スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛国保守市民運動への建議

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

愛国保守市民運動への建議

愛国保守市民運動はここ数年、日本で大きな発展を遂げた。成績は肯定するべきだが、愛国保守団体の活動方式、効果を見ると、改善の余地がまだ残っていると思う。日本の愛国者は、言論、デモ等の活動を通して、支持層を増やし、さらに多くの人々を愛国活動に参加させるのが目的の一つ。

私の考えは、日本の愛国保守団体がもっと力を発揮するために、大同団結するべきと考える。そして、組織の発展、影響力を考慮しながら、どのようにすれば保守市民団体の行動が公衆の共感を得られるか、どのように反日勢力の破壊工作を排除するか、市民団体、愛国政党のリーダ、組織者に考えてほしい。素人の目からみると、日本の愛国保守団体、政党は以下の所に改善の余地がある。

一、支持層を拡大する力が足りない。現在、日本の愛国保守団体は、ほぼ同じやり方でデモ、言論活動を行い、主にネットから支持層を獲得している。ネット以外の影響力は不十分。マスコミはサヨクが操っているので仕方がないと言っても、愛国者は自ら努力し、自分の思想、主張を日本社会の普通の大衆へ浸透しないといけない。2008年の金融危機以降、会社のリストラ、派遣切りが多かった頃、日本共産党はその時点て党の主張を訴え続け、解雇された人々や派遣切りされた人々へ道義の支援を行い、党員が確実に増えたそうだ。同様に愛国保守政党も可能な機会を全て利用し、人々、社会団体からの支持を得るのが必要。在特会、主権会などの行動する社会運動を行っている市民団体は、すでにそのような動きがあるが、もっと頑張らないといけない。

二、 講演会、デモ以外の活動が少ない。もちろんデモは愛国者にとってとても直接、早く、我々の思想、主張を訴える行動である。ただし、二十、三十人くらいの少人数のデモより、公民館、公園など人が集まる場所で、写真や宣伝ポスターを展示し、自らの活動紹介や日本人史観の歴史認識や反日国家が捏造した嘘の暴露等をテーマとしたイベントを行うことが、効果的だと思う。在特会のような一定的な会員数がいる市民団体は、カラオケ大会、漫才大会、祭り等、多種多様な活動を行って、できるだけ一般の市民と交流を多く実施すれば、更に多くの人々の愛国保守運動への理解、支持を手に入れることができると思う。

三、反日勢力に攻撃の口実に与えない。言い難い事だが、現在の愛国保守団体の力は強いとは言えない。その上周りに敵が多すぎる。敵との力もかけ離れている。反日勢力は在日特亜勢力、反日サヨクだけではなく、警察、裁判所などの国家機関を操縦している売国政治家もいる。反日勢力は愛国保守団体の活動を粉砕、破壊するため、つねに市民団体の弱点、欠点、攻撃点を探している。在特会メンバー幹部の逮捕事件、在特会主権会への家宅捜査等の事件の裏には、在日朝鮮人と反日サヨク、警察機関が癒合した、意図的な行動である可能性も高い。

今後の活動の損害、悪影響を減少するため、愛国保守市民団体はデモなどの行動を起こすとき 特に注意を払う点がある。過激な表現を避け、「ゴキブリ朝鮮人、シナ人は日本から出て行け」より「愛国の朝鮮人、支那人は自国に帰ってください」の方が断然良い。

さらに、前回、排害社のデモは、「華人與狗不得入內」の旗を掲げていた。この旗を挙げるのは良いかどうか知らないが、サヨクの人や在日シナ人に見られたら「人種差別主義者」と批判されるのはまちがいない。シナ人観光客を抑えるために、もっと安全、有効な方法があると思う。例えば、南京大虐殺が嘘である証拠写真の展示、日本は侵略したのではなかったという内容のチラシを観光客にばらまくなど、日本へ観光に来るシナ人の中には、シナ共産党の各級幹部が多くいる。日本右翼のその宣伝内容は、彼らにとって一番都合の悪い内容だと思う。それらを見たら、党内処分を受けるかもしれない、二度と来る気はなくなるだろう。

愛国保守団体の愛国者に知らせたいことは、あなた達が望んでいることは多くの日本人に国を愛させること。また、真の日本史観を立て、特亜国家の歴史捏造、反日陰謀を粉砕し、売国奴を糾弾すること。これら目的を達成するために、もっと安全、効果的なやり方を考えなければならない。自分をしっかり守ることができれば、いくら強大な敵でも必ず倒すことができる。



愛国保守団体、頑張れと思う方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO      gunkanki01.gif
スポンサーサイト

テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

「行動する社会運動」団体を支持せよ!

「行動する社会運動」団体を支持せよ!

今日のテーマは、「行動する社会運動団体」つまり保守系市民運動の事。その中の代表的なものは、主権回復を目指す会、在日特権を許さない市民の会、NPO外国人犯罪追放運動の会、日護会、排害社、そよ風等の市民団体。10月17日、排害社、主権会、在特会が主催する秋葉原デモを行った。しかし、今回のそのデモは、他の保守系団体、言論人から「過激」「営業妨害」等の批判を受け、さらに市民運動の顔に泥を塗られたとの声も上げた。

 私個人はどの保守系市民運動も断固支持する立場である。ただし、頑張れ日本はじめとする紳士的な保守系団体は、主権会、排外社、在特会などの行動する保守に対する批判は、少し厳しすぎると思う。「行動する社会運動」団体は草の根市民団体で、田母神俊雄さんのような有名人、保守系言論人、何人かの国会議員、地方議員などを招き、講演会を行うことができない、沢山の人を動員する力もない。それでも皆頑張って、日本民族の尊厳、名誉を守るため、反日、侮日、社会の不合理の現象等と戦っている。私の考えは、彼達は抗議活動を通して、反日行為を行っている人に思想圧力をかけて、サヨク思想主導の日本社会の世論を変えようとしている。皆で応援すべきではないでしょうか?

シナ出身の私は、かつて過酷な環境で暮らし、殆ど毎日「過激」な運動をみることができた。誇張の話ではないが、過激といわれている日本の市民団体は、シナの各村の治安聯防隊(日本の村の地域自治体のパトロール隊相当)、計画生育委員会(シナの一人っ子政策を管理中心)とまったく比べられない。昔、私はシナの南方の都市に住んでいた時、村の治安連防隊は暫住証(シナでは自分の戸籍地以外の所に住むには、その場所での居留証明書の発行が必要、その証明書は暫住証といい)を検査する名義で、夜の11頃に、私が借りたアパートに来て、足で扉を蹴り大騒ぎをした。計画生育委員会は、シナの計画生育政策に違反したシナ人を、彼らの家から連れて行き、強制堕胎、不妊手術を受けさせる。因みに、以上の二つの団体は、いずれも国家権力機関ではない。

野蛮なシナ人と比べて、日本人保守系団体の行動は、いくら「過激」と言われても、ただ合法的にデモを行い、抗議書を渡すだけ。そのようにして、彼達は我々に代わって、日本人の不満、怒りの声を伝えている。ある保守系の言論人は、これらの市民団体がやっている社会運動は、「弱者いじめ」「武士道精神と反する」と指摘したが、私は同意できない。反日特亜国家は、非道の暴力団国家、紳士的に対応しても、逆に相手に軽視され、エスカレートさせる場合もある。

戦後、GHQの占領政策により大勢の日本人は洗脳され、この国のメデイア、言論界、政界はサヨク思想に統制され、少しでも激しく外国人、反日売国奴を糾弾したら、すぐに様々な批判を受ける。普通の人は、暴力団と合ったら、どうする?警察を呼ぶ。しかし、警察も恐れている暴力団に合ったら、どうする?そのまま暴力団に財産をゆすり取られるのか?いいえ、自ら行動して自分の権益を保護するしかない。

社会運動を行っている市民団体は、厳しい日本の現実の中で、自分の手でこの国を守ろうとしている。彼達は民間防衛の手段を取っている。例えば、秋葉原で行ったデモは、少なくても一部の売国商人に対する警鐘を鳴らした。これらの商人に「あんたのやり方は間違っている。本当の日本人に怒られるよ。」と指摘している。市民団体はお金もない、権力もない、憲法保障の言論手段以外、何もできない。いつもの優しいやり方ではこの社会の厳しい現実を変えにくい。秋葉原の売国商人のシナ国慶節を祝う行動に抗議しないと、今後全国の売国商人は、シナ人観光客の歓心を求めるために、シナの国慶節にお祝いをする。この意義を考えると、今回の行動する社会運動は、素晴らしい。問題を指摘される理由はない。

ほかの日本保守系愛国団体は、もっと寛容になるべきだ。本当の彼等の目的を考慮し、もっと彼達の行動を支持すべきだと主張したい。


「行動する社会運動」団体を支持している方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO       JAPAN



テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

愛国運動で日本を救え!

愛国運動で日本を救え

10月2日、日本の愛国者は「尖閣諸島を守る」デモを起こした。これは最近数年間で起きた日本人の自発的な愛国デモの中で、参加人数が一番多いデモらしい。やっぱり愛国者のパワーは凄い。しかし、愛国者は喜んでばかりいられない。このデモは愛国運動の第一歩目だと考える。

シナの尖閣諸島、沖縄に対する野心が明らかになってきている。左翼売国政権が国政を操っている中、日本人自身の手でなんとかこの国難を乗り越え、国家主権と領土をしっかり守ることはとても大切だと思う。ここで日本愛国者がまだ重視していない所や、愛国運動についての個人的な意見、見解を出したい。

 シナ人の人口侵略に警戒せよ。最近数年、在日シナ人がどんどん増えてきた。その背景は、日本人の老齢化による労働力減少が原因と言われるのが、実際にはシナ共産党が操縦している意図的な人口の侵略だと思う。特に最近数年、私が注視しているのは、シナ人研修生を大量に受け入れる事業だ。シナ人研修生を受け入れる事業は日本にとって、とても危ないことだと思う。しかしこれに気がついた日本愛国者はまだまだ少ない。06年度版JITCO白書によると、外国人研修生の国籍は、中国が55,156人と全体の66.2%を占める。日本中にシナ人を受け入れる為の仲介専門機構、会社が数多く存在している。特にシナ系の研修生仲介会社は、殆どシナ政府と深いつながりがあると思っている。シナ共産党の「太子党」は、80年代から、シナ人労働力を海外へ輸出する業務によって沢山の富を手に入れた。

また、工業企業で勤めているシナ人研修生は、日本の産業技術、情報をそのまま盗む、産業スパイとしてシナ共産党政府当局に利用される可能性は高い。さらに、日本企業で働いているシナ人研修生は、日本人のように一所懸命仕事をする精神が欠如している為、日本人労働者のように完璧な製品を作れない。在日シナ人が作った日本製品は国際的に高品質である日本製製品のイメージを低下させかねない。これだけではなく、日本の農業、食品関連産業で働いているシナ人研修生は、日本人への不満、或は、恨み等の原因で食品材料の中に毒を入れる可能性がないとはいえないだろう。ここ数年、在日シナ人研修生が起こした殺人などの凶悪犯罪は珍しくない。

シナ人研修生の安い賃金を知った日本企業は、コストカットするため、シナ人研修生を大量に受け入れ、元々の日本人労働者を解雇するかもしれない。日本製品の安全、安心、高品質を守り、日本人の生命、健康、仕事を確実に守る為、シナ人研修生の受け入れを直ちに中止すべきだ。どうしても外国人研修生が必要な一部の産業は、親日国家である東南アジア諸国から研修生を受け入れれば良い。日本の国会議員はシナ人研修生による犯罪問題と日本産業の破壊を真剣に重視するべきだ。

 以前にも私は言ったが、日本の主権、領土、国家の尊厳を完全に無視している守銭奴、売国企業家に対し、我々愛国者が対抗する唯一の手段は「シナ製品不買運動」を起こすことだ。しかし、前日、日本のネット掲示板で、下記のような書き込みを見つけた。「あまりお金を持っていないため、シナ製品を買わないと生活できないという。」だが、お金を持っていない方もリサイクルショップ、ネットオークションを利用すれば、安く安心な日本製品を買うことができると思う。私は去年の冬、リサイクルショップで、日本製のコードをたった1,500円で購入した、しかも未使用の新品の物である。ちょっとだけ時間を使って、探したら日本製品を発見できる。でも、偽日本製品、シナ人研修生を使っている企業が製造した日本製品には要注意。これから、日本の民族派団体はシナ人研修生受け入れの中止を訴えないといけない。

 日本の民族派、愛国者へのもうひとつの意見は、日本の領土、日本人の生命、財産を重視する立場を取っている一部の左翼日本人に対して、一貫して敵視態度を取るべきではない。そもそも日本人愛国者の敵はかなり多く、これ以上敵を増やすことは愛国事業にとって不利な点が多いと考える。相手の観点は違っても、愛国者の意見に聞く耳を持つ、日本国を愛する気持ちが少しある左翼は、たとえ団結できなくても、我々の愛国運動の邪魔をしないよう対処したほうがいい。

シナ人研修生の受け入れを直ちに中止すべきだと思う方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO      外国人参政権反対


テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

日本は防衛戦争の準備ができているのか?

日本は防衛戦争の準備ができているのか?

尖閣諸島の領有権問題をめぐり、あるシナ新聞による世論調査では、この論争を終わらせるために戦争をするのが良いと答えた人々が96%にも上ったそうだ。新聞の調査対象ははっきりしてないが、私はこの世論調査の内容の真実性を少しも疑わない。以前にも再三指摘したが、北朝鮮と比べて、シナこそ日本の最大の敵である。シナと友好関係を発展させるのはまったく不可能である。私の前の文の中で、シナ人の99%は反日と書いたが、私のブログでコメントした方はその数字の正確性を疑っていたようだ。もちろん私は一人、一人調べることができないのが、三十年近くシナで暮らし、小学校から大学までシナの教育を受け、親戚、友達、先生、知人はシナ人が多数、さらに国営会社から外資系会社の就職経験、昔会社の業務や旅行でシナ各地を訪ねた経歴もある。自ら色々な生の経験から責任を持って言うと、今現在、シナ大陸の漢民族の99%は反日であることは決して大袈裟ではあるまい。

 シナ人民共和国を成立した後、軍事の面は、ずっと台湾への侵攻、「台湾回収」を作戦目標として定めている。しかし、近年、シナの経済発展や、台湾で親シナ統一派の馬英九が総統に就任し、シナと台湾との関係は確実に改善していった。シナ軍の内部では、昔の目標の台湾への軍事侵攻から、資源を確保するための世界への覇権を目指す路線に転換し始めた。シナ共産党は、今台湾にいるシナ国民党に対して、昔の敵視、高圧の態度から、籠絡、懐柔の政策に変えた。五年前のシナでは、シナ共産党と国民党の内戦を表現する映画やドラマなどがしばしば見られた。しかし、最近数年、これらの内容のものは殆ど放送していない。今は、抗日の映画やドラマなど一色となった。さらに、シナ当局は台湾のシナ国民党に善意を見せるために、共産党内の反国民党の勢力である毛沢東派の言論や活動を制限し、昔、国民党の独裁者である蒋介石を抗日英雄として宣伝する動きもあった。因みに、シナでの現在のプロパガンダは「第三次国共合作」で、日本を仮想敵にすることだ。

先日、シナの反日デモで、一部のシナ人の若者は「日本軍国主義打倒」のスローガンを挙げていた。その馬鹿げたスローガンを見たが、笑いたいが笑えない。軍隊も持っていないし、平和憲法を抱えている日本はどうやって軍国主義国家になるのか?本音を言うと、私は、日本がアメリカのような軍事強国になるのを強く望んでいる。しかし現実では、失望しかない。シナは長年の反日教育によって戦争の動員が十分出来ている。すでに尖閣諸島、沖縄への武力侵攻の条件が揃っている、一旦、アメリカ軍が沖縄から出たら、すぐに攻めてくるのはまちがいない。日本は何か準備しているのか?

まったく自国の領土、国益、国民の生命、財産の安全を無視している反日マスコミは、今でも必死に尖閣諸島の事件でシナとの「友好関係」を壊さないように、経済への影響にしないような宣伝をしている。厳格に言うと、利敵、売国の行為としか言えない。一部の商人の短期的な商売、経済利益のために、国を敵に売ろうとするやり方は愚か極まりない。喜んでマナーもない、常識もない、汚いシナの観光客を招致しようとする人々、お前らはシナ人のお金を貰った時、そのシナ人はいったい何か考えているのか知っているのか?今、私はお前にお金を儲けさせるが、いつか日本を攻め、日本人のすべての財産を私の物にするだろう。

シナのバブル経済が終わったら、社会の混乱や国民の不満を抑える唯一の方法は戦争だと思う。時間は一日一日と迫ってきている、すでに油断、甘えた考えをする時間はない。20万人未満の日本の自衛隊は、どのように220万人のシナ解放軍に対抗するのかは大問題だ。尖閣諸島の事件をきっかけに、日本はこれから核武装や武力強化を真剣に考えないといけない。徴兵制の導入や防衛戦争の動員法も急いで制定しなければならない。シナのような軍事独裁国家との付き合うのは一切止めなさい。親シナ売国奴を国会から排除せよ、日本人よ、立ち上がろう。

日本は危ない、しっかり国防力を強化するべきだと思っている方は、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO             gunkanki01.gif

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

支那人と付き合う方法

支那人と付き合う方法

いくらシナ人が嫌いだとしても、今の日本人は、日常生活のなかでシナ人と付き合わないといけない場合が多くあるので、シナ人とうまく付き合う方法を見つけないといけない。実は私もシナ人と付き合うのが大苦手だ。今までシナ人に何十回とだまされた経歴がある。だから、日本での普段の生活では在日シナ人と付き合うのを避けた。以下は私の失敗の経験から得た、シナ人と付き合う規則であり、皆様の参考にしてください。

一、 油断は禁物
シナ人と付き合うのに、油断は禁物。これを一番として取り上げたのは、これまでシナ人との付き合った自分自身の経験の中で、シナ人に騙されて金銭面や精神面の損失を受けたから。その原因は全て油断したせい。シナ人と付き合う時は、最初から一番悪いことを想像しないといけない、例えば、相手は普通なシナ女子高生でも、大学の教授でも、始めから凶悪犯罪者として見なして良い。しかし、このシナ人だけは例外、この人は良いシナ人かなという考えはとても危ない。シナ人に対する判断は長い時間をかけて、しっかり観察しないといけない。安易な結論は出さないほうがいい。

二、 弱腰は非常に危ない。以前「中韓を知りすぎた男」のブログ主様もシナ人と付き合う時、弱腰の態度を取るのは非常に危ないと述べていたが、強調する必要があるので、ここで改めて注意します。シナ人の前では常に強者の姿勢を取らないといけない。シナ人は強者を恐れて、弱者をいじめる民族である。「川に落ちた犬は、棒で叩け」「落ち目になると世間にばかにされる」それはシナ人がよく使い、シナ人の民族性を表すことわざだ。シナ人は昔から今までずっと独裁統治をされて、奴隷根性が非常に強い、強権を崇拝し、弱者を蔑視、差別、攻撃する傾向がある。だから、シナ人と付き合う時はすこしの弱腰の態度もとってはいけない。

三、 秘密厳守。シナ人はとても他人の秘密を尋ねるのが好きな民族だ。なぜならばシナ人は人と付き合う時、会話を通して、いつも自分に有利な情報を握るのが行動の原理である。シナ人は他人の収入、地位、家庭状況を尋ねて、相手と付き合う適当の方法や、どのように相手からメリットを得るかと考えている。相手がお金もちならば、お金もちに対応する方法を使う、相手は権力者ならば、権力者に相応しい対応方法を使う。相手が権力もない、お金もない人ならば、いじめや差別する方法を考えるかもしれない。シナ人と付き合う時は、個人情報や会社の給料やプライバシーを教えるのはとても危険だ。絶対に教えるな。

四、 シナ人から賄賂を受け取るな。シナ人は日本人と同じ贈り物をすることが好むようだ。しかし、贈り物をする目的は異なっている。日本人は普通お世話になった方に贈り物で、感謝の意を表し、良好な人間関係を結ぶ。シナ人は賄賂の目的で贈り物をする。シナ人は、他人(通常権力者)から自分が欲しい利益を得るために、金品や贈答品などを送る。さらに他人に自分の求めることをやらせるために、金銭賄賂、性の賄賂、様々な賄賂を行う。一旦その賄賂を受け取ったら、シナ人に脅されるにちがいない。以前日本上海領事館館員の自殺事件もシナ人女性の性の賄賂を受けたそうだ

五、 本当の考えを隠す、弱みを見せるな。あるシナ人の話によると、日本人の一番怖い所は、一体彼らが何を考えているのか推測不可能という。シナ人は沢山の政治闘争、階級闘争から成長した人間なので、自分の弱みを隠し、相手の弱みを攻撃するのは得意技。彼らは常に相手の表情、言語から相手の考え方を推測し、弱みを探す。相手の考え方を推測したら、その次は相手に勝てる行動を取る。元々日本人は内向的な人が結構多いので、人の前で表情を隠し、恥ずかしがる傾向がある。しかし、シナ人は、これは日本人が自分と同じように本心を隠しているではないかと考えているようだ。そこで日本人はシナ人に陰険な人間と見なされている。シナ人の前で、日本人はそのような態度を取るのは、実際に安全である。

六、 面倒がりはだめ。自分の利益がシナ人に損害された時、できるだけ警察に通報し、法的な手段を取って、自らの利益を守り、シナ人を処罰する。別項目でも書いたが、シナ人は弱者をいじめる民族で、一回でも損害を受けたら、その時毅然とした態度を取らないと、二回目、三回目と損害を受けるのは間違いない。さらにシナ人は偽物を作り、嘘つきが大好きな民族なので、彼らの嘘を見つけるために、真面目な対応が絶対必要だ。例えば、シナ人が提出した書類や文書などは、一枚一枚真剣にチェックする必要がある。

七、 シナ人とのトラブルが発生したら、場合によって、シナ人同士に対処させる方法もある。シナでシナ人とトラブルを起こしたら、なるべく自分一人で処理しないで、シナ人のことをよく了解する日本人に頼んで、その日本人の知人のシナ人にその解決を任せたほうがいい。シナ社会の複雑さは、普通の日本人には想像できない、何も知らないまま、危険とわなに陥るにちがいない。


ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

br_decobanner_20100720162204.gif FC2 BLOG LOGO   メガネの豚




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。