スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那政府 内モンゴルで戒厳令

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 


 支那政府 内モンゴルで戒厳令
 【大紀元日本5月30日】中国政府は、内モンゴル自治区で連日抗議活動を行う抗議民衆の制圧を開始し、40人以上を逮捕、一部の地域で戒厳令を敷いた。これに対し、アムネスティ・インターナショナルは当局に対し自制を呼びかけた。28日、米VOAが伝えた。

 南モンゴル人権情報センターの情報によると、戒厳令が発令されたのは、連日デモが集中する内モンゴル自治区シリンゴル盟(錫林郭勒盟)の正藍旗と西ウジュムチン旗(西烏珠穆沁旗)である。

 27日、当局が正藍旗に出動させた300人以上の暴動防止警察と、抗議活動を始めてから5日目を迎えた遊牧民と学生数百人が衝突し、40人以上が逮捕された。現地の中学・高校でも、モンゴル族生徒を帰宅させず、抗議活動に参加しないよう校舎の屋上に移動させたりしており、正藍旗は完全に軍警察に制圧された。

 同自治区通遼市の内モンゴル民族大学も当局に封鎖され、学生たちは外出を禁じられている状態だ。南モンゴル人権情報センターの代表であるトゴチョグ・エンフバト氏によると、戒厳令の範囲は拡大される可能性があるという。「現地時間の27日午前から戒厳令が敷かれ、現在も続いている。内モンゴル自治区の省都フフホト、シリンゴル盟や東部の通遼市など主要都市の治安情勢は非常に緊迫した状態だ。学生は校内から出ることを禁じられ、民衆は市街区への進入を禁じられている。ネット上のチャットルームも閉鎖されており、人々は非常に緊張した心理状態にある」

 シリンゴル盟の党委員会宣伝部職員は戒厳令について否定しているが、シリンゴル盟正藍旗の住民はロイター社に対し、現地では27日から軍事管制が始まっていると伝えており、軍事警察による街頭での戒厳令も行われているという。

 西ウジュムチン旗の住民によると、同地区では28日から封鎖が始まり、警察が街頭を巡回しているという。また、軍事管制が始まった後、全ての路線バスの運転が停止したと、ある政府職員は話した。

 27日、数千人のモンゴル族民衆が正藍旗と西ウジュムチン旗の両地区において、当局の環境破壊や現地遊牧民の権益を侵す行為に対する抗議活動を同時に行った。この抗議活動を鎮圧中、暴動防止警察は抗議活動を行う人々の中に故意に車を走らせ、少なくとも4人のモンゴル族女子学生をはねたと、南モンゴル人権情報センターは伝えている。

 28日、アムネスティ・インターナショナルは中国政府に対し、自制を呼びかけた。同組織アジア太平洋局のキャサリン・ベイバー副局長は、民衆の抗議は憲法により与えられた権利であるとし、この権利を尊重すべきであると話す。また、アムネスティは今回の戒厳令に注目しており、今後の事態の発展に関心を持っていると伝えた。


以上の新聞記事は大紀元日本からの転載、原文urlはhttp://www.epochtimes.jp/jp/2011/05/html/d79304.html 

市民が撮影した軍用装甲車の写真
201105300101293.jpg
内モンゴル師範大学東大門の入り口は軍警察により封鎖された
201105300101291.jpg

内モンゴル師範大学北大門も軍警察が警備している
201105300101292.jpg

警察の車両が交通規制のためにどんどん入ってくる。
201105300101295.jpg

主要道路の近くで武装警察部隊が厳重に警備している様子

201105300101294.jpg

 日本の産業界が知っているレアアースは、実はシナ原産の物ではない。シナに侵略された南モンゴルの資源である。

 レアアースだけではなく、シナは南モンゴルから石炭などのすべての資源を取りまくり、当地の環境は大きく破壊された。さらに、南モンゴルは、ウイグル、チベットと同様に、漢民族に大量移民されてしまい、シナ政府の強制的な同化政策が推進されているため民族言語、文化も段々と消えている。抗争しないと活路がない。多くのモンゴル人はこのような思いを持ち、今回のデモに参加した。しかし、シナ当局は武装警察部隊を派遣し、抗議民衆を制圧した。これから南モンゴル人の運命はどうなるのか?とても心配だ。まもなく、天安門事件22周年を迎えるこの時期、独裁殺人政権は再びその銃口を無実の人々に向けるのだろうか?


ブログランキング参加中、応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO   メガネの豚

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私が知る限り(テレビは余り見ていない)では、日本ではこのニュース取り上げていませんね。沖縄に数次ビザ発行、都心の一等地買収、日本の未来がモンゴルやチベットやウィグルと重なり恐ろしくなりました。

No title

世界が中国共産党に対して制裁をしないといけないのに、日本の経団連みたいなのが世界各国に居て、中国とは縁を切れないのでしょうね。中国などなくても世界はまわっていくのにね!。
あ~ため息が出る。やはり中国は人間の質としては100年ぐらい遅れてるのかな?
シナ豚さんのような教養高い方が沢山中国にいらっしゃれば、中国も立派な尊敬される国になれるのに。

No title

中共王朝の崩壊がいよいよ始まったのか。あの国の崩壊はいつも農民反乱からはじまる。はやく内乱状態になって殺し合いを思いっきりやってください。ただし日本では難民を一人も受け入れません。

No title

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

詳しいことはくっくりさんまでメールを!

No title

チベットが自治区になってしまった経緯を知る日本人は多いが、モンゴルのうち内モンゴル(南モンゴル)が自治区になったそれを知る日本人は少ないのではないか。
今回の事件を詳細に報道してくれれば、日本人のモンゴルに対する認識も変わるだろうし、何より内モンゴル自治区に成らざるを得なかった歴史も知ることになるだろう。
日本が邁進する地方主権なる馬鹿げた発想はやめることだ。
内モンゴルの歴史を鑑みれば、そういう結論にならざるを得ない。

No title

枝野はこれを見て、ますます沖縄マルチビザを実行したくなるだろうよ。日本が阿鼻叫喚の地獄絵図になることを、こよなく望んでいる極左国家破壊思想の持ち主だ。
その御人を最も首相に相応しいと推すのが日本国民だ。
信じられん。

No title

●内モンゴル自治区の成立・・・
中国共産党の影響下で蒙古聯合自治政府(1941年蒙古聯合自治政府が改称、戦後解散)に対し抵抗運動を指揮したモンゴル族のウランフ(烏蘭夫)が、1947年に内モンゴル自治区の成立を宣言し、内モンゴル自治区人民政府が成立した。これが現在の内モンゴル自治区の起源で、中華人民共和国の自治区としては最も早い成立である。徳王は内モンゴルを追われ、モンゴルへ逃亡。のちに逮捕される。つまり外モンゴルは独立の道を歩んだが、内モンゴルは中国共産党の影響があったとはいえ、同じモンゴル族同士の運動と対立の結果自治区となった。
その後ウランフは文化大革命の勃発により失脚し、1966年から内モンゴル人民革命党粛清事件によってモンゴル人数十万人が粛清された。1967年フフホトに革命委員会が成立した。中ソ対立の軍事的緊張下に1969年には内モンゴル生産建設兵団が設置され、1970年には行政区画の大幅な変更が行われた。これによって内モンゴル東部は東北三省に、西部は寧夏、甘粛に分割されたが、1979年旧に復した。
現在ではモンゴル自由連盟党や内モンゴル人民党などが独立運動を行っている[2]。南モンゴル民主連盟代表のハダが拘束されるなどモンゴル民族の運動は徹底的に取り締まられている。

(・o・)国立大学すら独立法人化により反日亡国装置化です

【君が代裁判】 裁判官 「他国の国旗・国歌に敬意もつ国際常識を身につけるため、まず自国の国歌・国旗に敬意持つべき」

■ 日本人しかなれない『国家』公務員叩きは危険 な風潮です■

現代の日本は『国家』公務員のみが叩かれるという風潮があるが、これは日本にとって非常に危険。
この風潮が続けば確実に日本は衰退する。

在日外国人でもなりうる『地方』公務員(市役所・役場★教員★など)はなぜ叩かれないのか。
マス○ミや工作員等に流されないようにしなければならない。


○国家公務員→日本人しかなれない。国の中枢に関わる高度な仕事。
●地方公務員→在日外国人でもなれる自治体が多い。一日中パソコンの前や窓口でのんびり

○国家公務員→全国に約50万人
●地方公務員→全国に約330万人

○国家公務員→平均年収590万円
●地方公務員→平均年収770万円

○国家公務員→日本のために夜遅くまで頑張り、サービス残業の嵐
●地方公務員→定時帰宅(まれに残業)


国家公務員(霞ヶ関省庁・裁判所・外交官・海上保安官・自衛隊など)と地方公務員(市役所・役場★教員★など)は分けて考えなければならない。

日本のために過労死寸前まで働く国家公務員。ぬるま湯の地方公務員とは雲泥の差。
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009070101000924.html
http://www.47news.jp/CN/200707/CN2007071801000398.html

★★★教員は地方公務員です★★★

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。