スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那人の日本人より優れている面

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 



支那人の日本人より優れている面

シナ人は日本人より優れている面があるか?シナは非常に人口が多い民族で、ごくわずかのエリートを除く、大勢のシナ人の民度、思想、道徳観は普通の日本人と全く比べられない。

何千年前から独裁統治を受けて、殆どのシナ人は、想像力、創造力が欠如している。血縁関係に基づくシナの社会では、シナ人は赤の他人との間に、信頼関係を築くのはとても難しい。しかしながら、一部の海外にいるシナ人や、良好な教育を受けたシナ人若者は、確かにある面で現代の日本人若者より優れている面がある。もちろんこれはあくまでも個人の視線であり、一つの参考意見として下さい。

一、競争心が強い 海外にいるシナ人若者は、殆どシナの厳しい受験戦争を見事に勝った勝ち組である。彼らの知力水準は一般の日本人若者より確かに優れている。シナはとても厳しい競争社会で、さらに人権もない格差社会。入学、就職の激しい競争で負けた普通の家庭の子は一生、シナの社会のどん底で悲惨な生活を送るかもしれない。だから、シナ家庭の両親は、子供を負け組にしないために、子供の智能教育にとても熱心である。まだ小学生一年生のシナの子供に、親は英語、ピアノ、絵画、算数、多種多様な学習をさせている。

二、勉強意欲が強い。日本の学生は学校でゆとり教育を受けている。シナの学生は、ほぼ毎日ゆとりのない教育を受けている。勉強しない子は社会に出てチンピラになる。シナの学校の先生はいつもそのような思想を子供に教えている。常に変化している世界の中で、シナ学生は新しい技術や知識の習得に非常に熱心である。常に好奇心を持ち、新しいことに挑戦する心を持つシナ人の若者は多い。

三、忍耐力が強い。元々この面は、日本人の長所であった。しかし現代の日本人は豊かになったため、昔からの厳しい条件の仕事や、低い待遇では我慢できなくなってしまった。しかし、在日シナ人にとって、日本で就職できないならば、シナに帰るしかない。そこで、彼らは日本で生活するために、給料が少なく、残業が長い仕事などでも受け入れる。一部の日本企業が、日本人よりシナ人留学生を選んだのは、これが原因ではないかと私が考えている。

四、物事に柔軟な対応が上手。シナ社会は変化の社会、国家の政策、法律、政局は常に早く変化している。激しい社会変化の中では、自分の思想、対応方法を早めに変えないと負け組になる。ひどい時は、自分や家族が被害を受けるかもしれない。

例えば五十年代、劉少奇は国家主席として尊敬されていたが、六十年代には、彼は労働者の裏切り者として定罪され、全国で一切に打倒運動が展開された。七十年代、林彪は一時的に毛沢東の継承者として指名されたが、林彪が逃げ出して死んだ後、野心家、陰謀家、国賊として国中から批判された。1976年10月前、江青はまだ毛沢東の夫人であり、大きな権力を持っていた。しかしその後、叶剣英などが政変を起こすと、江青は「四人組」のリーダーとして終身禁固刑を言い渡された。全国のシナ人も一斉に江青と「四人組」を批判した。政治的な原因で、シナ人は多種多様な変化に適応、反応することが比較的速い。

私は、シナ人が上記の面で日本人より優れていると思っている。但し、シナ人全体は日本人より優れていると思わない。シナ人は一発勝負の民族で、上記長所はただ詐欺の社会から生まれた本能である。長い目で見れば、目の前の利益しか見えないシナ人は日本人に勝つことが難しい。忠誠心が全くないシナ人は理想的な雇用者ではないと思う。

私は現代の日本人の若者が、自分自身の不足部分を克服することを望んでいる。同時に、日本企業が日本人に対し、もっと多くのチャンスを与えることも望んでいる。



日本の若者、頑張れと思う方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO    メガネの豚

テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

教育を改めれば若者は変わる

一と三はそんな感じでしょうが二と四はちょっと違うと思いますね

二のような教養ある支那のエリートは日本ではなくアメリカなどに行ってるって感じかと
四は上っ面だけあわせてるだけで本質は支那精神てのが多いのが現状
華僑なんてのもあからさまだし

もちろん支那豚氏や石平さんなどは例外ですが

日本の若者を強くするには日教組を廃絶し、国家観と競争心と社会で生き延びる基礎的な術を身につけさせることでしょうね そういう方針を示す政党がはやく現れてほしい
団塊を中心として日本の企業は支那人朝鮮人を優遇し、日本の若者を切り捨てるが
あの世代が今まで若者を育てもしなかったのだからおかしな話でもある
これではあまりにもかわいそうだ
ちゃんと教育を行えば特亜人も不必要になると信じてます
このままの流れだと長期的には一層技術の流出などで歪みが出そうな気がします

確かに今の日本人は職業を選び過ぎると私も思う。
例えば、就職ができないからってニートになるんじゃなくて、バイトをすれば良いと思う。
バイトも仕事の一つだし、それなりにやれば昇格のチャンスは幾らかあるし。
それに、いろんなバイトをすればそれだけ自分の知識が増えてくるもんだと私は思う。

日本人はチャンスを自分で潰して、その隙を外国人に持ってかれてんだと思う。

中国の若者?


あ!ただの夢の途中です

中国企業で働いたことがありますが、みんなのんびりしてましたよ。中国人の先輩は、仕事で大切なのはいかにやっているように見せることだ、と教えてくれました。実質的にはサボってましたが、忙しく働いていると上司に見せかける演技力は見事でした。中国人社員がもてはやされてますが、本当に成果を上げているのでしょうか?

はっきりとかかれています。

支那豚さん、お元気ですか。
私から見て優れている点ですが、この町の日本語研修名目で来ている若者は一列で自転車に乗り、歩く、なんか軍隊のようです。これだけです。しゃべりだすと発声法なのか、うるさいですね。これは困ります。

それから支那豚さんの文章は読みやすくなってきましたが、熟語が多いのと、句読点がないので意味がどのように言葉にかかってくるのか(修飾)分かりにくいときがあります。そこを工夫されると文章が軟らかくなるかなと思いました。参考まで。

No title

反論させていただけるならば。

二.の勉強意欲があっても肝心の遵法意識がなければ、企業にとっても日本人にとっても全く意味ありませんから無意味です。
三.の忍耐力が本当にあるならば犯罪行為に走らないでしょうし。
四.物事に本当に柔軟に対応出来るならば、日本のルールに従えると思うのですよ。結局は自分ルールを曲げられず、地元コミュニティとの騒動を引き起こしております。

あ、追加。
五.として、毒に強い。
六.として、命が安価。
も追加しておいて下さい。。。

まぁ、このエントリの趣旨である「日本人の若者頑張れ」からしてみれば、言いたいことは分かりますけれども。。。

No title

尖閣問題を受けた世論調査では、現在の日中関係を「悪い」と回答した人が実に90%にのぼり、
87%の人が中国を「信頼できない」とした。だが、ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、
中国の「嘘と裏切り」が、その軍事力・経済力を背景に、新たなフェーズに入ったと指摘する。
1978年4月、その夏の日中平和友好条約締結を前に、100隻以上の武装中国船団が
尖閣諸島付近で領海を侵犯。当時、小平氏は「偶発的な出来事」と弁明し、
「このような事件を2度と起こさない」と日本に確約しました。
この時日本は尖閣諸島問題を解決する好機を逃し、一方で、巨額のODAを中国に与え始めたのです。
そうして中国の成長を助けてきた日本が、いまや「衝突は日本側のせい」などという嘘によって、
謝罪と賠償まで要求される側になってしまいました。なぜこれほどまでに日本は負け続けてきたのか。
それは、日本政府も日本国民も「中国とはどんな国なのか」を真に理解していないからだと考えます。
日本人は「嘘をついてはいけない」「人を騙したり、裏切ったりするのは恥ずべきことだ」と教えられて育ちます。
しかし、中国人の常識はまったく逆で、嘘をついたり人を裏切ることは「賢いこと」なのです。
『孫子の兵法』で、孫子が最上の勝ち方としているのが、謀略です。上手に嘘をつき、
騙すことが尊ばれる。中でも「二重スパイ」が、一番価値が高いとしています。
歴史において、「中国」という国名の国は実は存在してこなかったのです。
私たちが「中国」と呼ぶその地域には数千年も前から、さまざまな民族が侵入し、
各々、独自の王朝を作って君臨しました。支配したのは、必ずしも今の中国を支配する
漢民族ではなく、蒙古人だったり満州の女真人だったりしました。
彼らはそれぞれ何世紀かにわたる繁栄を築き、衰退し、新たな民族の台頭で滅びていきました。
そして王朝が変わるたびに、歴史が時の為政者に都合よく書き換えられてきました。
中国にとっては、歴史は勝った側が作るもの。事実や真実には意味がなく、
いかなる手段でも勝てばいいと考えるのが、彼らの常識です。
http://www.news-postseven.com/archives/20101224_8452.html


ブログ・面白くない

表面的な2項対立軸で捉えただけですね。何にでも功罪があります。

No title

メリークリスマス、支那豚さん。
中国人の勝ち組の若者は、日本の若者とは比べようもなく人間関係について精神的にタフなんですね。
中国の勝ち組になろうとしてる若者から見たら、日本人は善良なだけが取り柄で才能がないのでしょう。
私も、日本人が個々人で優れていると思ったことはありません。善良であろうと努力する、というのが唯一にして最大の美点だと思っています。
日本人は「自分に不足があることを受け入れてる」というのが基本です。善良・優秀になろうと努力するのです。
自分より優秀な人間を認め、優秀な人間の指示に団結して従います。馬鹿な自分が勝手に思いのまま行動するより、優秀な人が考え抜いたプランに従って集団として行動する方が合理的と判断してます。
優秀な人(リーダー〉を善良だと信頼して、自分の行動をゆだねています(=忠誠心)。それが団結力=日本人全体の力につながっています。
集団の力の出し方が中国と日本では違うのですね。日本の方が「善」ではありますが、優劣は競争の結果ですから日本が優秀だと断言はできないのが悔しいです。
私には小さい子供がいます。1と2については家庭で補強できると思うのですが、3と4は具体的に子供に何をすればいいか思いつきません。なんとかしたいですが・・・。

全く違う話ですが、武田邦彦教授(中部大学)の
「占領されると領土が拡がる中国」
http://takedanet.com/2010/12/post_4823.html
満州人が清(昔の秦、モンゴル、新疆、チベット)を連合国家として
支配していたのが、連合として成り立たなくなった時に満州人が満州国に戻った。すると支那(昔の秦)が「満州は支那の領土だ」と言って、満州を領土とした。
同じようにWW2の前に日本が中国の一部を占領した、WW2の後に日本人は日本に戻った。「日本は中国の領土だ」と言い出す・・・・・
 私には思いもよらない考え方だったのですが、中国からみると「そのとおり!」になるのでしょうか。
日本の他国を尊重しすぎるやり方では、中国もアジアも世界も、日本をいいように利用するだけですよね・・・

No title

先天性障害児は毎年100万人、環境汚染が大きな原因―中国

2010年12月17日、中国では毎年80万~120万の先天性障害を持つ赤ちゃんが生まれている。その主な原因は環境汚染だという。人民網が伝えた。

中国出生欠損観測センターによると、1996年から2007年までの11年間で先天性障害児の出生率は8.77%から14.79%に上昇した。
先天性障害を持って生れてくる赤ちゃんの数は毎年80万~120万人に上るという。

記事によると、先天性障害児の出生率が上昇している背景には「優生保護」の意識が低いこと、妊娠前の予防と妊娠中の検診が不十分であること、環境汚染および劣悪な職場環境などが挙げられる。

先天性障害児の約25%は遺伝、10%は環境、65%は遺伝と環境の両方が影響したものだという研究結果もある。
鉛やカドミウム、水銀などの重金属やホルムアルデヒド、有機溶剤などに長期間接触することがその大きな原因となっていることから、
生態環境を整え「出生人口の質」を向上させる取り組みに力を注ぐべきだ、と記事は訴えている。(翻訳・編集/NN)

http://livedoor.blogimg.jp/amosaic/imgs/9/8/9824d235.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/amosaic/imgs/f/5/f51ef979.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/amosaic/imgs/a/0/a0468d57.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/amosaic/imgs/d/a/dadb1012.jpg

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47925

No title

 「シナ人が日本人より優れている処」とは、前スレの「日本人の欠点」の敷衍と考えて宜しいのでしょうね、ダカラ、日本の若者頑張れと結んでいる。

 此処でいう「シナ人」をそのままとると、きっと「シナ人って一種類じゃないでしょう?」という声が上がる、魯迅に曰く、阿Q=Qちゃんと呼ばれるB層の存在を標準にすれば、シナ人民は永久に救い難いという結論しか出てこない筈です。

 シナ豚さんの仰るのは、飽く迄、客家や温州商人のレベルのシナ人の子弟を指しているのではないでしょうか、現在では其処に限定しなくてもよいのかもしれませんが。

 確かに仰る通り、彼らは善く勉強しますね、そしてよく働く、しかし、それは、彼らの親がそうだったからでしょう、彼らの氏族は代々そうして働き、世界の各所で財をなして、力を得、世界に隠然たる影響力を持っている、シンガポール、タイ、フィリピン、台湾の政治界のトップクラスは皆そうです。

 日本もそうはならないかと、シナ豚さんは心配して居られるのですよ。 その原因には、日本人が日本人では無くなっている現実があるからだと思う次第。

 確かに、現代日本人は国民足る意識が低すぎます、日本は、永い伝統と国土を護って来られた先達に感謝し、先達が払った尊い犠牲に頭を垂れその御霊を祭祀申し上げる、其れが自然に出来た国民であった筈です、だから、戒律や禁忌をたくさん含んだ「宗教」は、日本には根着かなかったのです。

 逆に、四季に恵まれた美しい自然の国乍、火山の爆発、地震の襲来、そして毎年の台風と、自然の驚異の中で懸命に生きて来た民だからこそ、庶民レベルで社会での互助、規律・秩序を重んじる風潮が強かった、だから、観念の産物では無い天然の社会主義が醸成されて居たと看て居ます、だから、社会主義者近衛文麿を擁した様に、戦前日本は間違えたのだとも。

 戦前日本人こそ、国思い、民思い、家族を思って、一身を地獄の業火に投げ入れる、ブッダの説いた兎の様な魂を持っては居なかったか、そのスピリッツが、3年半の間、死力を尽くして戦った相手を驚嘆せしめた、太平洋司令官ニーミッツ曰く「日本兵の強さは天下無比だ」と、但し。「兵は強いが将はなっていない」とも。

 日本人が持つ愚かさは、自分の目で見た人そのものでは無く、名称で人を評価する処です、そのくせ、日本人の弱さは、虐げられて来た人々へ由なき共感を示す事です。

 簡単に云えば、外国には、貧しさに耐えて正しく生きられる民の子孫も居れば、正しき人々を殺して生き残った民もいると云う事を忘れて居るのです。

日本人がんばれ!のお気持ちで言って下さるのは有り難いことです。こういったことは日本人はもう戦後十分外から言われてきて、日本人は驚き、自信を失い、ガラにもないことをやってみたりしましたが、所詮は上っ面の真似事でうまくいきません。
日本人の自信を失わせれば、工作員の思うツボですから、日本人は自信と誇りを失ってはいけません。その上で、必要なことはどんどん取り入れれば良いと思います。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

【世界史上最大の虐殺魔・毛沢東】

毛沢東は1958年から62年にかけて、大躍進政策を推進した。全国の農村に原始的な溶鉱炉を
築かせて、製鉄事業に着手させたのだ。農民は農作業を放棄して、鉄の生産を競い合いあったから、
農業生産物は激減した。燃料の薪を手に入れるために樹木は切り倒されて、山は丸坊主になった。
この結果激しい飢饉が起こり、中国全体で3000万人もの餓死者が出たといわれる。

1955年、中国の毛沢東が「雀は悪い奴だ」と言ったとたん、中国各地で雀の大虐殺が始まった。
雀抹殺専門の突撃部隊が2400作られ、1年で11億匹の雀を虐殺し、1967年迄に雀を浄化
すると宣言した。しかし、雀を殺し過ぎて雀が食べていた昆虫が大繁殖して、大凶作に見舞われ
た。この愚行により、中国全体で4000万人もの餓死者が出たといわれる。

「文化大革命」は1966年5月に始まり1976年10月の「四人組」(毛沢東夫人江青をかしらとする反革命
集団)粉砕までの10年と5ヶ月で終わりを告げた。それは共産党の最高指導者である毛沢東が自ら起
こし、その指導のもとに億万大衆が参加するという長期にわたる特殊な大衆運動であった。
この期間、知識層などを中心に2500万人が虐殺されたといわれる。

No title

支那豚さん。
ブログいつも読ませてもらっています。
有難うございます。
そろそろ、日本人も萌えキャラばかりじゃなくて、真剣に国の事を考えなくてはいけませんね。

No title

うーnnnnnnnnnnn。なんと言う良い言葉。
ありがとおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。良い勉強になりました。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。