スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親日台湾人と親日満洲人の話

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

台湾人と親日満洲人の話

manchuria1.jpg

 昔シナで台湾人の知り合いがいた。男の方、女の方も、綺麗な服装で礼儀も正しく、シナ人と違う気質を感じた。あれから台湾人に対しずっと良いイメージを持っていた。来日後、公民館の外国人向け日本語講座で再び数人の台湾の方と知り合った。しかし、ちょっと失望したのは、これらの台湾人は日本人には親切であったが、私を含むほかの講座のシナ人参加者にはとても冷たかった。私は何度も彼達に話かけたいと思ったが、殆ど返事してくれなかった。

 ある日、公民館では日本語を勉強する外国人の友好交流活動を開催していた。参加者の日本人の先生の方も、諸外国の人も、皆仲良く日本語で歌を歌ったり、ダンスを踊ったり、楽しい一日を過ごしていた。公民館から帰るとき、一人の台湾人と帰り道で出合った。

 この日は彼が嬉しそうな顔をしていため、あえて話かけてみた。「台湾のどこの方ですか」と私が彼に聞いた。しかし、私の顔をみたら、先ほど嬉しそうな顔の彼は、一瞬で冷たい顔に変わった。「何であなた達シナ人は他人のことにそんなに関心を持っているの?」ようやくその台湾人は返事をしてくれた。でもなんだかイライラしているようだ。

 「誤解しないで下さい、私は台湾独立を支持するシナ人です」。私の以前の経験で、台湾人がシナ人を嫌がる原因は、シナ共産党の長年に渡った「台湾は、シナの神聖な領土の一部」との洗脳教育下、一部のシナ人若者は武力で「台湾回収」を望んでいることが、多くの台湾人の反発を招いている。私の「台湾独立支持」の発言を聞いたら、その台湾の方の態度がすこし変化した。

 彼は「私個人は、全てのシナ人が嫌いなわけではないが、私の父はかつてシナで投資した財産をシナ人に騙し取られた。そのため父は私に外国でシナ人と合ったら、なるべく付き合うなと言った。」と話した。ああ、そうか、台湾の方でも、やはりシナ人は信用できないという理由でシナ人の我々と会話しなかったのだ。

 彼の話を聞いて、私は色々考えた。日本語講座で出合った台湾人にせよ、昔のシナの知り合いの台湾人にせよ、シナ人より日本人に好感を持っていた。日本人を信用していることは明らかだ。台湾人の親日な態度はアジア国家の中でも代表的である。日本中で活躍している台湾出身の評論家、作家黄文雄、金美齢は言うまでもなく、一般の台湾人は若者からお年寄りまで、強い親日感情を持っている人が多くいる。

 二、三年前に私がインターネットで知り合った一人の台湾人若者は、自分に日本の名前を付けただけではなく、自宅の前に、毎日日本の方向に向けて日章旗の掲揚を行っているそうだ。この方および家族は、皆日本の血筋はないが、祖父は第二次世界大戦中、皇軍兵士として出征したという。台湾ではシナ大陸から敗退した少数反日シナ人の後代を除き、心から日本を愛している人が少なくないだろう。なぜ日本のマスコミは反日国家シナ、朝鮮人のインチキ証言をいつもでっち上げ、親日の話をもっと紹介しないのか?それとも旧日本軍の残虐な話だけを好むのか?

 私が知っている限りでは、台湾だけでなく、多くの満洲人も特にお年寄りで親日感情を持っている方が多くいる。シナ共産党が満洲を占領してから、満洲の独立思想を抑圧するために、長年シナ内地より熱心に反日宣伝、教育を推進した。しかし、少数の満州人は自分の父、祖父の世代より伝えられた旧満州国時代の日本人に関する真実の歴史を知る事ができた。

 私のツイッター友人の一人は、満洲出身で現在サイト大満洲国フォーラムを管理している。彼は私がこのブログを書いていることを知った後、日本人の皆様に下記の話を伝えたいと私に頼んだ。ここに彼のシナ語の原文邦訳を記述します。


 「満洲国民、および誠実と良識を持つ満洲国民の子孫は、永遠に皇国日本に素晴らしい感情を持っていて、皇国日本の満洲への恩恵に感謝しております。正義の心と感謝の心を持つ満洲人は、今の満洲にまだ残っています。」



台湾人、満洲人の親日の話に感動した方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO   gunkanki01.gif

スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

排外主義を支持!

排外主義を支持

このテーマを目にした時、たぶん一部の日本人は、私の頭はどこかおかしいと連想するかもしれない。自分自身も在日外国人なのに、それでも外国人排斥運動を支持するのか?そのとおりだ。私は日本の排外主義運動を支持する。日本こそ排外主義は必要だと思う。

もともと日本は、世界有数の人口密度が高い国、大量に移民を受け入れるのは事実的に不可能である。さらに、日本で一番多い外国人は特亜三国人、シナ人と南北朝鮮人、小さい頃から反日教育を受け続け、精神的に反日構造な外国人、日本で様々な犯罪行為を行ったのもこの三国人である。

二年前、日本にて昔の知り合いのシナ人とあった。一緒に食事をしてから、彼は、突然私に「あなたは日本人に同化されたね」という言葉を言った。「そうですか、もしそのようなことになったら、悪いですか」私は彼に尋ねた。「あなたはシナ人でしょう、もとを忘れないでね」彼はそのように答えた。実際に彼の考えはシナ人の中では一般的だ。シナ人は、今までに満洲人やほかの少数民族を見事に同化したことにし、それが自国の文化がほかの民族の文化よりはるかに進んでいる証拠として、自慢している。しかし、自分は、ほかの民族に同化されるのは嫌がっている。他の民族の文化に常に拒否の態度を取っている。海外に移住しても、移住地の民族に同化されるのを拒むために、シナ人自治区のようなチャイナタウンを建設した。チャイナタウンはシナ人マフィア集団が様々な犯罪を行う温床である。

「郷に入ったら郷に従え」の格言は、昔シナの言葉のはずだけど、シナ人や朝鮮人などは、殆どこの格言に従う気はない。郷に入っても、行動、挙止は母国のまま、さらに母国にいた頃は大人しいが、日本に来てから、凶悪犯罪を行うシナ人や朝鮮人なども珍しくない。彼らの言い訳は何と、昔日本はわが国を侵略したという理由である、そのような反日の外国人を排除しないと、日本人は安心に生活することができない。だからこそ、排外主義運動は必要だ。

私の支持する排外主義はレイシズムではなく、排外主義はデモ、集会等の言論手段を使って、外国人を排斥する運動だ。世界中の民主主義国家は、排外主義を許可している。海外で排外主義の旗を掲げて、公然と政界に進出した政党がいくつある。なぜ日本だけは排外主義を許さないのか?きわめて理不尽だと思う。日本の排外主義者は過激?どうぞ、先に海外の排外運動を見てからそのような馬鹿げた発言をして下さい。豪州在住の一人の知り合いのシナ人から聞いた話では、豪州のあるシナ人社区では、白豪主義者がシナ人の家のドアに赤いペンキで大きな「GET OUT」を書いた。近年、フランスも移民と排外主義者の衝突がしばしばあり、激しい暴動まで発展したケースも珍しくない。

日本の排外団体の中で一番人数が多い市民団体である「在特会」は、いくら過激だと言われたとしても、ただ朝鮮学校の門外で拡声器を使って、30分程のデモをやっただけ、諸外国の排外運動と比べても一般的な活動だ。この程度でも逮捕されるのは、単なる朝鮮人学校側の反応過剰である。在特会等の市民団体の排外運動をわざと破壊しようとする行為としか考えられない。

排外運動は民主主義国家の公民の当然の権力であり、排外運動を断固支持する。このような言葉を書いたら、左翼関係者や在日朝鮮人やシナ人は、どんな意見を言うか想像できる。「排外運動を支持するならば、先にお前は日本から出て行け」と言うだろう。私はこういう答えをする。「私は別に日本から出ていっても、他の国に行っても生活する事ができる。しかし、日本国と日本人を愛するため、この国に残る。元々日本に来る前、私は何も持っていなかったが、今沢山のものを手に入れた。それは日本国と日本人のお陰だ。もしある日、日本国と日本人が、私が持っている全ての物を取り戻し、私を含め、全ての在日外国人を追い出しても、それが日本の国家利益の為ならば、私は一言の文句も無く、静かに日本から出て行く。」私にとって、日本の国家利益は個人の利益より重要だ。但し、ほかの在日外国人が私と同じような考えがなければ、私を出国させる言葉を言う権利はない。しかも、日本の排外主義運動家は、決して善悪を区別せず、盲目的に在日外国人を排斥する人達ではないと私は信じている。


日本こそ排外主義は必要だと思っている方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO     外国人参政権反対

テーマ : 移民問題
ジャンル : 政治・経済

在日朝鮮人に不満を表す権利はない?

在日朝鮮人に不満を表す権利はない?

私はこれまで、自分も外国出身である理由で、在日朝鮮人への批判を控えた。しかし、最近、市民団体である在特会のメンバーが逮捕されたニュースを受け、インターネットでの討論が盛り上がったため、同じ外国人の立場から、意見を述べる。

 在日朝鮮人は日本に来た歴史的な原因があったのは認めます。しかし、彼らは日本の法律をきちんと守らない、戦後朝鮮進駐軍として犯罪行為を繰り返し、そして日本人に嫌われることは当然なことだと思う。

世界最悪の独裁国家である北朝鮮は、多数の無実な日本人を拉致し、核武器やミサイルを日本の安全を脅かしている。まさに日本の敵国だ。聖書で「自分の敵を愛するべき」と書いているのが、実際に我々普通な人間は、誰も自分の敵を愛する事ができない。それにしても、日本人は自分のお金で敵の子供を養って、敵の子供の学校を建てて、さらに就職や進学や福利など、在日朝鮮人に様々な優遇を与えている。聖人だと言っても、過言ではないだろう。

しかし、在日朝鮮人は少しも日本人から受けた恩恵を感謝せず、日本での不正な経営で稼いだお金を母国に送金し、膨大な野望を持って、さらに参政権などを要求し、日本列島を支配しようとする。日本人が少し不満を表明したら、これらの朝鮮人は「差別だ、民族差別だ」と叫んで大騒ぎする。ただし、口からいくら「差別」の言葉を発しても、決して日本から離れない。

私も外国人で、私の母国も日本のことを敵として見なしている。来日後、私は差別などを一度も感じしたことがない。虫眼鏡で見ると、ほんの少しの差別が見えるかもしれないが、合理的な差別だと思う。私の家は先祖代々シナ人で、日本国へ一円も納税していない。私は今、日本のご飯を食って、日本の水を飲んで、日本人と平等の収入や福利を受けている。母国では沢山の差別があり、平等の権利など獲得できないが、日本はそれ以上の自由や権利や福利を与えてくれる。感謝の言葉以外は本当に何にも言えない。 

在日朝鮮人学校の前でデモを行ったのは犯罪行為?私はどうしても理解できない。実際に香港の日本人学校で、数十年に渡って、ほぼ毎年、918等のシナ人の国恥記念日に、香港の市民団体などによって小規模の抗議活動が行われている。2005年、一番人数が多い抗議デモは、百人を超えたという。中立の立場から見ると、半世紀前の戦争と現在の日本人の子供との間に何も関係はないはずだ。しかし、自由の社会では公民が不満や怒りを表す権利を持っている。デモや集会を通して表すことができる。それらの権利は認めるべきだ。北朝鮮、まさに現在進行形の犯罪国家は、日本人の生命や財産や領土安全を脅かしている。さらに、日本の朝鮮学校で反日洗脳教育を受けている朝鮮人学生は、いつ暴動を起こしても、北朝鮮のスパイになっても、おかしくない。左翼やマスコミなどは毎日自由、平等、人権などを唱えているのが、なぜ日本人に、在日朝鮮人や他の反日外国人へ対する不満を表す権利を与えないのか?それこそ本当の差別だと思う。



在日朝鮮人ふざけるなと思っている方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO     外国人参政権反対

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。