スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人が見たシナとシナ人が見るシナは違う

当ブログの主旨に賛同する方は最初、クリックお願いします。
豚のダンス 

日本人が見たシナとシナ人が見るシナは違う

1176944824858_105591.jpg

1176944837897_105591.jpg
シナのある地方政府は、沢山のぼろ家を隠すために、綺麗な壁一面を造った

 私は日本人の方からこのような質問されたがある。「我々はシナに行った時、なぜシナ豚さんが見た現象を見られないのだろうか」。実際にシナで長い期間滞在した日本人やシナ人の親戚を持つ日本人でも、シナ人のように、全てのシナ社会を知る事ができないと思う。

 シナには「家醜不可外揚」(身内の醜態や恥は外に晒してはならない)のことわざがある。「面子」を重視するシナ人は、いつも外人の前では、我が家、自国の短所、醜態、恥を隠蔽するということだ。そのため、シナ人のことを何も知らない日本人は、初めてシナを訪ねると、シナ人に良い印象を持つ人も少なくない。一人の貧しい農民は、列車で知り合ったばかりの外国人に自分は毎日裕福な生活をしている嘘を話す。一人の出稼ぎ労働者は、月給1千元くらいしかないが、外国人に見下されないために、質問した外国人に対し「月給5千元」と嘘を言う。例え嘘をいってでも恥をさらしてはいけない、多くのシナ人はそのような思想を持っている。だから、シナ人と数回しか接触した事のない外国人は、シナの真実を知ることができない。

 さらに、シナ政府は外国人のシナ国内での活動に一定的な制限を設けている。80年代、私の祖母の近くに住んでいたお爺さんは買い物時に、一人のアメリカの白人記者と出合った。その白人記者はシナ語ができるため、お爺さんと色々な話しをした。初めて白人と話ができたお爺さんは嬉しくて、その日の昼、白人記者を自宅に招きご馳走した。しかし、白人記者が帰った後、派出所の警察官がお爺さんの家に突然やって来た。警察官は、お爺さんが派出所に報告しないで、勝手に外国人を家に招待したのは違法だと指摘した。その後警察官はお爺さんを派出所に連れて行った。その日の夜に、お爺さんはやっと家に帰って来ることができた。警察はお爺さんと外国人記者との談話内容について、詳しく記録をとったそうだ。そしてお爺さんは反省書と、二度も同じことをしない保証書を書いてようやく解放された。

 専制独裁国家のシナでは、シナ当局は外国人が支那の真実を知ることを恐れている。外国人が国際社会で、シナの醜悪な一面を晒すことを怖がっている。実際にシナ政府の要請を受けてシナを訪問する外国人、外国人団体はシナに行っても、シナの本当の一面を知る事ができない。メディアで放送される外国人と対話するシナ人民間人には、シナ政府機関が前もって台詞を渡して覚えさせる。彼達が外国人の前で行う発言、行動は全てシナ政府の意向に沿ったものである。

 言論の自由がないシナでは、シナ政府は全ての言論機関、国家機構をコントロールしている、シナで生活しているシナ人が、自由に外国メディアの取材を受けるのは難しい。ある有名な在日シナ人工作員は「日本人千人訪中団」がシナに来たら、間違いなく良いシナのイメージを日本に持ち帰ってくれると断言していた。彼の自信は、まさにシナ政府が行っている人民コントロール能力への自信だろう。

 また、ある読者の方は、なぜ今でも文革を懐かしがっているシナ人がいるのか、とても不思議に思っている。これを見ると、やはり日本の人は、シナのことをまだ理解できていないと感じた。文化大革命では、多くの知識人、学者、官僚、有名人などが社会低層に落とされたが、元々社会低層にいた一般労働者には大きな被害はなかった。

 その後、小平は改革開放の路線に転換した後、社会の貧富格差は益々大きくなり、官僚、知識人などの社会上層の人物は、権力、発言権を利用して、更に多くの富を手に入れることができた。しかし、労働者の生活は逆にますます厳しくなり、裕福な階層への不満が高まった。このような背景から、彼らは毛沢東時代の比較的平等な社会に懐かしむ。労働者が社会的に高い地位に立ち、いつでも「階級の敵」と認定された人を批判する事ができた文革時代に、特殊な感情を持つのはその原因だと思う。

 因みに、文化大革命はシナで非常に敏感な話題である。いくら文化大革命の全ての罪を、江青と「四人組」に押し付けても、文革の発動者である毛沢東をその責任から逃れさせる事ができない。しかし毛沢東を否定すれば、シナ共産党政権の存在の正当性も失ってしまうだろう。そこで、小平を初めとするシナ政権は、メディアと教科書の中に文革に関する歴史の記述を簡略化し、はっきりとした内容にもしなかった。そして文革中の武装闘争、大虐殺などの残酷な事件は、当局に封印された。そのため文革後に生まれた多くの若者は、文化大革命中に一体何が起こったのかほとんど知らない。


ブログランキング参加中、応援のクリックよろしお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO    豚3

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

日本でも戦時中、戦前、GHQの時代、の話題はネットでかたらられるようになりましたが既存のマスコミではまだまだです。
それを考えるとシナがそういう状態であることはしょうがないでしょうね。
むしろ我々日本人は本当のことを知れる状態にいたのに自分達の怠慢のせいで現在の状態なのですから申し訳ないと最近思うようになりました。
日本人は甘すぎたのでしょうね。

シナの本性世界は知らない゜

シナ人のサイトです
ttp://www.youtube.com/user/caonimazazhongtoushu
ttp://www.youtube.com/user/Chinaforever777
ttp://www.youtube.com/user/GuanYu89
ttp://www.youtube.com/user/zzh08yizi
ttp://www.youtube.com/user/ahlok925
ttp://www.youtube.com/user/dekkkaimara
ttp://www.youtube.com/user/lt20063159
ttp://www.youtube.com/user/zzh08yizi
ttp://www.youtube.com/user/ahlok925
ttp://www.youtube.com/user/dekkkaimara
ttp://www.youtube.com/user/lt20063159
ttp://www.youtube.com/user/Dabanananoob
ttp://www.youtube.com/user/Dabanananoob

No title

外国から貧しさや問題点を隠すため、壁まで作っていたのですね。
しかし、それより驚いたのは民間の外国人との接触すら中国がコントロールしていることです。例に出されている中国の民間人のおじいさんが、国家の機密を知ってるとは思えないですよね。中国人の暮らしそのものや普段から行われている言論統制は、よほど政府にとって都合が悪いという事ですね。
インタビューされている一般人(に見える人)が政府機関の用意した台詞を言ってるだけなんて、普通に生きてる日本人には思いもよらないことです。

隠され続ける支那の実態

日々、マスコミからは全く伝わってこない支那の実態を
教えていただき、誠に感謝です。

一人でも多くの日本国民に、支那がどういう国であるか
真実を知らしめなければなりません。

尖閣諸島沖の事件をきっかけに、支那に警戒する人は
増えましたが、まだまだ多くの日本人は、支那の虚飾と
偽装に騙されたままなのです。

中国共産党の広報機関と化した日本のマスコミでは
絶対に伝わらない支那の真実を広めるために、
支那豚さんのブログを、どんどん紹介していきましょう!

みんす壊滅

文革のおかげで本来シナの未来を切り開くべき優良層がみな殺戮されました。この影響は、一つの世代がある期間に突然いなくなったに等しいインパクトがあります。このおかげで、もともとあほな国がさらにあほになりました。シナの経済は砂上の楼閣です。日本のいいとこ取りをして外見を模倣していますが、なんせ1億人の失業者がいますので、明るい未来などあるわきゃない。最近地方の遊園地で出現した「段ボールガンダム」しかり。すべてこれ。外見だけ模倣してもシナには所詮無理なの。
この国にまだ進出しようというおバカ企業がいることに驚き。
この国にみんすという日本の国会議員が400人も行って、殺戮者とにこにこ握手したのは日本の恥。こいつらおバカみんすは近い総選挙で壊滅させます。

民間人は泊めてくれない

1980年代に、兄は中国を旅行しました。
兄は中国が気に入り、何度も旅行しました。
中国の庶民の暮らしを知りたいと
何度か親しくなった人に泊めてもらえないかと言ってみたそうですが
どれだけ親しくなった人にも断られたそうです。
「なんか国ぐるみで隠したいものでもあるんかな?」と言っていました。

そこら辺の人と話してても、
見張られているみたいな視線を感じたこともあるようです。
本当かどうか分かりませんが、
旅行中の移動も公共交通機関でないとしてはいけないと言っていました。
僻地(ラサ?)に行こうとしたら、何をしに行くのか
しつこく聞かれたこともあったようです。
私は「不気味な国だ」と思っていました。
今日のシナ豚さんの記事で、
どうして誰も兄を泊めてくれなかったのか謎が解けました。

支那人の隠蔽体質

支那人の隠蔽体質・虚勢体質は、日本のTVに出てる支那工作員からも、あるいはネット掲示板にいる支那人からもよく分かりますね。

前にも書いたかもしれませんが、バラエティー番組に出ていた支那人の若い女は、「中国人女性はみんな貞操観念もしっかりしているし、知性もあるし、凄く男性に尽くすんです!」と一生懸命に主張してました。だから何だと思ったけど、それが彼女達の"仕事"なんでしょうね。

ニュース番組なんかでも、支那の街中で"一般市民"にインタビューしたはずなのに、「中国がいかに豊かになり自由になったか」を広報担当のごとく熱弁する支那人の若者とか、ちょっと見る度にぞっとします。

こういう支那人の精神を理解すると、例の緑化計画と称して緑のペンキを木に塗りたくった行為も、偽ガンダムのパクリが指摘されるや否やすぐに顔を覆って撤去したあげく、「そんなものはなかった」と言い張るあの態度も納得出来ますねー…。

食品の誤表示で指導件数公表 消費者庁と農水省

http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122701000324.html
消費者庁と農水省は27日、食品の原産地や消費期限
を誤表示した日本農林規格(JAS)法違反について、
これまで非公表だった業者の指導件数と概要を、半年
ごとにまとめ公表することを決めた。

米国産豚肉を「国産」と表示したのは誤表示でなく、
偽装表示である。農水省や厚労省に潜む日本人社会
の破壊を企む支那人や朝鮮人のスパイ官僚を厳しく
取り締まり排除しなければならない。

【食品・グルメ・レストランの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/sgr/sgr.cgi
【食品・グルメ・レストランのタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

神奈川県警、500人超処分 不正経理で過去最大規模

http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122701000352.html
神奈川県警で11億円を超える不正経理が判明した
問題で、県警は27日、現職の総務部長ら幹部を含む
513人を訓戒や注意などの処分とした。

警察と言う一つの組織内に存在できる組織犯罪グルー
プとは正に日本人社会の破壊者創価学会犯罪集団で
ある。 
このようなニュースを隠蔽する売国テレビ局・マスコミ
の罪を最初に糾弾しなければ問題は解決されない。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

No title

やっぱり支那豚さんの説明は分かりやすいというか、腑に落ちる。
漠然とした支那のイメージが肉付けされて分かってきたように思います。

韓国 李大統領 「戦争恐れては戦争防げない」

http://japanese.ruvr.ru/2010/12/27/37842142.html
李大統領は、「北朝鮮からの脅威に対抗するにはまず
国民的な団結が必要だ」と訴えるとともに、平和な
手段で北朝鮮と統一していく意向を強調した。

北朝鮮はその間、国際社会から孤立しているにもかか
わらず、ウラン濃縮用の遠心分離機2000台以上を保
有していることが明らかとなり、北朝鮮が保有している
1万2000本の核燃料棒は韓国へ移送される可能性
が出てきている。 これを供給したのは日本国内の
売国勢力であり、南北朝鮮共同で核武装の可能性
もある。 攻撃対象は日本へ。

【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

No title

支那豚さんの情報は大変貴重ですね。
日本人ではとうてい理解し得ないようなことでもさらりと真実が述べられています。

私はなぜ毛沢東の人気が落ちないのかが疑問でした。
悪名高い文化大革命。
馬鹿か、といいたくなる大躍進政策。
中国人以外ならだれが見ても毛沢東は阿保だと認識できます。
けれども当の中国人は大事にしている模様。

私には理解不能でしたが、この記事でようやく霧が晴れてきました。
支那豚さん。これからも応援しています。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。