私に言わせれば、日経新聞は犯罪新聞だ。中国の良いところだけ記事にし、その裏に潜む何十倍もの負の面を記事にしない。かくして邦人企業は無防備で大陸に渡り、大失敗をし、自殺したものも多くでていることだろう。経営者やその家族の安否が分からないなどの情報も数知れずだ。これは日経新聞の犯罪だと言わずして何と言えばよいのだ。北が天国だと吹聴したどこぞの新聞と変わらない。殺人新聞ではないかね』

民主党も四面楚歌

【主張】菅内閣不信任案 首相の「人災」に今決別を 総選挙で国民の判断仰ごう・・
 
きわめて無責任な菅直人首相の対応が「人災」を拡大している。これ以上の失政は食い止めなければならない。自民、公明両党などが提出した菅内閣不信任決議案の意味合いである。
2日の衆院本会議の採決では、議員一人一人が、不信任案の帰趨(きすう)により国家の命運が決しかねない重大局面であることを熟慮し、判断してもらいたい。
東日本大震災から立ち上がろうという大切な時期に政争はおかしいという見方もあるが、首相の不手際に伴う政治空白の方がより問題である。
 
≪遅れる震災への対応≫
一連の政治の機能不全は、民主党の主導する政権が抱える多くの問題が表面化したのが主な要因だ。さらなる政権のたらい回しは許されない。
不信任案が可決された場合は時期の問題はあるが、解散・総選挙により国民の信を問うことを最優先すべきだ。
菅首相による人災は、最高指導者としての資質の問題に加え、「政治主導」をはき違えているために官僚組織との意思疎通が図れず、政府の総力を活用できないことが大きい。
本格的な復興に必要な復興基本法は成立せず、その他の必要な立法作業も遅れている。
平成23年度第2次補正予算も先送りしようとしていた。不信任案提出の動きにあわてたように、党首討論で谷垣禎一自民党総裁に協議を呼びかけ、通常国会の会期の大幅延長を言い出すなど、場当たり的な対応が止まらない。
震災から80日もたつのに、学校の体育館などで不便な生活を余儀なくされている避難者は10万人以上に及ぶ。避難所を何カ所も転々とした人も少なくない。
5月末までに3万戸の仮設住宅を建設するとした公約も果たされていない。「これでも先進国か」と疑う対応の鈍さだ。
政治主導のご都合主義も露呈した。原子力災害現地対策本部長を務める池田元久経済産業副大臣が入院し、10日余り不在となっていながら公表していなかったことなど枚挙にいとまがない。
実務をよく知る官僚が意見具申しようと思っても、首相に怒鳴られるのでやめてしまう。これでは官僚機構は機能しない。
地球温暖化問題で、「2020年までに温室効果ガスの25%削減を行う」と鳩山由紀夫前政権が世界に公約した目標について、菅首相は大震災で痛手を受けても取り下げないと言い切った。
原発が停止した分を火力発電で補わざるを得ない現状を考えると、実現は難しい。太陽光発電など自然エネルギーの急増は望めないのに、どうやって排出量の大幅削減をはかるつもりなのか。きわめて無責任な発言だ。
 

No title

台湾となら連邦国制を敷いてもいい。
「日本と台湾国の関係、良い」91%、「台湾を信頼できる」84%…日本、台湾への好感度大幅アップ---大震災後、台湾で集められた義援金は総額170億円以上。台北駐日経済文化代表処には、感謝のメールや電話が絶えないといい、日本国民の親近感は飛躍的にアップしたとみられる。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110602/chn11060211150004-n1.htm

No title

衆議院でコンピューター監視法案が可決されてしまったそうですが、ご存知でしたか?

震災のドサクサに紛れの可決。被災地のことなどどこ吹く風、この卑怯さ、非情さが左翼の本質ですね。

まさに言論統制開始の危機です。

参議院で全力で反対してもらわないと。

日本のシナ化は確実に進んでしまう!

http://www.youtube.com/watch?v=MjJG9trZI74

http://www.news-postseven.com/archives/20110411_17219.html

No title

私の嫁も中国人なんだが、 1960年代 嫁の母親も 国民党の軍属の家系というだけで 殺された

中国は、今も 全く変わっていませんな~

No title

この記事を見て率直に「怖い」「中国の人もモンゴルの人もかわいそう」と思いました。
こんな馬鹿な仕組みで回ってる中国という国を、世界は認めてはいけないと思うのですが日本のマスコミはもてはやしていますね。情けないです。
しかしそれ以前に「国のことは、その国に住む国民がしっかり建てなければならない」とも思います。
自分の国のことは自分でなんとかするしかないのです。
中国での民主的な社会ができないからといって、海外で中国人の民主主義を実現しようとするチャイナタウンの構想も図々しとしかいいようがありません。
中国人自身が中国で民主主義の政府を建てなければどうしようもないでしょう。
いつか中国が国民主権の国に生まれ変わるよう祈ってます。
が、革命ならば現実的にはたくさんの血が流されるのでしょうね。それとも大きな戦争で負けるなど、いずれにしても簡単ではないのでしょう。

No title

主張:内モンゴルのデモ:
命がけのデモだ。偉いものだ。追いつめられたのだ。
黙っていると支那人に食い殺されるからだ。
これは、だらけ切った日本人の明日の運命だ。
ウィグルの亡命者によると、日本が地獄に変わるのに5年はいらないという。
どんなに支那人の支配が恐ろしいことか分かるだろうか。
戦後日本はジャガイモのように、ごきぶりに中を食いつくされている。
残っているのは形骸だけだ。
産経子が中共に対して人権論を述べているが、これは植民地独立の民族闘争だ。
いわゆる人権ではない。人権は国内だけである。チベット人は支那人ではない。
駿河山人「がんばれ産経新聞」より転載
http://pub.ne.jp/surugasankei/

No title

基地外中国共産党はいつまでもつのだろう・・
しかし、日本には、犯罪的存在の中共礼賛新聞社がいるのだな。
いずれこいつら売国ゴミ関係者が公開淘汰される日がくることを望みます。

ひだりまき“ミンス政権党”を駆除せよ!!

 ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党の本質的問題

先ず 下記 添付 URL アドレスをクリックしますと“左翼ミンス党”なる
政党が包含する 悪辣なる本質的 陰謀/問題点が 露呈されております。
その急所となる概要/文面は 下記 となります。

>基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでも
なれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
>党費は、年間6,000円です ......

 http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/y/u/k/yukokulog/touin_supporter.jpg

そもそも 上記“左翼ミンス党”なるものの政策に“違法献金もどき”の政策
即ち 換言しますと“左翼ミンス党”が 若し 最悪ケ―スとして政権獲得の後に
国家の最高権力者=内閣総理大臣が 日本国民 ならぬ 外国人 特に反日外国人
に依り 選出される可能性 無きにしも非ずであるが

一年以上 前の 衆議院総選挙に於いて 日本国民/有権者は 日本国の将来に
亘るで在ろう国家像をも 捻じ曲げる仕儀に至る事を 果たして認識
していたので在ろうか?

多分 大多数の日本国民/有権者は“左翼ミンス党”が 密かに内包する悪辣なる
前記の陰謀/問題点に 些かの疑問をも抱かず 例の 今や 悪名高き
国民総“買収もどき”の“ばらまき4K”政策に“目潰し”を食らいつつ
“左翼ミンス党”の得意技である“ごまかし/たぶらかし”戦術に
ものの見事に まんまと“してやられた”こと自明である。

所で ひだりまき“カンカラカン”なるもの そもそも 去る3月に
在日パチンコ屋よりの違法献金が露呈し 命脈を断たれる寸前の断末魔の
状況に至っていた筈であるが ......

“反日”を社是とする 所謂“ひだりまきマスゴミ”新聞/TV 等々は
只管“だんまり”を 決め込んでいるが ......

震災なる事象の到来に依り 悪運 強く 未だに 総理大臣と云う名の椅子に
“しがみ付き”醜悪 かつ“ぶざま”極まる醜態を 何ら恥じ入ること無く
継続中であるが

罹る事象は そもそも ひだりまき“カンカラカン”のみが所有する“特性/習性”
でも在るが 更に 付言しますと“カンカラカン”が所有する“辞書”には
“羞恥心/プライド”なる高邁/高尚なる 言葉は 存在する筈が無く
内閣総理大臣=国家最高責任者としての“責任感”は皆無であり かつ 卑劣にも
己が 当然 背負うべき責務は 全て 他人に押し付け 恬として恥じること
無しの輩である。

そもそも ひだりまき“カンカラカン”なるものは 一国の総理大臣の器(うつわ)
で無きこと自明であり 所詮 単なる一介の“市民運動家”なる レベル にて
留まることが 限界である。

此処で 敢えて 直言させて下さい。

現 時点での ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党に依る 醜悪極まる
“茶番劇”を招来せしめた 本質的 原因の一端は 過日の衆議院総選挙に
於いて 少なくとも ひだりまきミンス“カンカラカン”政権党に一票を投じた
日本国民/有権者に在り と云える次第である。

九評共産党

youtubeで九評共産党というものを見つけました。これは非常によく中共の問題点をまとめていると思います。
支那豚さんから見てどうでしょうか?

No title

こういう写真の数々に触れる度に、毎回物凄いショックを受けます。
多くの人民が被害者側なのでしょう。
自分に火を放って命を絶ってしまうなら、死ぬ気で民主化運動はできないものなのか?と考えるのは、
まだ少しは恵まれた環境(日本)に済んでいる者の奢りなのか楽観なのでしょうか?
一党独裁のシナ共産党は、ただ長く君臨していたというだけでなく、暴動が起きないギリギリの「生かさず殺さず」の飴と鞭の黄金比率を学んだとでもいうのでしょうか?
人間には生活という営みがあります。毎日が必死です。そこをついたような悪性の悪政悪制は狡猾で赦せません。
人は口から摂るものだけで生きているわけではないと言うけれど、まずは衣食足りなければ、最低限人間的な余裕は生まれないのではないでしょうか?
逆に言えば、言論や思想の自由だけでもあれば、それが豊かな心の糧となり、人間的に生きていけるのではないかと、勿体無く残念に思います。
動物のように「楽に飼い馴らす」のに便利だからと、自国民を心身ともに虐げるシナ共産党に、大きな怒りを感じると共に、人民の皆さんの決起を願わずにはいられません。
根本を正さねば解決はなし。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。