スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナ真実の一面、北京にいる上訪者

シナ真実の一面、北京にいる上訪者

シナの首都北京には特殊な群衆がいる。彼達の写真を見ると、ホームレスと連想するかもしれないが、実際には中央政府に陳情するため、シナ各地から上京してきた人々だ。シナ語で「上訪者」と言う。地方政府でなく直接、中央政府(皇帝)に冤罪を訴える伝統は、千年以上の歴史がある。人治国家のシナでは一部の役人の権力は、いつも法律を超える力を持っている。人々が地方政府や役人の腐敗、冤罪、土地の強制収用、重税負担、自分たちの生活苦等を訴えることを目的に、訴えを無視し続ける地方政府より、中央政府ならまともな対応をしてくれるのではという期待が、市民、農民を上訪に向かわせる背景となる。

上訪村とは、各地から上京してきた上訪者が寝泊まりする場所。北京南駅近くにあって、多いときには5000人ほどが全国から集まっていたそうだ。

各地から来た上訪者はとても多く、長年、北京に滞在していても、信訪オフィス(上訪者の陳情を受理する部門)の大門に入る機会すら貰えない上訪者も多い。2008年のオリンピック開催期間、殆どの上訪者が強制的に原戸籍地に戻らされた。それでも希望を持つ上訪者は自分、あるいは家族の冤罪や訴えたい事を解決するために一年一年、春夏秋冬、長く待ち続けている。彼らは極めて悪い環境で生活している。電気、暖房設備がない地下鉄のトンネルや歩道橋の下で路上生活をしている。いつも飢餓と寒さより命を落とす危険がある。写真をアップする前のことだが、貴州省から来た50代の男性上訪者は、路上生活を取り締まる北京の警察に布団を没収され、そのまま凍死したそうだ。シナの真実の一面である。


路上生活をしている上訪者老人
201011291744china2.jpg
上訪者の寝泊り場所一
201011291744china4.jpg
上訪者の寝泊り場所二
201011291744china3.jpg
二人組の男の上訪者
201008081810china4.jpg
二人組の女の上訪者
201008081810china5.jpg
子供を連れて上訪の人々
201008081810china7.jpg
駅の入り口で寝泊りの男性
201008081810china8.jpg
ぼろぼろの服を着ている上訪者
201008081810china9.jpg
多くの上訪者はここに生活している
201008081810china10.jpg
寝ている上訪の老人
201008081810china16.jpg
寝ている上訪の老人二
201008081810china15.jpg
写真の中の二人のウイグル人夫婦の息子は2009年7月5日に発生したシナ当局のウルムチ虐殺事件中に殺害されたようだ。虐殺命令を出したのはシナ当局。いくら訴えても意味はないと思う
201009290613china2.jpg
ウイグル人上訪者の人々
201009290613china1.jpg
この女性上訪者が持った紙の意味は「焦作市委政府は上訪者張小玉を北京で流浪させた」
201008081810china14.jpg
スローガン、陳情書等を持つ大勢の上訪者
201008081810china12.jpg

(以上の写真は2010年8、9月に北京で撮影、博迅新聞網から転載)


ブログランキング参加中、クリックよろしく
お願いします。


戦争論2FC2 BLOG LOGO    豚3



テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かわいそうにとしか言えません…

No title

むかし見た 大地の子を思い出しました。
養父が文化大革命で冤罪で下方された息子を救うために何年も北京に滞在していたシーンが記憶に残っています。
21世紀の中国でも文革の頃と何も変わっていないのがショックです。

No title

はじめまして。

久しく前から支那豚様(名前変えませんか?)のブログを拝見するとともに勉強させていただいております。

上訪者ですか。
歴代王朝からあったことではないかと愚測しております。
一文化圏としての国家の形態はそうそう簡単に変わるものではないと考えます。
今の共産党政権もひとつの王朝と考えれば、清の時代も明の時代も、あるいは2千年前から同じような形態ではなかったのでしょうか。

それに比べて、今の日本人はいかにも平和ボケしているように見受けられますが、実は戦前もその前の江戸時代も、日本では「オカミ」というものが結構「人民」(日本では抵抗がありますがあえてそのように表現します)にたいして優しかったのではないでしょうか。
仁徳天皇の故事など、歴史上の真実であったかどうかという前に日本人の国民性を如実に物語っているものでありましょう。

それにしても、戦後降って沸いたような反日売国サヨクって、

いったい何なんでしょうか。

上訪=日本語での「直訴」

ですね。
日本でも,江戸時代にありました。
桜宗惣五郎が重税を将軍に直訴して,
妻子ともに処刑されました。

明治時代に,田中正造が
谷中村の鉱毒(公害)を天皇に直訴しようとしました。

直訴は,
権力者が民衆の生活を顧みない時に
起こりますね。

支那では,まさしくその状態です。
日本もそう安心してられませんが・・。

No title

長島要一(コペンハーゲン大学DNP特任研究教授)の「W・ブラムセンの情熱ー「和洋対暦表」と古代日本」http://blog.goo.ne.jp/in0626/e/19a166f11a4067ba47de4b1c26639e88#comment-list

仁徳天皇の治世(313-399)に中国の暦法が導入されたが、それまでの日本人は、昼と夜の長さが同じになる春分と秋分を起点とし、春分から秋分、秋分から春分をそれぞれ「1年」として数えていたと言う。まさにそのために、『日本書紀』では仁徳天皇以前の歴代天皇の寿命が2倍になっていたのだと説明している。」

また「たとえば、崇神天皇を実在初代天皇と見なしてその在位を紀元前97年から30年とし、神武天皇から崇神天皇の間の8人の天皇を「欠史8代」とするのが通説であるが、ブラムセンの説では8人とも実在の天皇と見なされ、同様に、実在性を疑われている成務、仲哀の両天皇もよみがえる」となる。・・・

日本の未来

怖くて震えました。シナに支配されたらこの未来が待ってるかと思うとぜったい民主党を解散に追い込んで見せます。
こんな未来絶対イヤッだ。
しかも日本人に直訴する権利もなくむしろそれをしたら殺される運命が待ってそう。
反日売国サヨクの正体は朝鮮系帰化人、在日血朝鮮人、またはそれに洗脳された人です。
だから彼らに有利になる嘘やデマを流します。いい人そうに見えても信頼しないでください。むしろ嘘やデマは行き当たりばったりの場合が多いので矛盾を突いてこてんぱんにやっつけましょう。容赦してはいけません。これはシナ人にもいえることです。譲歩ややさしさを与えてはいけません。

自己責任

ヒトは国を選べない

それを今の状況だけで、自己責任と言う訳にはいかないが…

今の 支那も 朝鮮人支配の日本も まともな人間なら選ばないだろう

でも そこが祖国なら、己にプライドがあるなら、立ち上がる

変わろうと意思を持つものを 国が権力を持って弾圧する事に 反発する
今の日本人のように

今までの日本人は 間違っていた

その間違いに気付けた事が、シナチョン人との 違い、それが 幸せ なのだと思います

キツイ事を言って ごめんなさい

でも 今 日本人は 心の底から 怒りが湧いているのです

日本人のための 国に戻す為に 必死 なのです

私は 画像は観ません

最初は観てましたが…
私には 今の日本国しかないから

朝から 緑色 をまとった 朝鮮人にまとわりつかれて イラついてます…仕事場に行く日本人を 恥ずかしげもなく よく まとわりつけれるものだと感心します

この 事実 の方が 私には 大切です

No title

支那豚様。
いつもすばらしい記事をアップしていただき、ありがとうございます。

少し提案があるのですが、ランキングのクリックボタンを記事の上部にも作ってもらえないでしょうか。
そうすれば、記事がアップされてない日などにでもクリックしやすくなるので、このブログをより多くの人に知ってもらえると思います。

日本の場合は、地方議員とか国会議員とか自衛隊または警察の現役・OBも保守団体主催のデモに参加するし、昔から絶対的な独裁者は居なかったんだよね。
天皇陛下は絶対支配をしない。
そんな事をしたら潰されるのが解ってるからね。
それでも、独裁者が現れた時は国民が天皇陛下または皇族を持ち上げて潰してきたもんなぁ…
しかも、天皇陛下は、
『上下一体となりこの国を守ろう』
と明治天皇陛下は言われたし、歴代の天皇陛下もそうだった。
天皇陛下は天下は1人のものではなく万民のものだと思われている。
それと逆な中国では…今回の記事みたいなのは当たり前なのかもしれないね…。
でも、酷い…。


…日本人に生まれてきて良かったと思う。


管理人さんは日本の皇室をどう思いますか??


民主党政権を打倒する大規模デモ

■ 12.18「民主党(菅)内閣」倒閣宣言! 国民大行進 in 渋谷

開催日:平成22年 12月18日(土)

10:00 準備 代々木公園けやき並木
13:30 集会 代々木公園けや木並木
14:40 隊列準備
15:00 デモ行進 出発 代々木公園けやき並木
(けやき並木~ハチ公前~青山通り~表参道~原宿駅前~けやき並木)
17:00 街宣活動 渋谷ハチ公前広場 (~19時)

主催:頑張れ日本!全国行動委員会・草莽全国地方議員の会・チャンネル桜二千人員会有志の会

連絡先:頑張れ日本!全国行動委員会
 http://www.ganbare-nippon.net/

中国、おまえはジャイアンか?

シナ豚さん、この場をお借りします。

中国が石碑を海にぶち込んでいる「ここから中国!」
中国が墓石みたいな石碑を海にぶち込んでいます。
その数20基あまり。

4番目の写真、毒キノコみたいな発信器でしょうか?
ガムテでつけるのかい!?と思わず突っ込みたくなります。
さすが中国。
感心している場合ではない。
中国のこうした動きを我々は見張っていなくてはなりません。
拡散お願いします。
http://taiyou.bandoutadanobu.com/

石垣市議2人の尖閣上陸に中国「領土侵犯」と抗議(10/12/11)

沖縄県の尖閣諸島の南小島に石垣市議会の議員2人
が上陸しました。尖閣諸島への上陸は­国が禁止してい
ます。
http://www.youtube.com/watch?v=1NZxiVX31Hw&nofeather=True
(動画)
台湾の報道と比べて、事実を隠蔽報道している反日売
国テレビ局の映像の違いをご覧下さい
http://ap.ntdtv.com/b5/20101211/video/43923.html
(台湾報道動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

No title

直訴にいった人達が警察に逮捕されて行方不明…というニュースを見たことがあります。この写真をみると、さもありなんといった感じです。

売国メディアが決して報道しない事実を教えてくだって有難うございます。これからも応援し続けます。

応援クリック。

声を起こせ、蛮行を許すな

 成程、いつの世も逼塞を余儀なくされた環境の中で弾圧された民衆の採るべき途は、お上に対する上訴なんですね。

 しかし、現代シナのこうした上訴と、日本で行われて居た上訴とはその意味も背景も全く違います。

 日本の歴史にみられる一揆も、確かにそうした逼塞した環境で行われた不正や、暴力に対する民衆の最後の手段である上部組織への直訴、即ち上訴を目的としたモノでした、此処で云う一揆とは抗議する為の組織を指し、筵旗を立てた暴動ではありません。

 江戸時代の一揆では、房州の桜惣五郎の駕籠訴や、郡上八幡の宝暦一揆衆の上訴が有名ですが、訴人は悉く自首し、全て獄門磔に処せられて居ます、謂わば、端から死を決しての訴えでした。

 江戸時代のお上は、勿論江戸幕府ですが、彼ら武家の人口は全人口の10%に満たないモノです、謂わば、寡数支配なワケです。

 すると、秩序維持の重要性は殊の他大きい、ですから、訴えに道理が通ってるいるとはいえ、否、道理が通って居るから尚更、上訴に拠る秩序破壊力は恐るべきモノであったワケです。

 其れを、民衆足る農民が熟知して居たから、逃げ隠れせず自ら、獄門磔の形に臨んだのです、民衆も亦、何より秩序が保たれ、子孫が安寧に暮らす社会が維持される事を望んで居たからです。、

 俯瞰してみれば判りますが、現代シナ政府の施政モラルは、江戸期の徳川幕府の其れに遠く及びませんし、民衆の秩序に対する認識も全く次元を異にするものです。

 秩序維持に命を賭けられると云う事は、現在が幸せでなくては有り得ない事です、然るに、江戸期の農民が幸せであったであろうか、私は、十分とは言えませんが、その維持に命を賭ける人がいる事から、幸せだった、亦は、現状を維持したくなる様な、地獄を過去に背負って居たのだと思います。

 シナの現状は漢民族でも地獄でしょう、況してや、少数民族や五星紅旗の小さな4つの星が意味する民族なら、言わずもがな、シナに8億は居ると言われる農に生きるものが、その生産手段足る土地を奪われて一体何を手段に生き延びる事が出来ましょうか。

 間もなく、死に絶える筈の民族の最後の抵抗が何処かで始まるでしょう、我々日本人はそれを他人事のように、聞き流すだけなのでしょうか、それで、一体、日本人の伝統は護れるのでしょうか?

 シナの蛮行に声をあげましょう、行動を起こしましょう。

 シナ人民の為では決してなく、われわれ自身の為に。

おれんじさん

直訴にいった人達が警察に逮捕されて行方不明…というニュース
これでしょうか?
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d23131.html
娘さんが行方を捜していました。
気の毒にきっともう、父は亡くなっているのでしょう。

ついでにもう一つ恐ろしいページを見つけました。
中国の七色に輝く河川と食品
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html
おせち料理に使うタケノコの水煮は、高いけれど安心な国産を買うことに決めました。

これが自称"アジアNo.1"の正体か…

支那の傲慢さ・図々しさは前からですけど、GDPが(支那の出す数字なんて信用していないけど)日本を抜いて以来、ますます横柄さに磨きがかかってますね。ノーベル平和賞をめぐってのノルウェーや諸外国への恫喝然り。

そしてその自称アジアNo.1国家の中身がこれなんですね。とても痛々しいけど、故郷に帰ってもこれより苦しい生活が待ってるってことなのかな。ウイグル人の方達の声が、とても届くとは思えないけれど、それでも彼等はこうするしかないんでしょうね。

支那のネットにいる愛国憤青(糞青)たちは、こういう支那国内の問題についてどう反応しているのかが気になる。基本的に無関心なのか、それとも知りつつ「だから何?」ってスタンスなのかな。

茨城の選挙行くぞ。打倒民主! さま

情報ありがとうございます。これとは違うニュース(東亜備忘録で拝見)でした。確か農民の方だったと思いますが、こちらのニュースも痛々しいですね!こういう事が日常的に行われているのかと思うとぞっとします。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。