スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナ当局がチベット、ウイグル人への鎮圧

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 


シナ当局がチベット、ウイグル人への鎮圧

  一部の日本人の方は、なぜ私がいつも自分の民族である漢民族を批判することについて疑問を持っているようだ。我が漢民族は、世の中で一番残虐、変態な民族と言っても過言ではない。小さ頃から私は一番好きなことは読書、特にシナ、世界歴史に関する本、シナ古代の文学作品など、成年期まで長く読み続けた。漢民族の歴史、古書を読めば読むほど、それらの本の中に描かれた漢人の残虐、狡猾、凶悪、変態、利己、貪欲の民族特性に、いつも私は羞恥、不安を感じていた。

  魯迅先生の言葉を引用して言うと、漢民族は人を食う民族である。シナ歴史は貧困、飢餓、殺戮、戦乱、詐欺、侵略、酷刑の歴史、多くのシナ人は昔からほかの人を苦しめ、痛みを与える方法を考えている。国の支配者である皇帝のために男を去勢させて、社会の支配者である男の変態的な性欲を満足ため、女に纏足をさせ、これらことは何千年も続いてきた。

  周りの民族が、一旦、シナ漢民族に征服されたら、どんな悲しい運命となるのかすぐ想像できる。文革中のチベット大虐殺、今でも続いているウイグル、チベット、南モンゴルへの残酷な鎮圧。毎回、このようなことを思うと、漢民族の一人として恥ずかし限りだ。今回はシナ人がチベット、ウイグル人に行った残酷な鎮圧、虐殺の写真を紹介したい。日本人もしっかり注意をしないと、未来はチベット、ウイグルと同じ運命になるだろう。


文化大革命時期のチベット大虐殺
200705080027z_special2.jpg


200705080027z_special1.jpg

200705080027z_special3.jpg

200804242155z_special3.jpg

200804242155z_special4.jpg

200804242155z_special6.jpg

200804242155z_special5.jpg

2009年7月6日のウルムチ大虐殺

200907060011china1.jpg

200907060011china4.jpg

200907060011china15.jpg

200907060011china3.jpg

200907060011china7.jpg


ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO     豚3

テーマ : 歴史認識
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

最近シナ豚さんって前世日本人?って思ってきましたw。

いやもちろん大陸人らしさを持っていらっしゃいますが。

魯迅先生のような方を真の愛国者というのでしょう。

応援クリック。

No title

わかります、ただ残念な事にネットの情報はテレビより伝わりずらいのです。
こうしてネットで真実について伝えてくれる人にただただ感謝です。
できる限り伝えるようにはしているのですが・・・。

No title

いつも読ませていただいております。

オーストラリアで共産党の残酷さについて、デモでパフォーマンスをしている場面に遭遇した事があります。

役者が包帯を体に巻き、赤いインクを血に見立てて怪我をしているシーンや縄で縛られ拷問しているシーンを演じていました。
正確なデモンストレター達の団体がなんだったのかは憶えておりませんが、かなりショッキングだったのは記憶に残っております。

日本でそのようなデモ演説をして訴える事はできないのでしょうか。
それとも私が知らないだけで、行われた事はあるのでしょうか。

本当に知らないって怖いことです

日本人の多くはいまだに古き良き古代シナ人という
偶像への郷愁を捨てきれていません。
現実のシナ人の残虐さなどとても信じないでしょう。

シナに乗っ取られてしまってからでは手遅れです。
一人でも多くの人にシナ人の実体を知って欲しいです。


にほんブログ村は朝鮮人のもの?

反日朝鮮ポップス歌手が、札幌市の全国的に知られた祭 
札幌雪祭りにやってきます。
最近にかかわらず、6年も前から日本社会における朝鮮文化のあり方などを話題にしてきたブログが、にほんブログ村の韓国芸能人ブログカテゴリの1位をとったにもかかわらずブログカテゴリをにほんブログ村村長に勝手に変えられました。
にほんブログ村の言い分
「アンチの方はご参加頂けないことになっております」
規約にはそんなことは書いていないのです。
明らかな言論統制です。

雪祭りとブログ村、「南朝鮮」という媒介で根っこでつながっています。
日本はこんなところにまで朝鮮人に入り込まれているのです。
http://blog.goo.ne.jp/geogiegeogie

No title

わたくしども夫婦には子供がおりません。
小学生のかわいい甥たちはおります。
甥たちにも支那の恐ろしさをいずれ教えなければならないと思っておりますが、このような写真をだいたい何歳ぐらいから見せるべきか正直悩みます。

「ウルムチ」

 自分の中で毎年恒例になっている8月15日の靖国参拝。昨年は、境内で東条英機のお孫さんにあたる東條由布子さんのお姿を見かけた。近辺では在特会によるシュプレヒコールもあった。   参拝の帰り際靖国通りの歩道で、各種保守系団体のビラを受け取っていると、willや正論などによく登場する人の姿が・・。  その人の名は、日本ウイグル協会の会長を務めるイリハム・マハムティ氏。私は思わず「雑誌でいつも拝見しております。」とイリハム氏に声をかけた。イリハム氏は実に気さくな感じで、始終ニコヤカだった。     ところで、「平和」「戦争反対」「人権」などと普段きれいごとを云ってるサヨクの連中は、シナや北朝鮮などの独裁にあえぐ人達の為には決して声を挙げる事がない。むしろ、そこへ韓国を加えた、特亜三兄弟の為に手を貸し、奴らの横暴や工作を助長させるのみ。最低の連中だ。       YouTubeの動画検索で「ウルムチ」などの文言で検索すると、シナ人によるウイグル人虐殺・弾圧関連の動画が、かなりの数ヒットします。日本の反日マスコミが決して伝えない暗黒大陸の一端を垣間見る事が出来ます。

不思議だな、中国人のニュース

一昨日だか、中国のスーパーで毒を入れられた食品が販売されたニュースがあった。今捜してもなかなか見つからない。
多くの人が魚拓で知っている
中国人の心臓えぐり出し事件 のように短時間で消えた?

このニュースも日本ではこのブログ以外聞かない。
ザンビアで中国人経営者が労働者に発砲13人が負傷
http://taiyou.bandoutadanobu.com/
最近中国に都合の悪いニュースは報道されなくなってきているのか?
朝鮮や中国関連のニュースは魚拓をとっておかないと後々読めない。

虐殺・民族段篤恵の布石は、言論の操作から。

No title

↑ごめんなさい、漢字が変に変換されていた。
民族弾圧の布石は、言論統制から。

支那の批判を自由に言えないわけ

日本のマスコミがあまり中国の加害行為を伝えない理由を、まだよく
ご存知ない方の為に、考えられる理由を3つあげておきます。

日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】 
http://www.youtube.com/watch?v=TajPV6IC4bY

1)上の動画にあるような、計画的な工作が続いている。マスコミや
日教組を通して、また左翼・売国政治家を利用して、または司法、立法、
行政、宗教界など、あらゆる組織に潜入、工作を続けて侵略をしていること。

2)支那に進出している多くの大手企業らが、支那での仕事がやりにくく
なるからと、支那の悪い事はあまり報道しないようにスポンサーとしてマスコミに
圧力をかけていること。

3)TV局などの株式の多くを支那・朝鮮人及び帰化人らが持っていて、外国人
株主からの圧力で、支那・朝鮮がやってきた、または今もやっている悪業を報道
できないこと。

No title

Candyさん、素晴らしく分かりやすい動画をありがとうございました。
見終わって、気分がずっしりと暗くなりました。
中国の思惑通りに日本はシナに汚染されているのですね。
日本人全員が目が覚めても、まだ間に合うでしょうか?
いや、間に合わせなければいけません。

日中記者交換協定、ずいぶん前に出来たものなのでほぼ忘れていました。
思い出させて下さってありがとうございます。
1,964年に出来、1,968年に修正。
シナに記者が一年半も拘留される鮫島事件もあったのですね。

2002年5月に発生した瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件(ハンミちゃん事件)のビデオ映像を、共同通信外信部が世界に対して報道。この事件後6ヶ月間、共同通信記者に対して中国から取材・報道ビザの発行が認められなくなった。
(ttp://ja.wikipedia.org/wiki/日中記者交換協定 から)
日本国内におけるシナ人の報道も、されないのなら注意喚起しようもない。恐ろしい国を売る協定がなされていたものです。

韓国狂いの異常者 岡田克也 

異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統 岡田かつや 異常人格 岡田かつや 韓国狂い 岡田かつや エタ以下の血統

No title

こんにちは

最近、こちらの記事を拝読しています。おっしゃることはまさにその通りだと感じております。

私も自分のブログで、中国の本質を多くの人たちに知ってもらいたいと思い書いておりますが、やはり日本人が外から観ているのとは違った視点をお持ちのようです。

私なりに中国の危険性をまとめたエントリーを6日間に分けて書いております。

中国はなぜ危険か

http://takaojisan.blog13.fc2.com/blog-entry-229.html

よろしければご一読いただきたく存じます。またコメントをいただければ幸甚に存じます。

初めまして

初めまして、私は人素(じんそ)と申します。

昨年の都条例制定を期に政治への関心を強めまして
色々な現状の情報を知る上でこちらのブログも拝見させていただいておりました。

私は1月9日にNHKで放送されました
「日本はなぜ戦争に向かったのか」を視聴して
現在の日本もまた戦争に向かっているという見解を持っております。

理由としましては生物学と行動科学と哲学と歴史的事実からの見解です
私自身これらの学問は独学での習得でありますが
私は現在の日本が戦争に向かっているという見解を確たるものとしております。

現在私はこの見解の周知のためにマンガを描いておりまして完成しましたら
駅前などでの無償配布などを考えております。

つきましては、皆様にこの見解を論破していただきたいのです。
先に述べましたように私は独学によりこの見解にいたりましたから
知らない情報や、理論が多々あると考えておりますので
この見解自体が正に荒唐無稽なものである可能性も
私自身は期待しております。

私自身は戦争などは望んではおりません
しかし、現状の放置を続ければ残念ながら戦争へいたると考えておりまして
そして、それを回避するためには正に日本人全員がこの見解を持ち
行動するしか無い、と言うのが現実です。

ここまでは、前置きであります「戦争」などといった単語が出た事により
多くの方がこの話を嘘や詐欺、ネット的に言えば釣りであると考えられたと思います。
また、こういった議論を許容できる方とできない方がいます

許容可能な方が居られるかの確認の意味をもって
まずは、反応を見せていただきたいのです。こういった試すような
やり方を好まれない方も多いとは思いますが
どうか、私の話を聞いていただけませんでしょうか?

聞いていただける方はコメントにてその意思を示していただきたい。
集計はこのコメントから一日たった段階で集計いたします。
また、聞きたくないという方が半数を超えましたら
この話はただの妄言として捉えていただき
管理者の方にこちらのコメントを削除いただくようにお願いいたします。

No title

>2011-01-15 21:57 人素 様

>私自身は戦争などは望んではおりません
しかし、現状の放置を続ければ残念ながら戦争へいたると考えておりまして
>そして、それを回避するためには正に日本人全員がこの見解を持ち
>行動するしか無い、と言うのが現実です。

おっしゃるとおりで、普通の人間であれば戦争は望みません。

しかし、戦争は人間が望まなくても起きるし、それを外交の具として使う国家では、限定戦争であればためらわない場合が多く、自国の要求をのませるために戦争を仕掛けることは非常に多くあります。それが、誰に求められずにエスカレートして全面戦争になる可能性もあるでしょう。

したがって、日本人が戦争を望まなくても、戦争を仕掛けられる可能性は常にあります。戦争を避けるための最も効果的な手段は、他国に、日本に戦争を仕掛けようとの気を起こさせないことです。つまり、しっかりとした国防力を持つことです。下手に日本を攻撃すれば、倍する反撃を受けると認識させることです。

私のブログにも書いていますが、軍事力を持つのは戦争を避けるためです。戦争をするためではありません。

日本人に国防意識が芽生えてきたのは、戦争前夜に近づいているのではなく、戦争を避けなければならない、その具体的な手段として軍事力を持つべきだし、またしっかりとした国防意識を持つべきだと言うことです。

軍事力を持つべし、核武装をすべし、中国を警戒すべしという意見が日本の中で高まってきたとすれば、平和への意識が高まったのであり、戦争に近づいているなどとの認識を持つべきではありません。

平和教育はむろん重要です。しかし、正しい平和教育のためには正しい歴史認識、地政学、外交力への知識、正当な国防力の構築は欠かせません。それら無くして平和を語っても、戦争の危機を近づけるだけです。

とうぜんながら、国家間で利害の調整のために話し合いは常に大切です。しかし、その裏付けに正当な軍事力と、国を守る意志がなければ、話し合いはほとんど無力です。もし、話し合いで国家観の軋轢が解決するなら、戦争など起きるはずがありません。

繰り返しますが、軍事力の確保は、戦争回避、平和の維持のため絶対必要なことです。日本が戦争に近づかないためにも絶対必要なのだと認識してください。

よろしければ私のブログ
http://takaojisan.blog13.fc2.com/
へおいでください。いろいろ、この件で書いています。

最近では「日本の軍事力としては」というエントリーなどに書いていますので、コメントなどいただければ幸いです。

NHKの日本が戦争に向かったのか←NHKのああいう特集は基本的に信用しない方がいいと思うがね
支那の支局が中にある局だし
ジャパンレビューでは捏造もやらかして訴訟中

戦争に向かう ←どの辺が? 能動?受動?

この理由=歴史学 生物学etcでこの見解を論破って言われても自己完結でしようがない

以上
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。