スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那人の演技

当ブログの主旨に賛同する方は最初、クリックお願いします。
豚のダンス 

支那人の演技

yiku.jpg
          「憶苦思甜」会の写真

殆どのシナ人は生まれつきの役者である。シナは捏造、偽物、詐欺師の天国、人を騙さないと逆に人に騙されるのがシナ社会の実態。

初めてシナ人の優れた演技を見たのは小学生の頃、おばあちゃんが亡くなったため、実家で一週間かけて葬式を行った。朝一番、家にやってきたのは一部の親戚、友人などの関係者、そして七人ほどの面識ない女の人がいた。母にあの七人は誰と尋ねると、母は葬式のために、特別に雇った「泣く組」の人と教えてくれた。私の故郷の風習で葬式のとき、哀悼する意を表すために、亡くなった人の子孫は大声を出して泣かなければならない。泣く人が多ければ多いほど、その家の子孫の孝行を表す。

しかし、殆どの家は葬式でやることがいっぱいある、とても疲れているため、ずっと立ったまま泣く余裕はない。そして子孫の代わりに人を雇って、泣く役を担当させる。これは故郷で普通なことであった。私の家も当時、葬式の時の泣く役を担当するグループを雇った。最初、私は泣く役の7人と共に、家で一緒に朝ごはんを食べた。その時、彼女達は食べたり、話したり、悲しい顔色は全くみえなかった。「本当にこの人々は泣けるの」と私は疑っていた。

故郷の風習では土葬の場合、棺を家に数日おいて、その後、皆墓地に行って埋葬することになっていた。その日、朝7時頃、葬式は開始され、祖母の棺が家に入ってから、私の後に立ったあの七人の女が突然一斉に泣き始めた。しかも皆大泣きをしていた。彼女達の泣く様子を見ると、その悲痛さは、家の両親の悲しみをも超えたような気がした。その時、私は初めてシナ人の素晴らしい演技を見た。

シナ人の泣く演技はお金を稼ぐ手段だけではなく、シナ人民共和国が成立以来、共産党の「大衆運動」「人民動員」の工具として利用されている。三十、四十数年前、シナ全国の企業、学校、機関は定期的に「憶苦思甜」会(苦しかった過去を思い、現在の幸せをかみしめる)を行う。

その「憶苦思甜」会は、通常シナ共産党政権が誕生する前の旧時代を経験した老人達を招き講演会を行い、老人は涙を流しながら旧時代の生活の苦しさを訴え、シナ共産党政権が成立した後の幸せを講演会の参加者に伝える。このような「憶苦思甜」会を通して、人々の国を愛する、共産党を愛する心を培う。当時、毎回「憶苦思甜」会に参加した母の話によると、あの老人達は悲しい過去の経験を話したら、まるで葬式の泣く役の人のように声を出して泣く。共産党政権下の「幸せな生活」を話したら、すぐ泣き止んで笑顔を見せる。まるで専門の演劇訓練を受けた天才の役人のようだ。

そんなシナ人の天才演技を知っている私は、自称戦争被害者、所謂南京大虐殺の生き残りの証人の話を、どうしても信じられない。もしこれが事実であれば、彼達は若い頃になぜ言わなかったのか?お金、利益、政治等の理由のための涙まみれの演出は、天才役人のシナ人にとってそれ程困難なことではない。但し、シナ人のこの民族性を知らない日本人には、なかなか想像ができないだろう。

以前ネットで南京事件について、私と弁論した左翼の方は、「私は生き残りの証人と日本で会ったよ。彼女は過去の悲惨なことを語りながら、ずっと泣いていたよ。それは真実であることを私は断定できる」と話した。いつも単純な思考をしている日本左翼は、本当にシナ人の真実を理解していない。その上、シナ人の演技力の凄さを何も知らない。




シナ人の演技力は凄いと思う方は、クリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO      メガネの豚

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そういえば、関口jr.の犬HKのシナ鉄道の旅で、(関口が)出会ったシナ人は全てやらせだと、石平さんが指摘しておりました。石平さんの『私はなぜ中国を捨てたのか』によると石平さん自信も幼少期 、対外メディア向けに演技させられたという記述があります。日本人は大嘘つきのシナ人の策略すら見抜けません。情けない事です。

No title

支那人は30秒以上嘘をつかないでいると死んでしまう、てえのは本当の事なんですねえ。台湾じゃ常識ですけどね。(支那豬三十秒不說謊就斃死)最近はもっと短いんだそうですよ。大陸は悲惨ですなあ。

いつも応援しています!
これからも頑張ってください!

そのお話聞いた事あります

確か、朝鮮でも「泣き屋さん」がいるよというお話を聞いた事があります。数千年来、支那の属国であり、嘘、偽り、偽造、捏造が国技の朝鮮なら、宗主国支那様に倣え!!というのも納得です。

泣き女

日本語では、
「泣き女」または「ナキビト」ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A3%E3%81%8D%E5%A5%B3

日本では、朝鮮の泣き女が割と知られて「いました」。

桑名のエタヒニン在日に尽くす政治屋 岡田克也

岡田かつや TALK-ABOUT 朝鮮人ヤクザに子供手当て 日本人の年金は削減  
岡田かつや TALK-ABOUT 在日 穢多には生活保護手当て増額 日本人の年金は削減    
岡田かつや TALK-ABOUT  農業者戸別所得補償で朝鮮人農家大量発生  
岡田かつや TALK-ABOUT  日本国 竹島の資源メタンハイドレートを韓国様に差し上げます 
岡田かつや  TALK-ABOUT 犬鍋強姦大国の韓国に憬れる変態韓流狂い 
岡田かつや TALK-ABOUT 竹島は韓国領でいいと主張する朝鮮私物化国連主義
岡田かつや TALK-ABOUT 在日に選挙権で韓日併合 沖縄は中国領 
岡田かつや TALK-ABOUT 朝鮮総連 民潭の要望が日本国民の民意です  
岡田かつや TALK-ABOUT 靖国 密約 国連 憲法9条 従軍売春婦 捏造地球温暖化 思考回路が朝日新聞の論説 
岡田かつや TALK-ABOUT 不法滞在韓国人売春婦に鼻の下を伸ばす筋肉質変態ペニス  
岡田かつや TALK-ABOUT 宮崎牛の種 H2aロケット技術を韓国様に差し上げます
岡田かつや TALK-ABOUT イーオン 商店街を次々とシャッター街に 兼職禁止規定違反 
岡田かつや TALK-ABOUT イーオン 葬儀ビジネスに参入 真の目的は資産相続調査   
岡田かつや TALK-ABOUT ワーオン 人糞鰻 韓国産偽装サザエ  
岡田かつや TALK-ABOUT イーオン版電子マネー ワォンは韓国ウォン通貨への憧れ   
岡田かつや TALK-ABOUT TPPで日本の農業漁業を破壊しイーオンぼろ儲けを企てる斡旋屋  
岡田かつや TALK-ABOUT 高速道路無料 イーオンの経費削減を消費税増税で補填する   
岡田かつや TALK-ABOUT 天皇制反対 桑名のエタヒニン在日に尽くす穢多以下の血統 岡田家  
岡田かつや TALK-ABOUT もうすぐ総理!パーティー券を売りさばいて実弾攻勢 
岡田かつや TALK-ABOUT CO2排出権取引で北朝鮮様に10兆円献上 新ODA利権の環境テロリスト

応援してます

大変勉強になります。これからもお人よし日本人に
活を入れてやって下さい。

抗議の声を

市民だの共生という名前にくるんで外国人参政権成立の危機!!!!!!!
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/?mode=m&no=862&cr=d959c52329e79808235982465eedcb41


外国人参政権が名前を変えて次々と各地方で画策されています どうか抗議の声を各自治体に送ってください
締め切り間近の所もあります

品性が無い演技

いくら悲しい時でも、あたり構わず大声で泣きわめくというのは、日本人には
抵抗ありますね。はっきり言って「みっともない」というのか。たとえ金が目当て
だとしても、あまりに品性のない演技にしか見えません。

No title

☆支那豚さんいつもありがとうございます。☆

『泣き屋』の話は私は台湾でも聞いた事があります。 『泣き屋』を呼ぶ習慣が日本統治下からあったのか、戦後中国国民党のいわゆる

《外省豬》:《ブタ外省人》  (台湾の元からいる親日の方々は《本省人》と呼ばれ、あとから来た、国民党政権のシナ人を《外省人》と呼びます。) 

の時代からなのかは、親日の本省人の御年配の方々に聞いてみなければわかりません。

話しは少しそれますが、、、、
ちなみに、台湾では、日本人を犬に例え、外省人を豚に例える言葉があります。
『日本人は犬、犬をお腹いっぱいにさせれば、家を悪者から守ってくれる。 大陸から来た外省人(今の台湾総統、馬英九も外省人系)は、食べるしか脳がない、豚と同じだ!』:『日本人是狗,狗你把牠餵飽,牠還幫你看家。那些外省人,卻只會吃,就像是豬』。

上記に[犬殺し]さんという方がいらっしゃいます。文章が日本人ではなく外国人の方が書いた文で、シナを[大陸]と表現している事などより台湾の外省人系の方だと推測しますが、私はこの方のハンドルネーム[犬殺し]の[犬]には、なにか特別の意味があるのか?個人的には聞いてみたいです。

懐かしいです

わが父やその兄弟は皆、満州に出征しました。

復員し、戦後の日本になってからのこと、有り難くも、父が存命なればこそ、いまの私がある。

その子供を前にして、父叔父たちが、酒を酌み交わしながら、云ったことは、朝鮮と支那には、泣き女がいる。このことでした。

わが身の悲しさを、カネを与えて、他人に演出させる。

この不思議さが、わが父等には理解出来なかった。よほど強烈に脳裏に焼き付いたのだろう。わが一身上の悲しさをカネで表現する。

日本の罪界=財界は、支那に買われた泣き女。

支那の専政国家権力の崩壊の時こそ、本当に死ぬほど泣けばよい。

支那の一般大衆は、泣かない。

支那共産党に、石礫を与えるべし。

支那豚氏の健闘あれ。

No title

稲田朋美議員の国会での堂々たる発言に感銘を受けました。彼女を応援する麻生サン、金美齢サン、安倍サン、石破サン他、面々もすごくて希望が湧いて来ました。もちろん左思考のマスコミは取り上げないでしょうが。彼女がサッチャー元首相のように、日本の女性初の総理になってほしいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=0fpTaDjF0zo&feature=player_embedded

そうだね

支那映画で演技が下手な奴を見たことがない。
映画だと素晴らしいのにその能力を悪いことに使うから嫌われるんだよね。

そして、表面でしか判断出来ない奴が騙されていく。
考えるんじゃなく感じることが出来ないとね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

息をするように嘘をつく

支那人は、「息をするように、嘘をつく」と聞いた事があります。
普段意識していない「息」をするように、自然と嘘をつく事が出来る人達、という意味です。それが支那人であり、その嘘の集合体が、支那という国なのでしょう。

やはり我々とは肌の色は同じでも、全く別種の生き物であり、絶対に関ってはいけない、ゲテモノの様な人達であると言えるでしょう。

No title

小生 近所に日本人経営だと思いますが、支配人、従業員みな中国の方で、大いに繁盛してます。料理も美味い(なぜか、私のメンバーは中国嫌い??)、支配人は以前日本人でした。その人も感じは良かったが、今の支配人は(中国人で女性です)もっとお上手です。私たちメンバーは台湾に何回か行き、台湾の良さを知ってます。でも その店の方も(特に支配人ですが)感じが良い。

なかなか難しいですが、人の良い日本人は知らぬ間に、貧乏という奈落の底に落ちていくのでしょうか?

外省人ですかあ

>JADE様

 参ったねこりゃ、あたしゃ単なる帝国臣民で、戦後民主主義とかいう日本捕虜収容所の人からすれば外国人みたいなもんですかね。あ、馬鹿にする気はありませんです。無意識に刷り込まれた前提はやがて意識化されますわ。

 で、犬殺しってのは昔そういう商売があったんですよ、保健所の野犬捕獲員みたいな、今はもう野犬、日本にいませんわね、たぶん。
 犬は日本だというのはのらくろ漫画のイメージかもしれませんが、あたしゃ帝国臣民が犬だと思った事はありませんわ。犬は手先のイメージですかね。脳味噌入ってないイデオロギー鸚鵡返しで、日本の悪口言って、僕はよい子だ、ギブミーチョコレートてやつ、東大にいっぱいいますよ。 ま、座興にひとつ。ども。

チベット人の知人から聞いた話ですが、チベットの生活が人民解放軍の「お陰」で豊かになったかに「見える」ように、貧しいチベット人の家に絨毯や家財道具を持ち込み、チベットの家屋紹介のテレビ撮影をして、その後全て撤収して帰っていくそうです。
絨毯持ち込むのに一日、撮影に一日、撤収に一日と3日がかりでやるそうで、来てそのまま映せばいいのに・・・と当のチベット人達は呆れて眺めているそうです。
こういうまともな感覚が、中共のウソで塗り固めた壁に風穴を開けたんでしょうね。

支那豚様の貴重な情報のお陰で、点と線がつながって行くようです!

あ、「点と点」がつながるのでした。失礼しました・・・

日本語が達者な方から外国の事情を聞くのは大変興味深いです。
シナ豚様、いつもありがとうございます。

No title

上のほうのコメントにありますが朝鮮の泣き女はネットで見たことがあります。
あの民族にしてあの泣き方。
見るに堪えない醜さです。
彼(彼女)らにはああいった空虚な所作が尊ばれるのですね。何の意味もない、、。

私にはただただ嫌悪感しか湧きません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

企業トップの出自家系にも問題有り 民度が低いよ支那朝鮮人

ジャ○コ本社のある区に住んでいる者です。駅前のジャ○コではレジ打ちから支那人がいなくなったそう。 なぜ? 支那人の商品はレジを通さずスルーしてしまうから。 やりそうだよなと夫婦で笑っちゃいました。--いち早く気付くべき事だった、妄言の多さ、陛下を壊れたレコード白痴と侮辱発言の岡田。
その点、インドは立派ですね、最近国勢調査やってる。支那は正直な人口統計など世界中が期待してませんからね。一人っ子政策の惨状で、-------支那女が2020年には 0,4億人 が不足の事態に。 支那人流入、不法入国等ですでに日本国が被害頻発。自国内で後始末させないとね。しかし、何度も愚行やってる民族です。だから今、4000万の支那人を世界中にばら撒いてる。 最近まで上海-租界地区(外国人の居留地)の英国人の公園に~ 「支那人と犬は入るを禁ずる」「No Dogs and Chinese allowed」 という高札(こうさつ)が出されていた。 樹木、散歩道を荒らすので。 今世紀は世界規模での 「支那、朝鮮人は他国への出入り厳禁!」と出入税関に高札を出さんとイケマセン。

No title

 芥川龍之介作「手巾(ハンカチ)」から抜粋

 突然、訪客を告げる小間使が(略) 先生は、小間使が持つて来た、小さな名刺を一瞥(いちべつ)した。象牙紙に、細く西山篤子と書いてある。どうも、今までに逢つた事のある人では、ないらしい。(略)先生は、応接室の(略)中へはいつた(略)客は(略)日本人に特有な、丸顔の、琥珀(こはく)色の皮膚をした、賢母らしい婦人である。(略)
 ――私は、西山憲一郎の母でございます。
 かう名乗つて、それから、叮嚀に、会釈を返した。
 西山憲一郎と云へば(略)生徒の一人で(略)この春、腹膜炎に罹(かか)つて、大学病院へ入院した(略)

 ――実は、今日も伜(せがれ)の事で上つたのでございますが、あれもとうとう、いけませんでございました。在生中は、いろいろ先生に御厄介になりまして……
 
 先生は(略)かう云つた。――とうとう、いけませんでしたかなあ。(略)よくなられた事だとばかり、思つてゐました――すると、何時になりますかな、なくなられたのは。
 ――昨日が、丁度初七日でございます。
 ――やはり病院の方で……
 ――さやうでございます。
 ――いや、実際、意外でした。
 ――何しろ、手のつくせる丈(だけ)は、つくした上なのでございますから、あきらめるより外は、ございませんが、それでも、あれまでに致して見ますと、何かにつけて、愚痴が出ていけませんものでございます。

 こんな対話を交換してゐる間に、先生は、意外な事実に気がついた。それは、この婦人の態度なり、挙措(きよそ)なりが、少しも自分の息子の死を、語つてゐるらしくないと云ふ事である。眼には、涙もたまつてゐない。声も、平生の通りである。その上、口角には、微笑さへ浮んでゐる。これで、話を聞かずに、外貌だけ見てゐるとしたら、誰でも、この婦人は、家常茶飯事を語つてゐるとしか、思はなかつたのに相違ない。――先生には、これが不思議であつた。

 ――昔、先生が、伯林(ベルリン)に留学してゐた時分の事である。(略)下宿へ帰つて来ると、下宿の子供が二人、扉(ドア)をあけるや否や、両方から先生の頸(くび)に抱きついて、一度にわつと泣き出した。(略)先生は「どうした。どうした。」と云つて慰めた。が、子供は中々泣きやまない。さうして、洟(はな)をすすり上げながら、こんな事を云ふ。

 ――おぢいさまの陛下が、おなくなりなすつたのですつて。
 先生は、一国の元首の死が、子供にまで、これ程悲まれるのを、不思議に思つた。独り皇室と人民との関係と云ふやうな問題を、考へさせられたばかりではない。西洋へ来て以来、何度も先生の視聴を動かした、西洋人の衝動的な感情の表白が、今更のやうに、日本人たり、武士道の信者たる先生を、驚かしたのである。その時の怪訝(くわいが)と同情とを一つにしたやうな心もちは、未(いまだ)に忘れようとしても、忘れる事が出来ない。――先生は、今も丁度、その位な程度で、逆に、この婦人の泣かないのを、不思議に思つてゐるのである。

 が、第一の発見の後には、間もなく、第二の発見が次いで起つた。――
 丁度、主客の話題が、なくなつた青年の追懐から、その日常生活のデイテイルに及んで、更に又、もとの追懐へ戻らうとしてゐた時である。何かの拍子で、朝鮮団扇が、先生の手をすべつて、ぱたりと寄木(モザイク)の床の上に落ちた。会話は無論寸刻の断続を許さない程、切迫してゐる訳ではない。そこで、先生は、半身を椅子から前へのり出しながら、下を向いて、床の方へ手をのばした。団扇は、小さなテエブルの下に――上靴にかくれた婦人の白足袋の側に落ちてゐる。

 その時、先生の眼には、偶然、婦人の膝が見えた。膝の上には、手巾を持つた手が、のつてゐる。勿論これだけでは、発見でも何でもない。が、同時に、先生は、婦人の手が、はげしく、ふるへてゐるのに気がついた。ふるへながら、それが感情の激動を強ひて抑へようとするせゐか、膝の上の手巾を、両手で裂かないばかりに緊(かた)く、握つてゐるのに気がついた。さうして、最後に、皺くちやになつた絹の手巾が、しなやかな指の間で、さながら微風にでもふかれてゐるやうに、繍(ぬひとり)のある縁(ふち)を動かしてゐるのに気がついた。――婦人は、顔でこそ笑つてゐたが、実はさつきから、全身で泣いてゐたのである

 これが少なくとも数十年前の普通の日本人でしたが、今でもそういう人が多数派でしょう。

 運動競技特にサッカーなどでも、ゴールを決めるとガッツポーズを決めたり、最近は大相撲でも、特に朝青龍など、勝つとどんなもんだと言う表情でガッツポーズをする、事などが見られるように成りましたが、私にはどうもあまり好きになれません。

 中国・韓国・台湾などの泣き女をテレビなどで何度も見たことがあります。、この夏は台湾での若い泣き女の生活を描いた番組を見ましたが、赤の他人の葬式で本当に真に迫った泣きぶりでした。それでそぷぎが終わったら料金をもらって、けろりとした顔で同僚の泣き女と大笑いしながらおしゃべりをしている様子を見て、台湾の人はそういう演技で死者が本当に慰められると信じているのかと非常に不思議に思いました。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。