支那豚の楽園


コメント

前ページ | 次ページ

[日本の行方]
ここ五年(その後も厳しいのはもちろんですが^^;)は間違いなく日本にとって崖っぷちの戦いが強いられるでしょう
9/24の支那漁船事件をきっかけに静かに幕を開けた
内部の在日左翼勢力と外部の支那朝鮮に板挟み状態の中で…

頑張れ日本や行動勢力は抗議やデモを今まで以上に展開する必要がありますがそれだけでは到底この先の国難には打ち勝てない

憲法改正にしても真正保守政党誕生にしても国民を叩き起こさなければ不可能なのが現実
実現させるためにはやはりマスメディアを奪い返す事が一番重要との結論に至ります 民放のどれか一つでもいい…
全国の保守派で団結して株を買い占めるくらいのことができればなぁ…
11/02 01:48 By: URL
[左翼は偽善]
支那豚さんこんばんは、わたしも子供の頃から左翼思想に漬けられて大きくなってきました、日本人であることに自信を持てなかった青年期を振り返ると悔しくてたまらない、民主党政権になってこの国の実態が見えてきてほんとうに気味が悪いです、まあこそこそ偽装しなくなっただけでしょうが。
日本は民主主義ではないですよ、お上の支配する国です、しかし真に民主主義の国ってあるんでしょうか?
11/02 01:44 By:karzu URL
[No title]
GHQの占領統治政策(これを「占領民主主義」という)が、表向きは「独立主権国家」と偽装されて、未だに続けられているのが「戦後日本」という名の「アメリカ自治領」日本列島!

ところが、多くの愚か者たちは自分達が「自治領民」とはいまだに気付かず、「独立主権国家の国民」と思い込んでいる。
そのくせ、独立国家としての国民意識は皆無、他国に依存する事大主義根性に染まりきり、ワシントンに見放されそうな不安から今度は北京に擦り寄った「傀儡政権」(自民党)を支持し続けてきた。

あげくの果てには、反日左翼が利権保守を牛耳る「民主党」なる連中の正体を見抜けず、この連中に政権を渡してしまい、次々とその正体が暴露されてきたにも関わらず、いまだに多くの愚民がこの政権を支持している、という有様。

元々、日本の「反日左翼」というのは、占領軍(GHQ)から占領政策のための傀儡として権力を与えられた連中で、以来、この連中が裏から「戦後日本」という「アメリカ自治領」を牛耳るようになった、という仕組み!

「戦後民主主義」とは、占領軍に供与/強制された「占領体制下の恩恵民主主義」にすぎず、そこには「独立主権国家としての国民には責任・義務があり、それに応じて権利がある」という民主政治の根本発想は皆無。
よって責任・義務意識は不在で、恩恵としての権利ばかりを要求し、国家意識はなく、依存根性で無責任、という愚民社会がはびこっている、という次第。

これが「似非民主主義」なのは当然で、この事大主義根性と愚民体質につけ込んで、まんまと「中共式独裁体制」に持って行こうと企んで着々と実行しているのが「反日左翼」、という構図、でしょう?

日本の「表向きだけの民主主義」に(始めはその実態を知らずに!)あこがれて日本に住むことになった外国人が、やがてその正体に気付いてしまえば失望するのは当然の事、なのです!

11/02 01:42 By:松本英志 URL
[感想]
自民党の愚か者がまいた売国の種を 民主党が一気に開花させた
のが現在の憂慮すべき日本ではないでしょうか。
本当に日本人は劣化が進みました。子供手当、高速道路無料化などのばらまきに飛びつく卑しい乞食根性の愚民が、民主党に政権を
取らせたのです。日本人は世界で最も自国の歴史(なにが真実か)を知りませんし、知ろうともしない者が多い。使命感(真実を公正迅速に伝える)の欠落したマスコミに操られ、問題意識がなく、子供の教科書も偽の自虐史観に満ち溢れています。
全身に毒が廻っているのにいまだに、管内閣支持率40%とは信じられない思いです。
11/02 01:16 By:平凡な愛国者 URL
[管理人のみ閲覧できます]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
11/02 01:11 By:
前ページ | 次ページ

コメントを書く
本文へ戻る
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン 友達に教える


Powered By FC2ブログ