スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナ人と日本のカルト宗教二 

          寂しいシナ人の集まり

 あれから一週間、Sから電話がかかってきた。また集会に参加してくださいと私に誘った。行く気はなかったものの、拒否する言葉はなかなか言えなかった。結局、私は彼女に負けてしまった。再び土曜日の中国語集会に行くことを彼女と約束した。

 そして、土曜日の午後三時頃、私は一人で集会の場所に行った。予定時間より15分程早く到着したので、教会の建物の外観から内装までゆっくり見学する時間があった。やっぱり何処にも十字架のような物はなかった。一人で不思議だなあと考えているうちにSの姿が現れた。
 「何をしているのですか」と彼女は私に聞いた。
 「一人で見学していました。一つ、聞いていいですか?教会の十字架はどこにあるのですか」
 「うちの教会は十字架がありません。そもそもイエスは十字架につけられたのではなく、一本の杭の上で処刑されたのです。聖書をよく読めばその事実がわかります。」彼女はそのように言った
 「あ、そうですか?」
 そんな話を私は初めて聞いたけど、なんだか今まで知っていた基督教と違うような感じがした。

 彼女と話をしている間に、集会所の前に一人の日本人女性が、六人程のシナ人を連れてきた。シナ人達は五十、六十代位のおばさんやおじさんばかりでシンプルな服装を着ており、無表情であり、どうやって見てもここの会場と相応しくない存在だった。

 集会が開始する前に、私は機会を見つけて、彼らと会話した。そのシナ人達は、いずれもこの教会の近くの団地で住んでおり、教会の人に誘われてきたそうだ。彼らの子供達は日本でソフトウェア技術者(SE)の仕事をしており、子供の生活を支えるために来日したという。ここ数年間、日本のIT会社は大量のシナ人SEを雇ったことを私は前から知っていたが、自分の親まで日本に呼び寄せるのはちょっと意外だと思う。日本の入国ビザは、いつからそんな簡単に取れるようになったのだろうか?それらのソフトウェア技術者は皆二十、三十歳以上の成人なのに、自分の日常生活の面倒まで親に見させるのは恥ずかしくないのか?さらにこの集会に参加した原因を尋ねると、殆どの人は「寂しくて、話し合う友達が欲しいから」と述べた。私の両親はシナに住んでおり、私は一度も彼らを日本に呼び寄せるつもりはなかった。長年住み慣れた土地を離れさせて、文化や生活習慣がずいぶん違い、言葉も通じない外国に住ませるのは一体どんな親孝行だろう?親不孝ではないか!

 そのように思っていた間に、集会が始まった。今回のテーマはなぜ輸血を受けるのがだめかという話だ。しかしこれに対して私はまったく理解できなかった。長い40分間が経過して、集会はやっと終わった。私は少しでも早くその会場から抜け出したい気持ちになった。しかし、会館から出ようとしたところ、あるシナ人のおばさんが「まだ今度も来てくださいね。あなたと話をするのはとても面白かったです。」と言ってくれた。

 家に帰ってからその夜、昼間の事を色々考えてなかなか眠れなかったので、パソコンの電源をつけて、インターネットで検索したら、その宗教団体の正体が明らかになった。なんと一部の国家でカルト宗教として認定されたものだった。なぜこれらの日本のカルト宗教は皆外国人を伝教する対象にするのかも分かった。それは、我々の寂しい心を利用するためだからだ。シナ人は元々、強制洗脳に対して抵抗感を感じにくい人種だろう。


br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO    豚3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

して、結局何なんだお~

統一? エホバ?

Re: タイトルなし

> して、結局何なんだお~
>
> 統一? エホバ?

ネット素人様

いつもありがとうございます。答えはその二つ中の一つ、私の文章をよく読んだら、わかるはずです。
真実な記事なので、実在の宗教団体名や人名を書くのは避けました。ご了承ください。

答え:エホバ

輸血拒否は、輸血を「人肉食」と捉えているからのようです。

寂しさや不安に漬け込むのですよね、カルトは。

「足るを知る」
恵まれて居る事に先ず感謝出来れば、孤独や不安に悩む事は減って行きますよね。
と、平凡な暮らしを楽しみます。
平凡を嫌う人も居るけど、日本人の平凡は十分幸せな事なんですがねー。

No title

いろいろ大変ですね
私も都会にいるころいろいろな
宗教の話を聞きましたが
結局相手の事を思っている
というより、自分たちの為に
やっているということでしょうねw
深入りしないようにw

No title

はじめまして。

> 自分の親まで日本に呼び寄せるのはちょっと意外だと思う。

昔同僚だったシナ人も「日本に家を建てて、家族を呼ぶ」と言っていたことを思い出しました。
当時は中国の家族観なのかなーと思っていましたが、違うんですかね。

シナではひとたび政変が起これば数千万人単位の人が死ぬので、「いつ生活が壊れるかという不安が常にある」(by 上海人)と言っているテレビ番組を見たことがあります。家族ごと日本に来れば安全、ということなんでしょうか。

Re: No title

> はじめまして。
>
> > 自分の親まで日本に呼び寄せるのはちょっと意外だと思う。
>
> 昔同僚だったシナ人も「日本に家を建てて、家族を呼ぶ」と言っていたことを思い出しました。
> 当時は中国の家族観なのかなーと思っていましたが、違うんですかね。
>
> シナではひとたび政変が起これば数千万人単位の人が死ぬので、「いつ生活が壊れるかという不安が常にある」(by 上海人)と言っているテレビ番組を見たことがあります。家族ごと日本に来れば安全、ということなんでしょうか。

きじとら 様

ご来訪有難うございます。

永住ビザを持っているシナ人は、自分の親を日本に呼び寄せるのは個人的に賛成しませんが、理解できます。
しかし、こちらのケースは、いずれも日本の会社と三年、五年ぐらいの雇用契約を結んだシナ人であり、
「親連れて仕事をする」と言われた成人です。シナ以外の国ならば、誰でも理解し難いでしょう。
 うちの両親は小さいな町で住んでおり、例え暴動が起こしても、大きいな影響がないはずです。(笑)シナ人の家庭関係は日本や諸外国とずいぶん違い、お互いに精神的な依頼関係は異常に深く、これについての問題は今度ブログを書く予定です。しばらくお待ちください。
  

Re: タイトルなし

> 答え:エホバ
>
> 輸血拒否は、輸血を「人肉食」と捉えているからのようです。
>
> 寂しさや不安に漬け込むのですよね、カルトは。
>
> 「足るを知る」
> 恵まれて居る事に先ず感謝出来れば、孤独や不安に悩む事は減って行きますよね。
> と、平凡な暮らしを楽しみます。
> 平凡を嫌う人も居るけど、日本人の平凡は十分幸せな事なんですがねー。

ハタラキアリ 様

いつもコメントを頂き、誠にありがとうございます。

皆様のおかけで私は今の生活に満足しております。ただし日本の未来に対して少し不安等を感じております。日本人にシナの事実を教えるために、このブログを作りました。少しでも参考になれば、、嬉しいです 。

Re: No title

> いろいろ大変ですね
> 私も都会にいるころいろいろな
> 宗教の話を聞きましたが
> 結局相手の事を思っている
> というより、自分たちの為に
> やっているということでしょうねw
> 深入りしないようにw

hadashi 様

コメントを頂きましてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

No title

マジですか。シナ人と言ったら権謀術数騙しの民族だからカルトに声かけられても逆にカルトの方が騙されると思ってたけど。管理人さんは看破したようですが。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。