スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那当局、四面楚歌?

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

支那当局、四面楚歌?
 「ホワイトシャツを着るなと警告された」―5月23日、北京大学副教授の夏業良氏はツイッターでこう呟いた。22年前に北京で民主化を求めた学生らを当局が虐殺した「六四天安門事件」の名誉回復を求める同氏は、最近中国国家安全局から、6月4日当たりに記念活動を行ったり取材を受けてはいけない、追悼の意を表すと見られるホワイトシャツの着用も禁止と警告されたという。
 夏氏と同じような話を受けた人たちは、ほかにも中国各地に多くいる。ほとんどが異見者や人権活動家だ。この人たちを黙らせれば、6月4日までなんとか無事に過ごし、国家の「安定を維持」することができるのだ。この22年間、当局が毎年必ず行う慣例だ。
 しかし、5月下旬、六四事件記念日前のこの最も「敏感な時期」に、中国各地で当局が予測しなかった火が起こっている。
 
 爆発月?10日間で6件の爆発事故

 5月28日、土曜日夜。山東省シ博市のある化学工場で爆発事故が起きた。原因は不明だが、翌朝報道された時点で、3人が死亡、8人が負傷したことが確認された。
 「今日2件目だね。毎日爆発事故ばっかり…今月は爆発月?」と、このニュースに
対するネットユーザーのコメント。同日朝、四川省の省都・成都市の中心地にあるバス修理工場でも爆発事故が発生した。政府系のメディアによると、爆発は事務室内で起き、複数の従業員が負傷し、管理者一人が死亡したという。事故原因は不明だが、工場側は事故による可能性を否定している。
 人為的な事件の可能性もあることや、爆発が起きた場所が省政府と市政府から非常に近いことから、注目が集まった。同事件について、各ポータルサイトがすぐにトップ扱いで報道したが、同日午後、政府系以外の関連記事やネットユーザーのコメントに対して削除作業が行われていた。
 5月下旬以来、政府が報道しただけでも6件の爆発事故が発生した。ネットユーザーのコメントや書き込みサイトからの情報によると、ほかにも浙江省などで爆発事故が起きているが、報道されていないようだ。

 土地強制立ち退きによる政府への不満 江西省連続爆発事件 

 爆発事故への世論の関心や政府の緊張を引き起こしたのは、26日に中南部の江西省のある中小都市・撫州市で起きた連続爆発事件。地元政府の3つの部門で連続して起きたこの事件は人為的なもので、2人の死者、6人の負傷者を出した。事件を起こした容疑者・銭明奇(52)も死亡した。原因は、強制立ち退きなどで当局の対応に怨恨を持っていたという。
 中国内陸部のこの小さな都市で起きた事件は、中国メディアのみならず、海外各国のメディアの注目の的となった。ジャスミン革命の影響や最近の一連のストライキに、中国当局は神経を尖かせている。そして相次いで摘発されている有毒食品問題により、民衆の当局への不満はすでに我慢の限界に来ているようだ。そうした中で起きたこの当局への復讐事件は、対立感情が高まっている中国の官民関係に大きな影響を与える事件として国際的に注目される事件となったのだ。
 世界第2の経済体に躍進した中国では、そのGDPを押し上げている主要な要素の一つは、各地で行われている大規模な土地開発。そして土地収用に当たって、土地の私有権が保証されていないため使用権や保障金問題を巡って深刻なトラブルが起きており、それによって毎年数万件の群衆事件も発生している。権力者と開発者が結束して土地の使用者や居住者に強制立ち退きを求める事件もしばしば起きている。それに反発した住民が政府に対して陳情したり、焼身自殺を図るなど対立は激化する一方である。これまでのそうした住民の抗争とは違って、銭明奇は今回、暴力手段を用いて政府に復讐した。
 銭は撫州市の地元住民で、店を経営していた。インターネットをよく使っており、ミニブログ(中国のツイッター)も持っている。爆発事件を起こす前、ミニブログで自身が当局から強制立ち退きと不当な保障金差し押さえを受け、そのため、10年間も陳情し続けたことを明らかにした。
 また、ミニブログで、強制立ち退きにおける政府幹部の腐敗を長年訴えたことで昨年末に殺害されたとみられる浙江省の農村幹部・銭雲会さんのことに言及して、「銭雲会になりたくない」、「董存瑞になる」(董存瑞とは中国当局が建国の英雄として宣伝する人物。1948年5月25日、共産党軍の兵士として国民党軍と河北省隆化県での戦闘中、自分を犠牲にしてトーチカを爆破)と漏らし、自分を犠牲にして腐敗の当局と闘う決意を暗示した。
 そして5月8日のミニブログで、2年前に遼寧省瀋陽市で、無許可露店の乱暴な取り締まりのため、「城管」と呼ばれる都市管理の保安要員を殺した店主・夏俊峰の行為に賛同し、「行動こそ問題解決につながり、闘いこそ救いを迎える」という最後のメッセージを残した。
 このような「テロ」行為を取った彼に、中国の大衆メディアや、ネットユーザーらは意外にも同情を送っている。その中で、「銭明奇は新時代を開いた。歴史に彼(の偉大さ)が永遠に刻まれている」など、彼を英雄視している人も多くいる。そして一般民衆を暴力的な手段で当局に反発するようになるまで追い詰めた中国の現実に、憂慮や憤慨する声も多く見受けられる。
 そんな中、28日夜、遼寧省瀋陽市蘇家屯区公安局のある警察責任者が襲撃されて死亡した情報も、29日に伝えられている。

 当局、四面楚歌の危機

 北京市在住の人権弁護士・劉?原氏は撫州市の連続爆発事件について、ネット上で「合理的な暴力」との観点を示している。VOA中国語サイトの取材で、「彼と爆発事件で被害を受けた人たちはみな、強制立ち退きと司法の不公正の犠牲者である」とコメントした。劉氏によると、近年、焼身自殺で強制立ち退きに抗議する事件が多く見られるが、今回の爆発事件のように、住民の抗議行為は自殺から当局に対する「テロ攻撃」にまで発展した。「当局にとって極めて危険な信号だ。安定維持のために民衆の権利を奪い、圧制すればするほど、当局は四面楚歌の危機に陥ってしまう」という。
当局の四面楚歌の局面は、連続爆発事件だけに止まらない。

5月27日、江蘇省無錫市のある町で、ゴミ焼却発電所による環境汚染に反対する住民と警察との間で大規模な衝突が起きた。事件は一部の村民が負傷し、連行されて抑えられたが、住民らはこの発電工場を支持する政府に対して「最後まで戦っていく」意向を示している。

 そして、5月24日、中国内モンゴル自治区シリンホト(?林浩特 )市の庁舎前で、2000人以上のモンゴル族学生による抗議事件が起きた。これは、最近20年間で内モンゴルで起きた最大の抗議事件で、石炭採掘による環境破壊に反対していた遊牧民がトラックにはねられ死亡したことに対する抗議行動であった。


以上の文章は、日本大紀元からの転載、原文のurlはhttp://www.epochtimes.jp/jp/2011/05/html/d80213.html

深刻な環境汚染
2716666.jpg

2716667.jpg

染色剤につけられた支那饅頭
2716668.jpg

田舎の小学校
2716669.jpg

言論、思想の自由を求めるシナ人達
2716672.jpg

極悪の環境で働いているシナ人
2716673.jpg

政府による家屋の強制取り壊しに反抗し、役人に殴り殺され,さらに火をつけて焼き払われたシナ人
2716676.jpg

強制収容されたシナ人
jinken1.jpg

焼身自殺で家屋の強制取り壊しに抗議するシナ人
2716677.jpg

ゴミ焼却発電所の環境汚染に反対する住民

m60600.jpg

 以上の写真は、シナの厳しい社会現実を表した写真の一部である。最近、支那各地でデモ、暴動、爆発事件が頻発している。シナ人民が、シナ政権に抱えている不満が益々強くなっている。一部のシナ人が政府へ反抗することを始めたのは事実である。シナ共産党政権が存在する限り、今後も続くと思う。しかし、日本のマスコミはそんな事実を殆ど報じない。

 日経新聞などシナ工作員によってシナ政府に操られた日本メディアは、シナ政府系の報道機関の報道を引用し、シナの情勢は悪くないと強調し、日本企業を騙し続けている。そんなことを知りながら日本人を捨てて、シナに進出する日本企業は、まさに最低と最悪と言えるだろう。もちろん彼達の心は、シナ人の厳しい生活状況、人権状況を気にせず、目の前の利益しか見ていないのだろう。


ブログランキング参加中、応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO     new6.gif





スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

シナ共産党政権は崩壊に近づいた?

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

 シナ共産党政権は崩壊に近づいた?

 最近、シナ国内で大事件が次々と発生した。5月21日、シナの山西省盂縣で、地元住民は当地の炭鉱経営者と激突し、事態は悪化し、千人もの暴動にいたることとなった。軽重傷者が百名以上、炭鉱経営者の肩を持つ当地の公安局副局長も、衝突の際に住民に殴られて大怪我をしたという。 

 25日英BBC放送などによると、シナの内モンゴル自治区シリンホト市の市庁舎前で25日、モンゴル族の学生ら約2千人 が、石炭採掘による環境破壊に反対していた遊牧民がトラックにはねられ死亡したことに抗議しデモを行った。この遊牧民はモンゴル族で、仲間に炭鉱開発に反対するなど呼びかけていたが、11日に事故死した。殺害を疑う住民が死亡原因の究明などを求め、24日にも抗議し、数人が拘束された。

 26日午前、シナの新華社によると、江西省撫州市の政府庁舎付近の3カ所で、ほぼ同時に爆発があり、2人が死亡、6人が負傷した。また、自動車10台が破壊された。爆発の原因は調査中だが、シナの新華社が地元当局者の話として伝えたところ、市政府に不満を持った農民による犯行という。実はインターネットでこの爆発を起した人名や、その人物が犯行前にネットで発表した声明も出回っている。多くのシナ人は銭明奇という名の爆発実行者の爆発行動を肯定し、「英雄」と呼んでいる。

 一週間の間に、シナでは以上の事件が起こり、これは普通とはいえない。しかもネット世論は、大多数が官に対抗する民のほうを支持している。シナ人民が共産党政権に対しどのくらい怒り、不満を持っているのかすぐにわかる、あの売国の駐シナ大使丹羽が、今年の3月1日に自民党外交部会で言った「シナは20年も経済成長を続けており、今の生活を壊してまで政権を倒そうとする国民はいない」という話はまったくの嘘である。

 これからもシナではデモや暴動等の事件が起き続けると予想できる。日本の投資者、企業は、もうシナから撤退する準備ができたのか?マスコミやシナ工作員や売国機構の話を信じ、シナに移転しようとする日本企業は早く諦めなさい。いつシナ人が、シナ政府を倒すための大きな革命を起してもおかしくない。時間の問題だ。シナ市場に夢を持つ日本人、早くシナから逃げないと本当に危ないよ。


5月21日に山西省盂縣で発生した住民暴動
2002.jpg

2003.jpg

2004.jpg

内モンゴル自治区でモンゴル族の学生の抗議デモ
932257_im1m5gq_l.jpg

932263_vkzltj6_l.jpg

932271_tbfxl23_l.jpg

932273_pqp3qhs_l.jpg

江西省撫州市で爆発された市政府のビル
201105261219china1.jpg

爆発実行者である銭明奇は、前日の25日にインターネットで発表した「犯行予告」

QIAN.jpg


ブログランキング参加中、クリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO        new6.gif

なぜ支那共産党は反日なのか?

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

なぜ支那共産党は反日なのか?

2010101812291520.jpg

 以前このブログで、シナ人の反日の原因を分析したが、引き続き今回、現在のシナ共産党の反日の原因について語る。実はシナ共産党も一貫して反日政策を掲げているというわけではない。少なくとも、毛沢東が政権をとってから27年の間、シナ共産党はそれ程反日ではなかった。

 もちろんシナ共産党が自らの権威を確立し、シナ共産党が政権を取る合法性をアピールし、シナ国民を洗脳するために必要であった反日教育は行っていた。しかし毛時代には、国内の主敵は、資本家や地主や反革命等の階級の敵で、人民に対する反日教育も「日本軍国主義は悪い、日本国民は悪くない」というのが一般的。さらに当時のシナ政府は、現在よりもっと厳しくメディアや人々の言論を統制していた。市場経済を全面否定、禁止していたため、大多数のシナ人は、海外からの真実情報をまったく入手できなかった。うちの両親も含め、その時多くのシナ人は資本主義国家の人々は、苦しんで劣悪な環境の中で暮らしていると本気で信じていた。

 小平時代に改革開放政策を始めた後、日本の資金、技術援助が欲しいため、一時的に親日政策に転換した時期もあった。しかしその後、天安門事件が起こり、シナ政府は国民を虐殺した事実を抹消するため、シナの全ての学校で反日教育を愛国主義教育の重点とした。特に小平の死後、江沢民が全ての権力を手に入れ、さらに、幼稚園から大学まで日本人に対するヘイト教育をますますエスカレートさせていった。その教育の結果、大量な糞青が育ち、胡錦涛が政権を取ってから二回も大きな反日デモが起こった。しかもシナの経済が発展すればするほど、シナ人の反日感情も強くなると見られる。

 シナは市場経済を導入することにより、元の共産主義価値観が崩壊し,拝金主義思想が横行してきた。さらにインターネットの出現によって、一部のシナ人は、今までシナ共産党が隠している一部の歴史真相を知る事ができた。日本等の資本主義国家は厳しい状況の中で暮らしているのではなく、自由に裕福な生活をしている。

 シナ共産党がいくらGDP数字を捏造しても、いくらオリンピック、世界博覧会を開催しても、普通の国民の生活は日本人の一般人と比べられない。シナ共産党の宣伝により日本はシナに「侵略」した国、しかし現在の日本を見たら、あるシナ人は思わず、もし当時日本がシナを「侵略」成功していたとしたら、我々は日本人と同じレベルの生活になっていたと考えるかもしれない。実際に戦前日本が成功した、台湾や満州や朝鮮の統治資料をちゃんと調べたら、そんな考えを持っても全然可笑しくない。

 シナ共産党はシナ大陸を六十年余り統治しており、沢山の国民を虐殺し、深刻な腐敗、汚職があり、今でも厳しい格差社会で、沢山の社会問題、民族問題を抱えている。少数の利益階層を除く、多数のシナ人はシナ政府に強い不満を持っている。いくらシナ経済の成功を唱えても、シナ国民にとってシナ共産党は悪い統治者であることはまちがいない。毎年各地で沢山の暴動があり、止まらない海外移住の動きは誰も否定できない事実である。ただし、シナ共産党は強大な軍事力を持ち、インターネットやあらゆるメディアをコントロールしているため、一般人の声が国際社会になかなか届きにくい。

 戦後、何もない瓦礫の中から世界の先進国家になっている日本の成功は、逆に大東亜戦争が本当にアジア人民を解放するための戦争であったことを見事に証明したのではないか。それはシナ共産党にとって絶対に許せないことである。だからシナ共産党はいつも国民に対し、捏造した日本軍の虐殺、残酷な話をでっち上げて洗脳している。特にこの半年、中東革命の影響で、シナの民主活動家もジャスミン革命を十数回以上計画しているが、結局、今まで百十人が当局により連行、逮捕された。ついに最近、胡錦涛政権は南京大虐殺だけではなく、百年前の日清戦争の旅順事件や1928年の済南事件も取り上げて反日宣伝を繰り返している。

 日本がシナの属国にならない限り、シナ共産党は反日を放棄することがないだろう。それでもシナ共産党政権との「友好」を希望している馬鹿な日本人は本当に救えない。


シナ共産党との友好はありえないと思う方は応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO        豚の怒った顔


シナ共産党を倒す日は必ず来る

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

シナ共産党を倒す日は必ず来る


20110302k0000m010023000p_size5.jpg

     丹羽宇一郎  

 3月1日の新聞ニュースによると、丹羽宇一郎駐シナ大使は1日の自民党外交部会で、中東の民主化革命がシナに及ぼす影響について「シナは20年も10%以上の経済成長を続けており、今の生活を壊してまで政権を倒そうという情熱は国民にはない。『ジャスミン革命』がシナに起きる可能性は一般的にないと思っている」と語ったという。

 丹羽宇一郎大使のその話を聞いたら、正直言って呆れただけではなく、怒りを覚えている。元々その丹羽宇一郎にかなり悪いイメージを持っていたが、今はなおさら嫌いになった。およそ一ヶ月前にその人は何度も対シナ関係改善を求め、外務省に対シナODAの強化要請をしたという。伊藤忠出身の丹羽宇一郎は、今までに数多くの売国発言をし、南京、重慶にも謝罪訪問。自社である伊藤忠は、支那共産党高級幹部および家族に賄賂を払って、シナ利権を手に入れている最悪の売国商社であるそうだ。それにしても、今回、シナのジャスミン革命とシナ経済に関する発言は、まさに「売国奴」レベルを超えシナ共産党の工作員と並んだと思う。

 特権階層、一部の少数人を除き、シナの経済成長は一般の国民が恵みを得ていない状態。一般のシナ人の生活は、むしろ以前よりさらに厳しくなったと言えるかもしれない。私のサラリーマンのシナ人友人は一人っ子であるため、2000年代までかなりゆとりのある生活を過ごしていた。しかし、2001年に結婚し、子供が出来た後、生活は厳しくなった。住宅価格が高騰する一方、給料はなかなか上がらず、一家三人は両親と一緒に暮らす余裕がなかった。夫婦二人の給料で、ぎりぎり普通の生活ができるが、子供或は両親が病気になったら、とても大変だという。現在そのような生活状態が十年ほど続いているという。彼の生活はまさに現在代表的な一般のシナ人市民の生活である。

 もし、本当に丹羽宇一郎大使が言った通りシナの経済成長を沢山のシナ人が受益していて、今の生活を壊してまで政権を倒そうという情熱のシナ国民がいなかったら、なぜシナ共産党当局は、人権、民主活動家、外国人記者を次々に拘束し、ネットでのデモ呼びかけの言論封殺、不同意見者の外出制限等を行い各地でデモの厳重警戒の姿勢を取っているのか?いくら言ってもおかしいでだろう。大勢の国民は今の生活に満足しているなら、現政権を倒すつもりがなかったら、当局はそれほどの心配は要らないはずだ。

 シナ方面からの内部消息によると、現在シナの軍隊と武装警察部隊の将兵は、休暇を取ることができない一級軍備の状態となっているという。因みにシナ当局は『ジャスミン革命』に対して、戦争準備レベルの姿勢で対応している。

シナ共産党政権以外、誰がシナ国民の現政権を倒す運動を怖がっているのか。答えは独裁政権に献金し、シナ利権を手に入れた外国企業。特にシナでもっとも投資していた日本企業。シナ民主革命が起きると、現在シナに投入した一切をすべて失ってしまうだろう。

 丹羽宇一郎の「革命」がシナに起きる可能性がない発言は表面から見ると、彼自身の見方を日本の政治家に伝えているだけだが、私の推測ではその話の裏にシナ当局の意思を含ませているのではないかと思う。シナに投資している日本企業が、シナ人の民主革命による自社の損失を防ぐため、シナから撤退したら、経済崩壊、深刻なインフレ、大量な失業者が発生し、シナ共産党政権はすぐに崩壊してしまうに違いない。だからシナ当局は、あちこちで火を消そうとしている。

 「空中楼閣」であるシナの経済成長数字は、まさにシナ当局が世界中の「死の商人」を騙し続ける道具である。いくら自称GDP世界第二や、経済成長毎年10%以上と言っても、国民の平均年収は独裁政府を倒す革命を起したチュニジアとリビアにまだまだ及ばない。さらにチュニジアとリビアより深刻な人権侵害の実態は60数年続いている。そんな残虐、非道な政権に崩壊する理由がないのか?それでも悪魔に魂を売り渡した丹羽宇一郎のような人々は、この政権の崩壊を望まないのか?

 良識を持つ日本中の企業家は、絶対に丹羽のようなシナ共産党の代言者に騙されてはいけない。シナの革命は必ず来る。外国企業が早く撤退すれば、その日は早く来るだろう。撤退しないと最終的に大きな損をするのは日本企業自身。経済界の人々、早くシナ人に自由、民主、人権がある生活を渡しなさい。




シナ共産党の肩を持つ「死の商人」を許さない方はクリックよろしくお願いします

戦争論2FC2 BLOG LOGO      new6.gif



テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

シナ特有の標語文化(二)

当ブログの主旨に賛同する方はクリックお願いします。
豚のダンス 

シナ特有の標語文化(二)

 シナの広い農村部で一番よく見られる「計画生育」政策(一人っ子政策)を宣伝する標語。シナの所謂改革開放政策が始まった1979年から開始された「計画生育」政策、原則として、都市部は夫婦で子供一人だけ許可するというものだが、農村部で条件つき二人目の出産も許可しているようだ。それにしても「計画生育」政策は特に農村部で激しい抵抗にあった。いくらその政策を宣伝しても、伝統の観念によってひそかに子供を産む農村の人もいる。

 地方政府は農民の「計画生育」政策を履行するために、違反した場合の厳しい罰則を設けている。計画外の出産に対して、強制的に堕胎、中絶手術を受けることを迫り、さらに結紮(けっさつ)を強要こともよくある:男性は輸精管結紮術、女性は卵管結紮術、妊娠をしないように手術を受けさせる。一部の「計画生育」に関する恐ろしい標語は、まさに生育政策を違反したら、恐怖な結果を強調するための恐喝脅迫文とも言える



「生育許可証明があれば妊娠を認める、生育許可証明があれば出産を認可する」
20101104070130459.jpg

「一人が計画外の妊娠したら、全村の女性に輸卵管結紮術を受けさせる」
20101104070131809.jpg

「中絶すべき人が中絶しないと、住宅を取り壊し、農地と家畜を没収せよ」
20101104070131130.jpg

元々この標語の意味は、例え血が流れ川になっても、違法出産の子は一人も駄目」この標語に不満、或はいたずらの目的で、誰かがこの標語を塗りかえた。
20101104070129643.jpg

「中絶せよ、堕胎せよ!流産せよ!産んではいけない!」
huangyh070855.jpg

 「こっそり隠れて子供を産む行為を撲滅しなければならない!」
2010110407013068.jpg

 「計画生育大革命は、平和な生活をもたらさない」
20101104070131202.jpg

「子宮内避妊器具の装着、結紮術、違法出産の罰金を拒否したら、家を取り壊す」
12617443715.jpg

 「計画外出産、非法出産の家は破産させろ!」
12617443717.jpg

「要求通りに避妊手術をしない人、非法出産の罰金を拒否する人に対し、断固として家財の差押さえ、断水、停電、逮捕を行う」
12617443718.jpg

 「男が生まれたらもう産まない。女が生まれたら4年後まで待つ」
7G62HG449EBKI1A6HI.jpg

 「男と女は同じ。女はより親孝行をする」
07180240171.jpg

 「男の子、女の子共に宝物。どちらでも親孝行できる」
20090713012752362.jpg

 「貧困の山の村が豊かになるには、子供は少なく、木をたくさん植える」
shaoshen1.jpg

 「子供が少なければ、豊かになれる。多いと貧乏になる」
shaoshen2.jpg

 「晩婚晩育、少なく優秀な子を生む」
113188_0181_1186705847406.jpg

 「衛生にすれば、百歳まで生きられる。ごみを捨てると子孫が絶えてしまう」

200703191412029t.jpg

以上の写真を見たら、恐ろしいと思う方は応援のクリックよろしくお願いします。

戦争論2FC2 BLOG LOGO         豚の怒った顔




テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

支那豚の楽園

Author:支那豚の楽園
洗脳されてなかった一匹の支那豚、かつて支那共産主義青年団に加入した経歴があるけれど、今は立派な反共戦士。私の主張は支那人およびアジア人は日本人から頂いた様々な恩恵に感謝しなければならない。
真実はここへ

当ブログは、世界中の政党、政治団体、宗教団体、国家機関等とはまったく関係がない、ご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
おすすめの本
やまと新聞

支那豚の楽園のtwitter
pigzhinaをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
MADE IN JAPAN 商品紹介
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。