スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那経済の末路

支那経済の末路

1000.jpg

 シナ出身の私にとって、日本で一番嫌いなものはマスコミである。特にテレビ局中心のマスメディアによる捏造、偏向報道の酷さにいつも怒りを感じる。震災後、日本テレビがもっとも早く取り上げた番組は、シナ共産党の工作員加藤嘉一が出演するプロパガンダ番組である。普通の日本人は、そんな番組を見たら、下記のような結論を出すだろう。シナの巨大市場は魅力的だ。所得格差など様々な問題を抱えていても、経済発展は著しい。チャンスが沢山ある。

 しかし、私は普通の日本人ではなく、シナで生まれ育ち、シナのことを良く知っていて、いつでもシナの状況を把握できる。日本の大震災が発生してまもなく、シナ共産党がコントロールしている多くの各級メディアは、「敵である日本人の集団処刑を見る」心理状態を隠せない一方、「火事場泥棒」的な心理作戦が行われている。日本の優良企業の買収や、震災を理由に高い技術力を持つ日本企業をシナに移転させることがそうだ。

 また、シナが日本各地で大きな土地を買い続ける動きをみれば、確かにシナは大金もちになって、経済成長していることを現実と思うだろう。しかし、シナの国内の経済状況をよく知る人は、まったく逆の考えである。シナは今、深刻なインフレ状況でまったく改善の兆が見られない。特に食料品、生活用品の値段が上がっている。ある所では農民が植えた野菜は売れなく、そのまま畑で腐っている。一方、市民は高い値段を付けた野菜になかなか手を出す事ができないという現象が、シナのネットで話題になった。

 なぜインフレがなかなか改善できないだろうか?それは、シナは過量なお金を印刷し、そのお金の多くが不動産に流れたからと言われる。不動産バブルが崩壊すれば変わるのだが、不動産投資に関わっているのは、シナの国家銀行および各級政府機関やシナ共産党の高級幹部とその家族。つまりシナ政府は、自らシナ不動産バブルを作った。もし不動産バブルが崩壊したら、巨額損失によって、一部の銀行は破産するかもしれない。そのため、国内のインフレを抑えるため、海外に対しシナ経済が高度成長しているイメージを与え、国内に余ったお金を海外の土地や不動産を投資することが、シナ当局が今考えている政策である。独裁政権のため、国民のお金をいくら搾取しても誰も反対することはない。

  シナの実体経済は相当に悪く、シナの全国商工業連合会の近日の調査結果によると、江蘇・浙江などの16省の中小企業は現在厳しい経営状況が続き、2008年のリーマン・ショック後より困難な局面となっている。長江デルタ地域で今大量の企業が生産を停止、或は生産を半分停止しているという。さらにシナの南部で外国企業が集中している東莞は、人件費の上昇や生産コストアップと共に、台湾の企業を中心にしたベトナム、東南アジアへの工場移転の動きが止まらない。この状況が続けば、今年年末にはシナの南部、東部経済発達地域中心に広範囲の企業倒産が起こることが避けられないだろう。

  しかし、東日本大震災により、シナにとって大きなチャンスが到来した。シナ国家発展委員会が沿海部各省の幹部に現地の日本企業を支援し、さらに被災地にある自動車部品、半導体企業をできるだけシナに誘致する指示が出たそうだ。被災地への救援やほかの支援活動等「善意」のパフォーマンスは、ただその目的を達成する為だろう。

  日本が大変な時期に、国民を見捨て、被災地雇用を守らず、シナに移転しようとする日本企業は、絶対に許せない。売国だけではなく、愚かで人間性が欠如した、最低な企業と永遠に認定すべきだ。しかし、そのような企業が確かにある。5月14日の日経新聞は大手銀行であるりそな銀行は、今秋から行員の経費精算や振り込みデータ作成などの情報処理業務をシナに移すことを報じた。そして管理コストを約3割削り、事務職員を100人規模で減らすという。詳しいことは以下のURLを参考にして下さい。
http://s.nikkei.com/iSsL3P

  経団連等の団体は、労働力が足りなくて移民を受け入れると叫ぶ一方、こちらの売国企業は一所懸命日本人の雇用を減らしたい。本当に許せない。シナ経済のバブルは、いつ崩壊してもおかしくない。世界中の企業はすでに撤退し始めた。もし日本企業がシナのプロパガンダに騙され、シナに進出すれば、大きな危機を迎えるのは間違いない。さらに経済が崩壊すれば、シナの民主化を求める革命が起きるのも時間の問題だと思う。

 日本企業はシナに投資するな。シナに投資した日本企業も早く日本に戻って、日本人を雇って、すばらしい日本の未来を作ろう!


 日本企業なら日本人の雇用を守ろうと思う方は、応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO    メガネの豚

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

やっぱり

Twitterにも書いたが、性格が悪い奴は支那が好きなんだね。
チベット侵略などの実態を知らないで憧れてるのは性悪ではなく無知なだけだが。

お帰りなさい!

帰ってこられて嬉しいですよ。

これからは御体に気をつけて(私もうつ気味で落ち込んでおります。親のことなど色々ありまして)不定期更新でがんばってください。

また応援しますよ!!

応援クリック。

ルール

ボクシングでもサッカーでも またみんなが嫌いな戦争でもルールがあります。 ボクシングで勝ち負けをあらそってるときいきなり 木刀で叩くとルール違反である が 相手方は、倒れてしまう 木刀で叩いた奴は勝ったと喜んでいる しかしこんなボクシングの試合は見てて面白くない! これが、支那じゃないだろうか?

なんちゃって国家はりぼて国家シナ共

本当に不思議だわ。この現象は・・・。
外からだけの誘導や刺激だけで、こういとも簡単に記事のような有様になるかねぇ。
中から?それにしても無防備なのか、どこかのように目先の利益しか見えなくなってるのかねぇ。
主義も違うし、漏れ伝え聞くシナ共のやり方もアレなのに・・・あっちへ(会社移転)行こうとは思わないねぇ。どういうふうに煽ったら反日キチガイ集団のしかも本拠地になど行こうと思うのかね?それが知りたい。
人件費多少安いってったって、ある日突然賃金上げろデモが(多分シナ共指示のもと)勃発などして、いずれ日本と変わらなくなるような計算になっているだろうし、
「潤ったら顧客として魅力」などと吹聴しているが、チョンセンと同じことが起こるだけで、「顧客」になどなりそうな気がしないわ。
つまりパクったり盗んだ技術で「自称ライバル」「日本邪魔」
「昔と違うあるよ!今はパクリ技術も向上したあるね」(薄ら笑い)日本から企業が続々と来てるのが証拠ある。
あ?たてつくあるか?日本企業に嫌がらせor従業員を言い掛かり(捕まえようと思ったら何の罪でも建前上つける)で拘束などなどetc

この場合相手のことを知りもしないのにノコノコいく方がペナだと思う。
長期的ならデメだと分かってても目先の利益ってのが経団連?
とりあえず、今目先の儲けを取って、自己責任と言われても何かあれば「国がなんとかしてくれる」と思ってそうだ。

かえってきたモトシナマン

おかえりなさい!
日本の復興にはあなたが必要だ。
いろんな意味で。

退路は宇宙だけか

おはようございます。

日本人すら無意識に「反日」時代ですからね。
マスゴミによる創作られた世論とやらで。

No title

再開なさった事を今日知りました。
とてもうれしく思います。

ソウダ( ゚0゚)ノ ソウダ

かの国が真に発展していると言うのであれば、いんちきしてまでわが国に居つきたがるやからが少なからず登場するであろうか。大多数の人間はそうした虚飾の「発展」から取り残されているから、わが国に対する不法入国が頻発するのです。かの国が大発展しているなんて見え透いたいんちきを吹聴すべからず!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

中国に日本の中小集め、自動車部品団地 10月に完成 400社進出目指す

No title

りそな銀行って旧大和銀行のことですよね。
旧大和銀行は小沢一郎が、蓄財したお金を管理していた銀行ですが、自由党と民主党が一緒になる時に、不自然なお金の流れがあったのですが、そのお金はやはり大和銀行経由でしたね。
小沢一郎の政治資金管理団体・陸山会名義の不動産買い漁りのときにも、旧大和銀行の名前が出ていました。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。