スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の愛国心とシナ人の愛国心

日本人の愛国心とシナ人の愛国心

qia.jpg

  家屋は当地政府に強制取り壊されたシナ人


右翼か左翼か分からないけど、ある方は当ブログで「愛国心欠如の人が嫌いだ、どの国の人も同じ」そのようなコメントをした。基本的に、私は、日本人は愛国心が絶対必要なもの、シナ人の愛国心は猛毒と同じものと思う。私の考える愛国心とは一体何か、なぜ日本人は愛国するべきで、シナ人は愛国してはいけないのか?ここに私の見解を述べる。

 我々人間は誰でも自分の出生地を選択できない。日本人といい、シナ人といい、最初にどの国の人になるのかを知る事ができない。誰が我々の国籍、出生地を決めたのか。それは我々の両親である。国は沢山の家庭の集まり、家庭がないと国がない。愛国の本質は、家族への愛、恋人への愛、友達への愛、親戚への愛、その家族や地域の絆を維持する為の必要な文化、伝統、社会秩序を守り、自分の大切な人を守るための自然な感情だと思う。簡単に言うと、家族を愛するからこそ国を愛している。

しかし、シナの国とは、少数の特権階層が大多数人民を奴隷統治する道具である。私を含めて、大多数のシナ家庭は、一所懸命働いて税金を払っているが、シナ国から基本的な人権、自由、公平、法制、何も保障されない。特権統治階層の利益を犯したら、警察に捕まり、刑務所に入り、状況によって命まで落とすかもしれない。両親の血税は特権統治階層に搾取された。その国は、私の両親を愛していない。私の両親、先祖代々、シナ国の奴隷である。奴隷となった理由は、ただ我々は不幸にもシナの土地で誕生したから。その国の文化はシナ統治階層が不合理な制度を維持するための文化であり、そんな国は、愛国に値しない。

最近シナのインターネットである面白い話があった。一人の自称愛国者のシナ青年は、釣魚島(尖閣諸島)を守る運動を展開するために、福建省厦門市に行って船を借りて出海する計画だったが、福建省の辺防派出所に阻止された。やむを得ず、家に戻ったところ、なんど彼の家はすでに無くなっていた。現地政府に彼の家屋は強制撤去されたそうだ。家も守れないのに「国を守る」のは何の意味があるのか、日本人と戦う勇気はあるが、政府と戦う勇気がない。その「愛国」は一体何の意味があるのか?シナ共産党が提唱した愛国心は、彼ら独裁政権を守る為の偽物の愛国心である。

シナ共産党を倒すため、民主運動をしようとする人々は愛国なのか?彼らは愛国かもしれないが、その愛国心は大シナ思想から生まれものである。殆どのシナ人民主活動家は大シナ思想の束縛から脱出することができない。支那連邦制の構想も、あくまでも大きなシナを維持するための手段だと考えている。連邦制は一つの軍隊、一つの国家元首である、いくら選挙を行っても、人口が大多数の漢民族は、シナ連邦での絶対有利な位置を占めている。少数民族は自ら軍隊を持ち、自分の民族のリーダーがいないと、彼らの運命は永遠にシナ漢民族に握られると思う。本当の民族自治をすることができない。だから、シナは完全に分裂し、ヨーロッパのように沢山の小さな国をつくらない限り、大シナ思想を消滅させることができない。大シナ思想は独裁主義の温床、大シナ思想を無くさないと、シナがいくら民主化しても、現代意義の文明国家には永遠になれない。今、敢えて大シナ思想を放棄しようと考えているシナの民主化活動家はあまりいない。だから、シナには未来がない。

 日本は素晴らしい国である、二千年あまり続いた伝統、文化、現代の先端科学技術と世界一の勤勉、優秀な国民を持つ。さらに公平、民主、法制の比較的整った社会がある。日本人は、愛国する理由を十分持っている。しかし、一部の反日日本人は大多数の日本人の生活、社会秩序を破壊しようとする。彼らは特定アジアの非道理国家と仲良くし、強盗を自分の家に招待しようとしている。しかし、日本は反日日本人だけの国ではなく、大勢の日本人は自分の大切な家族、この国の安全を守るために、愛国心を持って、反日日本人および強盗集団と戦っている。日本の愛国者は、反日日本人に批判を受ける理由は一つもない。日本国を愛している方々は、自分の愛する人々の未来を守るため戦っている。
 



日本の愛国者、頑張れと言いたい方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO        外国人参政権反対


テーマ : 日本の未来
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

愛は勝つ

しかし自分たちに酷いことをする奴には愛を持てるわけはないよね。
「それでも愛を持て」って言う奴は、まず自分が、キチガイやヤクザと結婚してみれば良い。

自分の場合は、通ってた小学校・中学校に愛着が無いですな。
教員も生徒も酷かったから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

相当、ヤバイ日本

愛国心とは真逆な例だが、テレビで、ある人物の過去を紹介する時、日本でのありふれたセリフは、『この人は、戦前、軍国主義に抵抗し…』である。これが、実に褒め言葉なのだから恐れ入る。

私なんぞ、その時点で、『ああ、そう、国難にも背を向けて来たやつなのね』と、結論付ける。もう、それ以上の関心も何も無い。

日本の軍国主義が、どういう背景で出て来たのか、まるで考えようとしない、アホなマスゴミ。いや、意図的に考えないのかも知れん。こんな中で、日々、おバカな芸能人とか、評論家の下らないヨタ話を聞かせられる凡人が、愛国心なぞ持つ筈がない。多くの人が、日常的に、同僚とか、友人と接していて、そう思うに違いないと推察する。

だから、私は、日本が好きだと言う外国人の方が信用出来る。特に特亜出身者に対して、そう思う。何故なら、彼らは、『日本が好きだ』と言えば、不利益を被ることの方が多いと思われるからだ。この人達の言動が、今後の日本を救う一つの道になる気がする。

偶然日本に生まれた幸せ

「偶然、日本に生まれた幸せを、
どのくらい感謝していますか?」

この言葉は、過去に左翼で無明な状態であった
私を救い、国を愛することに目覚めさせてくれた
小林よしのりの「戦争論」、その第3巻の帯に記された
言葉です。

支那豚さんのブログを通じて、日本に生まれたことを
あらためて感謝し、私の人生を通じて日本を守っていく
決意をあらたにしております。

No title

まぁ、中国の問題点は、中華思想を持って愛国心に縋りつかないと自我を保てないほど生活し難い社会そのものだと思うのですけれども。
その点、日本は生活し易いから愛国心が育ち難い。
本来ならば生活し易い国家こそ愛国心ってのは育つ筈なのですけれど、その辺りは愛国心を政府が国家安定の道具として使っている背景が各地で見られるから……なのでしょうね。

支那のやり方にびっくり

愛国活動をしようとして、阻止され、家に帰ったら家がなかったなんて…。支那豚さんのこれまでの記事からいえば、驚くことでもないのでしょうか。

今回も「愛国心」「国家」の話は、わかりやすかったです。よく突き詰めて考えていらっしゃるというか。普通の日本人は、極当たり前に日常を生きているので、そこまで考える必要がないのですね。

温首相が、民主化して「ロシアのように次々に独立して分割化し、国が荒れたらどうするのだ」「貧しい辺境の支那人の生活はどうするのだ」といってますね。でも今でも十分コントロールは難しそうだし、国際的にも独裁的なあり方は周りの国が迷惑。

尖閣諸島で起きたトラブルや他国も同様に中国に恫喝されている危機を、日本人がどれだけ認識しているか、地方の支那万歳、支那ウエルカムを見ていると不安になってしまいます。これからも応援していますが、くれぐれもご無理なさいませんように。

No title

偶然、日本に生まれた幸せをひしひしと感じています

しかし、日本人とくに若年層には「愛国心」を持っている人々は少ないと思います

やはり教育の部分でその「愛国心」が育たないようになってしまったのか。。。それとも大きな意味での平和ボケが愛国心を育てないのか。。。

[気付いてない]だけかも

自分も愛国心が無いと思ってて、2002年に日韓掲示板を訪れたときは、日本の悪口を言われても何とも思わなかった。
しかし言われすぎると段々と腹が立つようになってきた。
そして、反日国歌に生まれ育ったはずの韓国人が日本を褒めてくれると、自分自身が褒められたわけじゃないのに嬉しかった。

そして最近になり民主党や真実の歴史のことを知り、日本を壊そうとしてることを知って愛国活動をしなければいけないと思うようになった。

愛国心がなさそうに見える人は、日本の実体を知ったら愛国心に目覚めると思います。
まず国際競技で日本の勝ちを素直に喜んでる人は、その可能性が高い。

No title

この前のデモは大勢集まったけど、それでもデモの予定を知らず参加できない人がたくさんいた
↓の情報拡散お願いします

【東京都港区】 10/16(土) 中国大使館包囲 尖閣侵略糾弾! 緊急国民行動

期日:
平成22年10月16日(土)

時間と内容:
14:00 抗議集会 集会場所:都立「青山公園」南地区
         (千代田線「乃木坂」駅下車、徒歩3分)
15:30 デモ行進 出発

デモ終了後 中国大使館前にて抗議行動

登壇予定:
田母神俊雄、西村眞悟、クライン孝子、土屋たかゆき、富岡幸一郎、赤池誠章、小林正、黄文雄、イリハム・マハムティ、山村明義、西村幸祐、三輪和雄、永山英樹、松浦芳子、水島総 ほか 地方議員・文化人・知識人多数 ※10月12日現在

http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=14

大シナ思想

 こんにちは、
 もし今の日本がシナの様な国だったならば、私は決して日本に対し愛国心など持てないでしょう。
 むしろ自分の国が愛するに値する国に変わるように、自分の国と戦いたく思うでしょう。

 国力の勢いを伴った現在のシナ国が「大シナ思想」の元、もうすぐにでも日本に来る様に感じています。

 この「大シナ思想」をシナ漢民族に放棄させるにはどのような方法があるのでしょうか?
 私も毎日考えていますが、何か方法があればブログに書いてもらえれば幸いです。
  ではまた。


 

No title

ブログ内容とは関係ありませんが、失礼ながら貼らせていただきます。

ひめのブログより
http://000hime.blog74.fc2.com/blog-entry-216.html

仙谷を支持している徳島県、「尖閣は日本が中国から奪ったもの」

・・・もうあきれてものが言えません。

真的愛国者

支那豚 様、コンニチハ。
今回のコメントを読みまして、感銘を受けました。
私の限られた体験の範囲、1980年代に日本で留学生と天安門事件の意味を話した経験や1990年代に深センで大学生の通訳と改革開放の行先を話した経験、2000年に華東地域で大学新卒社員と市場経済の影響について議論した中では、そこまで(複数の民族から成る中国社会とその行く末)見通して話す人はおりませんでした。

庶民の声を反映させる民主主義への憧れ、世界経済とつながっての貧しさ脱却への希望、経済発展による豊かな暮らし実現への期待...と。 中国という国が持つ負の部分を議論する事は多々有りましたが、中国人社会の持つ負の側面が話される事は少なく、それを意識していたり、キチンと捉えたりする中国の方と会う事はありませんでした。

ただ、内蒙古の方が、「中国では、面子の下に隠した醜さが、暮らしや社会における様々な問題を生み出している」と指摘したのを聞いた事があります。

個人主義で自己利益を追求しながら国力の増加と国の面子を叫ぶ。しかし、真に良き社会とは何かは考えず、個人利益を得るチャンスが多く有る社会を望む若い人々。それは、激動する社会の中で、個人の間や家族の間での関係を喪い、経済利益確保に邁進した中年の方々が生み出した結果でしょう。

確かに、党が先の大戦の中で封建主義社会国家から何の体制であれ独立国家を維持した功績、続いて英明な指導者が現代化を図った功績、それらは認められるべきです。しかし、その陰に隠して来た社会の進歩に対する負の側面を解決しなければならない段階に来ているのかと。

つまり、社会体制で言えば、戸籍(都市・農村)による差別社会、档案(人事)による管理社会、党指導の建前による人治社会等々、からの進化を妨げていると。
個人で言えば、中華主義・華夷秩序を引きずった愛国で自尊心を確保し、自己利益は社会(国)の維持に反してでも確保するという矛盾。

将にこの態度が、党が指導する国際社会での国の振舞いにも現れていると見えます。 もちろん、日本や米国にもこの様な豚と呼んでよい方々がおりますが、また、それは別の機会に記しましょう

No title

ひめのブログ拝読致しました。即民主党、官邸、関連機関に抗議文書を送ります。明日は電話にて猛抗議致します。便利な時代で、国に直訴しても一応上げてくれます。ある省の課の方などはは、「どんどん抗議を言って下さい。その方が上に上げ易いんです。立場上大きな声では言えませんが、私も一日本人です。同じ気持です。」と仰っておられました。間違いはガンガン直訴致しましょう。

No title


著書『暴かれた中国の極秘戦略』で中国共産党政権による台湾乗っ取り戦略を描いた
袁紅冰氏が来日。台湾乗っ取り戦略の現況とともに、中国の対日本戦略を語ります。

尖閣諸島沖の衝突事件以来の日中関係の背後にあるものとは何か、そして中国はいっ
たい何を狙っているのか? 中国共産党政権内など中国内に余人をもって替えられない
情報網をもつ袁紅冰氏ならではの講演が聴けることでしょう。

■日  時: 2010年10月28日(木) 18:30~21:00(18:00開場)  定員70名

■会  場: 文京シビックセンター 区民会議室 5階会議室C

■使用言語:中国語(通訳有)

■主催: まどか出版

■お問い合わせ・お申込み
 mail予約 adm@madokabooks.com [件名 袁紅冰講演会 お名前 ○○○]
 電話予約 TEL:03-5814-9292    まどか出版 イベント係まで

■参加費: 500円

[講演者略歴]
袁紅冰(えん・こうひょう/Yuan Hongbing)

投稿 yukoku | 2010/10/13 07:41

邦訳『暴かれた中国の極秘戦略』著者、中国からの亡命作家・袁紅冰氏(現在オーストラリア在住)は近く来日、共産中国のグローバル拡張や、対日戦略の中核、2012年までの中国の政局などについて、日本読者に語る。

 ■日時:10月31日(日) 講演時間14時~16時 
 *中国語で講演、日本通訳付

 ■場所:東京都渋谷区道玄坂2-6-17 渋東シネタワー13階

 ■交通:JR、渋谷駅「ハチ公口」徒歩2分 東京メトロ、東急田園都市線渋谷駅2番出口直結

 ■会費:1,500円(特典付き:次回講演割引券付き、大紀元時報送料付き4回無料購読)

 ■予約:日本語で申込み ファックス:03-6407-9409 メール:info@my3.jp
(連絡先、氏名を必ずお入れください)

 ■予約:中国語で申込み ファックス:03-3381-7612 メール:info@epochtimes.jp
(連絡先、氏名を必ずお入れください)

 主催:ワールドビジネスマーケティング協会

No title

自民、グーグルに尖閣の中国名表記削除申し入れ

産経新聞 10月13日(水)19時51分配信

 自民党は13日、地図検索サービス「グーグルマップ」が、尖閣諸島と同諸島の魚釣島について、中国側呼称(釣魚群島、釣魚島)を併記している問題で、グーグルの日本法人「グーグル株式会社」(東京・六本木)に、中国側表記の削除を求めた。自民党は「中国との領有権問題が存在するかのごとき表記になっている」と問題視している。

 さらに自民党は、「グーグルマップ」にロシア語名が併記してある北方四島はロシア語名の削除を、表記自体がない島根県・竹島は島名を書き込むことも求めた。グーグル側は「米本社に伝えて、しかるべき時期に回答したい」と答えた。

 グーグルの日本法人広報部は、産経新聞の取材に「マップ運営のポリシーは中立的立場でユーザーにサービスを提供することだ。異なる主張のある地域は両方を併記する」としている。

No title

http://ameblo.jp/outlawswatching/entry-10670367317.html

上海万博の会場内で「特殊強姦事件」が発生!

日本人は、ラッシュの電車以外では混み合っても「息のかからない距離」を保って並ぶが、中国人はどんな行列でも「必ず前の人に体を密着させて」並ぶのである。密着させていないと、他人が割り込むという信じられない理由があるのだ。

日本人女性は、くれぐれも中国で行列に並んではいけない。

妻が支那人です。

私は、おそらく ネット右翼といわれる一人だろうが、妻は、支那人です。つまり 漢民族です。 日本国籍は、迷わず 取りました。
朝鮮系中国人 張景子のように便利だから などという 無礼な理由では、ありません。
彼女の家系は、国民党の軍属であり 祖父は、台湾で戦死しています。残った中国の家族は、散々な迫害に遭いました。彼女の母も 共産党に殺されています。  
漢民族の文化には、誇りを 持ちますが、共産党の支配が、続くかぎり 今の中国に未練などない という事です。
 中国の南シナ海の覇権が、ひどくなるにつれ プーケットなどへ遊びに行った時でも 自分が、中国人である事を 隠そうとします。
 

No title

中国人であるあなたが、
ここまで日本を理解し愛してくれているということに涙が出ました。
ほんとうに有難う。

それなのに現政権ときたら・・・。
こちらも別の意味で涙が出た・・・。

日本人も危ない

私は日本を愛してやまない日本人であるが、最近の日本人はあまりに変わりはててしまった。都心に住んでいるが、電車のなかで老人に席をゆずろうという人をほとんど見かけなくなった。シルバーシートで若者が平気で座りこんで、目の前に老人が立ってもまったく譲ろうとしない。あまりにひどい様で愕然とすることが多い。こんな現代日本人だから礼儀正しいのどうのと褒められると気恥ずかしい。日本の過去の文化に敬意を払わなければ老人や祖先を敬おうとなどするものか。長年続いた日教組など左翼勢力を中心とする教育やメディアは、中国の文化大革命のように日本人の心性を破壊して別種の日本人をつくりだしてしまった。教育によってこれほどに文化や習慣は変わるのだ。
プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。