スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米人の目の中の日本人とシナ人

欧米人の目の中の日本人とシナ人

小さい頃から、私はずっと外国の文化に憧れていた。大学生時代に、何人かの外国留学生の友達もできた。その友情は今でも続いている。日本に来てから、色々な機会を見つけて、これまで何回か世界を訪問する旅もできた。友達がいるため、今までの旅の宿泊先は殆ど外国にいる友達の家、そのおかけで、色々な欧米人と直接と話し合い、特に私が関心を持っている、欧米人のシナ人と日本人に対する印象を知ることができた。

 欧米人の目からみると、シナ人は頭が良い、しかしきわめて不誠実、他人のことを全く気にせず、自己中心、汚い、マナーはない、誤りは絶対認めない。一人のフランス人は面白い話を教えた。彼は大学生の頃、シナから来た女留学生と付き合った経験がある。しかし、一年半後に、ある出来事がきっかけで二人は別れた。それは、ある日の夜中3時に、彼の部屋の電話は突然鳴った。常識的にその時間に電話がくるのは、大きな事件が起こったと思って、熟睡中であったにもかかわらず電話に出た。電話をかけた人はシナ人留学生の彼女だ。彼の話しによると、その時間に彼女から電話がきて本当にびっくりした。彼女自身、または家族が何か重大な事件を起こしたと思っていた。しかし、聞いた所、彼女はなんと「なかなか眠れない、あなたと話をしたい」と言った。そんな彼女の話を聞いた彼はもちろん怒った。電話の中で思わず「お前は今何時と思っているのか」と彼女に不満を言った。しかし、彼女は全く反省せず、逆に「何時かは関係ない、話したい時に電話をする。あなたがそれで文句を言うのは、私のことを愛していない」と返事した。二人は電話でけんかをして、その後すぐ、彼は彼女と別れることにした。

 私が訪問した欧米人は、殆ど日本人に良い印象を持っている。彼達の話しでは日本人は礼儀正しい、大人しい、誠実、真面目、約束を守る。良いことばかりだ。唯一の不満は、一人の日本系会社で勤めているイタリア人が言った。「日本人は働きすぎ、ロボットみたい、面白くない」

 欧米人の目の中で日本人は尊敬、信頼できる民族、シナ人は全く信用できず、いつもトラブルを起こしやすい民族である。差別ではないが、シナ人と日本人に対する態度は違う。欧米人が日本人とシナ人を区別する態度は、プライドが高いシナ人にとって耐えられないことだ。なぜ海外に移住した高学歴のシナ人は、自由な情報を得て、民主主義を学んでも反日なのか?それは、日本人への嫉妬から反日感情が生じたのが、一番の原因だと思う。

三年前に、私は下記のような出来事にあった。一人の日本人女性がアメリカ在住のシナ人男と結婚し、そしてアメリカのカリフォルニア州に移住した。彼女は自分の新婚生活など色々ブログで書いた。彼女の夫はシナ国家主席胡錦濤と同じ、シナの清華大学の卒業生そうだ。渡米後、アメリカで大學院の博士学位を獲得し、一流人材としてカリフォルニア州のシリコンバレーで働いている。夫婦ふたりの関係は良いだが、実はその時、彼女はある悩みがあった。それは彼女の夫はよく彼女を連れて友達のパーティーや食事会などを参加することだ。彼女の夫の友達は、皆良い職業を持っている高学歴の在米シナ人ばかりだ。しかし、これらのシナ人は、彼女が日本人であることを知った後、わざと彼女の前で、日本や日本人に対し侮辱的な発言をする。しかも、毎回そのような話を繰り返す。彼女は非常に不愉快で、自分のブログで「二度とそのようなシナ人のパーティーに参加したくない、彼らは人種差別主義者だ」との内容を書いた。私は彼女のブログの内容を見て、コメントをした。「支那の豚はアメリカに行っても豚だ。いくら教育を受けても、豚の本質に変わらない」。シナ人の変態な嫉妬心によって、何の罪もない友人の日本人妻へ侮辱発言をする人間は最低だと思う。私はそのとき怒りを覚えた。

一部の日本人は、シナ人は良い教育を受けて、自由な国に行けばシナ人の悪い癖が変わると思っているが、私は一向にそう思えない。シナ人の問題は文化の問題、シナ文化は最大の毒文化。その毒文化に染められたシナ人は、いくら高学歴でも、その悪い特性は変えない。

欧米人の目の中の日本人とシナ人には大きな差がある。シナ人は優秀民族の日本人にいくら嫉妬しても、自分のイメージを変えることはできないだろう。


ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO        豚の微笑み
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

親米と反米 日本の行方(二)

親米と反米 日本の行方(二)

アメリカが日本を捨てて、シナと同盟関係を結ぶ可能性があるか?その可能性は低いと思う、なぜならば、一旦アメリカが日本を捨てたら、何の資源もなく、核武器も持たない島国の日本は、自国の安全を守るために、必ず新しい同盟国を作る。地理や戦略面などあらゆる方面からみると、ロシアが一番だ。ロシアにとって、日本と結盟したら、日本の金銭や技術力を借りて、ふたたび世界王者の宝座に挑むことができる。日本がロシアと手を結んで、アメリカから得た軍事機密、技術情報をロシアに渡すようなことは、アメリかにとって絶対許されないことだ。自らそのような過ちを犯すわけはない。日本は世界中で唯一アメリカ本土への核報復の権利を持っている国家。日本はアメリカのライバルである、もう一つの核大国ロシアの同盟国になったら、アメリカにとって自国の安全の大きな脅威となる。

日米安保は日本の安全の確保だけではなく、アメリカ自身の安全にもとても重要だ。だから、アメリカはいつも日米安保の重要性を訴えている。ただし、日本は、全てにおいてアメリカに従属する必要もない。対等の同盟関係を目指すべきだ。特にアメリカが明らかに日本を非難する、反日行為を繰り返す時、愛国者は抗議しなければならない。

日本の民族派は日本の自主国防、核武装を望んでいる。私もその観点に賛成する。しかし、今の時点でこれはあくまでも理想的な考えだ、現実の場合において、実現しにくい。日本は小さな島国、資源は何もなく、日米安保条約を解消したら、シナの戦略ミサイルがすぐに日本本土に発射される。シナは日本に軍備させる時間を与えるわけもない。核武器は一日だけで作れるものではない、核武器を作っている間の空白な時間は、日本にとって致命的だ。恐らく、シナは日本軍国主義を複活の理由として、あらかじめ日本の核施設に攻撃するだろう。事前に、アメリカの核保護の下で核武装をすることはできるのが、アメリカはそんな機会を与える可能性は極めて低いと思う。アメリカを捨てて、ロシアと同盟国になったら、もちろん可能だが、アメリカの敵になるのは間違いない。

日本は第二次世界大戦中に敗戦した教訓を学ばないといけない。日本のような小国の生き方は、先に実力を保存し、機会を待つのが一番だと思う。今こそ我慢しないといけない。シナは世界覇権を目指す時、必ずアメリカと対決する。その時、日本にとってとても有利だと思う。現在、日本が一番やるべきことは憲法を修正し、しっかり自衛隊を訓練する。そして、万が一戦争が起こった時の緊急事態対応の法律などを整備し、日本が敵に脅かされた時、すぐに国土を守ることをでき、国民を動員することができるようにする。

シナ人も モンゴル人の百五十年の亡国奴になって 満洲人の三百年の奴隷になっても、我慢して最後の勝利を手に入れた。シナ人よりずっと優秀な日本人はそのような理屈をもっと理解するべきだ。確かに日本の侍にとって、アメリカ人のような傲慢的な民族に従うのは感情的に受け入れられないが、歴史の流れから見ると、最後の勝利者こそが本当の強者である。

「三国志」の中、蜀国の君主劉備は、義弟関羽の仇を討つために、呉国との同盟関係を破棄し、その決定的な過ちによって蜀国滅亡の道に導いた。シナ工作員もいつも様々な日米分断工作をしいる、これに愛国者は騙されてはいけない。日本、アメリカ、シナも「三国志」の三国と似ているような複雑な関係を持っている。日本は一時的な屈辱を我慢しないと亡国の運命を招くに違いない。私は反米ではなく、親米でもなく、ただ日本の将来の利益と、一番日本に有利な状況を考えている。




ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO   メガネの豚

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

親米と反米 日本の行方(一)

親米と反米 日本の行方(一)

私は小林よしのり先生のファンだが、小林先生の全て観点に同意するわけではない。とりわけアメリカに対する態度は、小林先生とは違う見方を持っている。日本とアメリカの関係はどうすればいいのか。愛国者は反米であるべきか、それとも親米であるべきか?個人的な考えだが、反米は日本にとって不利、だからといって、行き過ぎた親米も良くない。今でも日米安保を維持する必要があるが、万が一のことも防がなければならない。

 日本の民族派は、アメリカが許せない理由はやっぱり広島、長崎の原爆と東京大空襲などアメリカ人が行った様々な戦争犯罪、それは理解できる。しかし、もし当時、日本を占領した軍隊がアメリカ軍ではなく、シナ軍或はソ連軍ならば、さらに多くの日本人が犠牲になり、日本の皇室、日本の伝統と文化自体が存続できるかどうかも疑問だ。アメリカが日本で犯した様々な極悪非道の犯罪を弁護する気はないけれど、今の日本人は、自分の敵国は一体どの国なのか、しっかり分からないといけない。少なくても、現在、アメリカは日本の敵国ではなく、シナこそが日本の敵国だ。

 一部の日本人は、同じ顔を持つ、皮膚の色も同じシナ人になんとなく親近感を持ちやすい。ある日本人は、シナはただ共産党が悪い、民主化を実現したら、日本と友好国家になれる。それは違う。シナ共産党が倒れたとしても、大中華思想が存在する限り、シナが分裂しない限り、日本とシナの友好関係を築くのはまったく不可能であると私は断言できる。

なぜシナ人が反日なのか、本当に日中戦争のせいなのか。それは違う。シナ人が反日である一番の原因は、日本人はシナ人のプライドを傷つけた。シナ人は自分の身体条件より抜群の西洋人に負けても気にしていない。しかし同じ黄色人種の日本人に負けることは、シナ人にとってこの上もない恥辱である。シナ人はオリンピックでいくら金メダルを取っても、いくら自ら強大になったとアピールしても、外国に行ったら、尊敬されていない。野蛮な黄色人種のサルとして見なされている。私はヨーロッパに滞在している間、自分はシナ人だと言った時と、自分が日本人だと言った時では、ヨーロッパ人が見せる態度はまったく違う。シナ人はいくら黄色人種の中で一番優秀な人種を自称したとしても、日本人がいる限り、あくまでもうぬぼれだけの話だ。シナ人にとって、もし武力で日本を征服したら、シナ人は一番優秀であることを証明できる。実はシナ人の中でもっとも反日なのはシナ共産党の現政府ではなく、シナ軍の右派である。もしこれらの人がシナの政権を取ったら、日本を攻める可能性が高い。


90年代以降、江沢民政権の下、シナではずっと親米反日の路線をとっている。映画館では沢山のアメリカ映画を上映し、大学の教授や上層知識人は、アメリカ崇拝、アメリカ文化を好きな人が多くいる。軍隊の中で、親米反日の代表人物は、今年シナ国防大学の政治委員、党委書記になった劉亜洲 中将、この人はシナの前国家主席李先念の娘婿、シナの太子党、江沢民の上海派のメンバー、かつてアメリカで留学した経験があり、シナ空軍出身。この人は2001年から、シナのインターネットを中心に親米、強国、反日民族主義、世界の覇者を目指す「大国策」等の文章を次々と発表している。さらに、彼は台海戦争を反対し、台湾を攻撃しない、代わりに日本を攻撃するべきと主張している。

なぜ江沢民系の新太子党成員は「親米反日」の路線をとっているのか、それはシナ共産党の太子党は、自分や自分の家族が秘かにアメリカの国籍を取って、アメリカで不動産を買った人が多いためだ。江沢民にとって、自分の父親は昔「漢奸」になったことは一生の恥、日本を占領、支配しないと気が済まない。胡錦涛は国家主席になったが、軍隊の中の江系の勢力が相変わらず強大であるため、完全に軍隊をコントロールできなかった。以前、シナ海軍艦艇が沖ノ鳥島近海で行った軍事演習や、自衛隊・哨戒機を威嚇する行動等は、恐らく、江系がコントロールしているシナ軍部がわざとやったことだ。もし日米安保条約を破棄したら、シナ軍はすぐに日本を攻めるのは間違いない。(続く)



ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO   メガネの豚



テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。