スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌韓はどこが悪いのか

新年明けましておめでとうございます。応援のクリックお願いします。
豚のダンス 


嫌韓はどこが悪いのか

シナ出身の私は、韓国よりシナのほうが詳しいため、ネットでの言論はシナの批判が中心となっている。しかし、生活の中では相当な嫌韓でもある。しかも朝鮮より韓国のほうがもっと嫌い。この話を左翼の人が聞いたら、また「人種差別主義者」と言われるだろう。但し、そもそも私は嫌韓になる気がない。もし日本があの国と付き合わず、日本のマスコミは毎日つまらない韓流を強引に放送しなければ、韓国に対し何の関心も持たないでいられる。アフリカの部落の食人族、南米の犯罪グループと同じ、偶然新聞やニュースで見たら、「あ、世の中にそんな人々もいるんだ」と一回呟くだけだろう。別に差別する必要もない。

日本の生活中、特に最近数年は、ほぼ毎日あの国に関係することが目に付き、正直言ってうんざり。テレビをつけたら、韓流ドラマ、ニュースは朝鮮半島の情勢、民主党の日韓同盟の構想、仕方なく外で買い物をしようとしたら、なんと販売員に韓国製の電子製品を推薦された。

 今年の正月に、携帯電話をスマートフォンに買い換えるつもりだったため、いくつかの携帯電話販売店を訪ねた。しかし、最初行った二軒の販売員は、とても熱心にサムスン のGALAXY S SC-02Bを勧めた。「韓国商品は買わない」と教えたら、相手の販売員は、ぼうっとしたような表情を示した。ようやく三軒目の店に行って、日本製のスマートフォンしか買わないと伝えたら、販売員が日本製のみを紹介してくれた。

 以前、シナにいた時も、同じような事があった。家電量販店の販売員は、強引にサムスン電子の冷蔵庫を私に買わせようとした場面は、今思い出しても不愉快である。信頼できるニュースによると、サムスン電子は世界各地で販売店、販売員に高いリベートを設定している。また同類産品と競争するため、バイヤーに金品賄賂を渡すなどの不正手段もしばしば使っているそうだ。

 嫌韓となった一つの重要な原因は、韓国人がまったく恥を知らないこと。ビジネスや国際試合でいつも不正、汚い競争手法を採用する彼らには非常に反感を持つ。もちろんシナ人にも同じである。韓国人とシナ人の得意技は貪欲、利己など人間性の最も弱く最も醜い特性を利用している。世の中でこのような民族が多ければ、人類の道徳観は低下して行くだろう。真面目で立派な人間は、道徳の無い人間性が欠如した人と付き合わず、一線を画すのは当たり前ではないのか。これは人種差別なのか?

 しかし、この国を操っている政治家、経済界の人は、目の前に利益があれば、相手が泥棒でも、強盗でも、敵でも、金儲けの機会を絶対に逃さない。資本主義の弱点はまさにここだと思う。保守政治家代表と言われた麻生元首相の執政時、韓国への財政支援、融資要請に応じた。当時、私はネットでの反対署名に参加したが、結局その反対署名の活動は政府の政策に何の影響もなかった。

 日本は官僚、経済界の人物が牛耳っている。日本の航空業、旅行業、貿易、製造業などのビジネス業界にとって、敵という名詞は存在していない。しかし大勢の韓国、シナ人は日本人のように単純、無邪気ではない。反日教育で育った彼らはいつでも機会を探して、日本と日本人に打撃を与えようとする。

 反日マスコミの宮崎県の口蹄疫と、韓国の口蹄疫に対する報道姿勢が全く違うため、韓国で口蹄疫が流行っているにも関わらず、正月に韓国へ旅行した日本人は一番多く、四万人超えたそうだ。旅行は個人の自由と言っても、万が一韓国から口蹄疫のウイルスを日本に持ち込んだら、被害者は日本の国民である。さらに、下品、卑劣な韓国人が、ウイルスをわざと日本へ携帯させる可能性もあるかもしれない。ネットでは去年の、宮崎の口蹄疫も韓国人研修生の仕業という噂もあった。事実かどうか判断できないが、反日国民性、卑劣な韓国人はそのようなことをやっても、おかしくないだろう。個人的には、これらの理由から韓国旅行を選ぶ人をどうしても理解できない。私ならば、お金を貰っても韓国に行かない。今まで一度も韓国へ渡航する考えもない。

 日本人は在日朝鮮人、反日左翼、売国政治家、商人が操縦しているメディアの洗脳から脱出するべきだ。日本人は、お金の余裕があったら、敵国シナ、南朝鮮より、親日友好な国家を支援するべき。日本人を殺そうとする人にお金を与えることは、武器を渡すことと同じ、愚かな自殺行為だ。




敵国と付き合うのは危険だと思う方はクリックよろしくお願いします

戦争論2FC2 BLOG LOGO   豚3


スポンサーサイト

テーマ : 日本と韓国
ジャンル : 政治・経済

奴隷根性の韓国人

奴隷根性の韓国人

支那人以外で、私が一番嫌いなのは韓国人。テレビを付け、もし韓国人の顔がテレビに映ったら、直ぐチャンネルを変えるのは鉄則。誰かから「韓流が好き」という話を聞いたら、すぐその場から逃げる。韓国人芸能人の名前は今まで一つも覚えてない。例えば、韓国人歌手BOAの名前を、私はずっと「ボール」と呼んでいる。韓国人が嫌いになったきっかけは、2002年サッカーワールドカップだが、来日後、韓国人の色々な悪い所を知り、さらに嫌いな感情が増えた。

特に韓国人の変態的な反日感情に対し憎悪感を持っている。以前、生活の中で接触した韓国人にも、殆ど良いイメージがなかった。毎回、韓国、韓国人に関するニュースが耳に入ったら、正直、とても嫌で吐きそうな気分になる。

 私は今まで出合った世界各国の人々の中で、試合やコンテストで勝負にもっとも執着心を持っているのは韓国人。子供から大人まで、その傾向は非常に高い。私の弟の子供、つまり私の甥はシナ南方の大都市に住んでいる。ある韓国人の子供は甥と同じ幼稚園でいた。しかし、ある日、甥は韓国人の子供とけんかをして、甥は韓国人の子供に噛まれた。しかもとても深い傷だった。弟の嫁は自分の子供に「なぜ噛まれた」と聞いた所、甥は「あの子は、私とけんかして負けそうになった時、私を噛んだ。あの子は幼稚園でいつも他の子供を咬む」。

二人共3、4歳の子供だが、弟の嫁は今後、そのようなことが二度とおきない様に、韓国人子供の家を訪ねた。しかし、韓国人夫婦はシナ語が分からないような表情をしたので、結局話すのを諦めた。その後、二週間が過ぎ、偶然弟の嫁はあの韓国人家庭で家政婦をやっているシナ人女と知り合った。その家政婦と雑談したところ、彼女の口から色々な事実を聞いた。あの韓国人夫婦は現地で工場を経営しており、シナ語もできるそうだ。その家政婦から聞いて一番驚いたことは、あの韓国人家庭の教育方式。「ほかの子供とけんかするとき、絶対に負けてはいけない、負けそうになった、相手を咬むと勝てる」なんと韓国人は自分の子供にこのように教育をしているという。そして今まで、あの韓国人の子供は何人ものシナ人子供を咬んだそうだ。韓国人夫婦はシナ語がわからないことを装い、まったく対応しなかった。このような小さな事件から見ても、なぜ韓国人は国際試合で、どんな卑劣な手段を使っても勝てば良いという考えなのか理解できる。韓国人の卑劣手段は子供の頃から教育されたものだろう。

韓国人のもう一つの特徴は権力者にこびを売り、賄賂を渡すことが上手。世界中のスポーツ界、国際機構など、いつでも韓国人の名を発見できる。それは韓国人が優秀だからか?いいえ、奴隷根性の韓国人は人間性の中で一番弱い部分を利用する能力が上手で、短期間で目的を達するために、非法な手段を含め、何でもやる。金銭や女を利用し買収をする分野で、韓国人は確かに優秀かもしれない。但し本当の才能と学識が必要な分野、卑劣な手段が使えない分野ならば、韓国人は消えるだろう。だから選考基準を秘密にしているノーベル賞で韓国人はなかなか賞を取れない。韓国人の「優秀」は買えるもので、韓国人の厚顔無恥は、世界のどの民族も比べることができない

心理学専門家である私の一人の友達は、下記のように韓国人の民族性を分析した。朝鮮民族はほかの民族の奴隷となった歴史がとても長い。毎回、戦争に負けたら、必ず敵の奴隷となって、牛馬にも劣る生活を過ごす。現代朝鮮人は心理的に負けることを受け入れられない。どのような卑劣手段を使っても勝ちたい。長い間奴隷になった人間は、嫉妬心、貪欲、羨望の念、虚栄心、卑屈な恐怖心などの暗い心理が、正常な人間よりずっと強い。韓国人の千年奴隷の品性はいまでも変わっていない。


同じ韓国人が嫌いな方は、クリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO       豚の怒った顔

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

シナ人の目の中の韓国人

シナ人の目の中の韓国人

十年前、私は韓国という国に何の印象もなく、まったく無関心だった。シナではこの国のことをずっと「南朝鮮」と呼び、十数年前は、南朝鮮に関するニュース自体も多くないので、いつ韓国と名前を替えたのすらも覚えてなかった。その後、二つの事件で、韓国人に深い印象を持った。

一つは、シナのプロ囲碁棋士である馬曉春さんが、いきなり「今後韓国で行う囲碁の世界大会に一切参加せず」と宣言したこと。馬曉春さんはかつて何年も連続でシナ国内の囲碁大会のチャンピオンとなり、日本で行った世界囲碁大会でも優勝した九段棋士、世界囲碁界の有名人である。以前、私も囲碁の愛好家だったので、囲碁に関するニュースに常に関心を持っていた。馬曉春さんの話によると、韓国の囲碁大会を拒否する原因は、毎回、韓国で行う世界囲碁大会の中で、しばしば韓国人から激しい妨害を受け、全く集中できなかったという。そのせいで彼は韓国で行った世界囲碁大会は、一回も勝ったことがなく、全て韓国人の棋士に負けてしまった。何で韓国人は囲碁大会では静かにするべきという基本マナーも知らないのか?あるいは、自国の棋士に勝たせるためにわざとその下品な妨害手段をつかったのか。その時、私は理解できなかった。

もう一つは、2002年のサッカーワールドカップで、韓国vsイタリア 韓国vsスペインの試合を見た時、本当に呆れた。勝つ為に、露骨な汚い手段を使っていた韓国人に腹が立った。韓国人は恥を知らないようだ。ソウル五輪の時も韓国人が審判を買収した噂も聞いたけど、当時は、まだ中学生なので、事実かどうかよくわかなかった。しかし、2002年日韓大会をテレビで全試合鑑賞した結果、以前の噂を信じるようになった、大会は本当に韓国人に汚されてしまった。あれほど卑劣な民族は、はじめて見た。

それから、韓国人のことを嫌いになった。しかし、その後、何の原因か知らず爆発的な韓流ドラマブームがシナで起こった。子供から大人まで、毎日、韓流ドラマを見ているシナ人は多かった。その時、私はいつもと同じようにビデオレンタル店で日本ドラマを借りようとしたところ、韓流ドラマを勧められた、拒否したところ、なんと店員さんに「変人」と言われた。

やっと最近、韓国人の本質を知り、韓国人が嫌いなシナ人も増えてきた。今年のネット世論調査で、韓国人が嫌いなシナ人は日本人が嫌いなシナ人を超えてきた。さらに、シナのインターネットで韓国や韓国人を批判する書き込みも増えてきた。日本人と韓国人に対して、一人のシナ人はこのように書いた。「自分の敵(日本人)を重視する必要はあるが、我が家の奴隷(韓国人)を重視するわけはない」。「面子」を重視するシナ人は、いくつかの卑劣な手段を使う場合、秘かに行う時が多い。韓国人のように、平気で下品なやり方が耐えられないようだ。シナ人は「偽君子」ならば、韓国人は間違えなく、「真小人」である。

ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO 豚の怒った顔



テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。